GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
集合住宅(賃貸住宅) [Y`s house 禅昌寺12]
事業主体名
大和船舶土地株式会社
分類
住宅・住空間
受賞企業
大和船舶土地株式会社 (兵庫県)
有限会社ランドサット (大阪府)
神戸芸術工科大学 プロジェクトチーム (兵庫県)
受賞番号
16G100840
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

神戸市須磨区禅昌寺町地区は神戸市郊外の閑静な住宅地である。本計画は専有面積約50㎡の家族向け賃貸住宅4住戸の新築計画である。各住戸を分節化・分棟化することで、街並に呼応したファサードを構成している。また容積率一杯の計画とせずに、住戸間に充分なオープンスペースをとることで、適度な植栽、駐車場の確保、地域住人が通り抜けられる路地空間を、グランドレベルに設けている。2階レベルでは、各住戸間に共有のデッキテラスを設けている。共有テラスをどのように使うかは、住人同士の意思に委ねられ、それを話し合うことを隣人間のコミュニティーのきっかけにしてほしいという、近隣に居住するオーナーの願いが込められている。

プロデューサー

大和船舶土地 代表取締役 鈴木祐一

ディレクター

神戸芸術工科大学プロジェクトチーム(川北健雄、花田佳明)+有限会社ランドサット 代表取締役 安田利宏

デザイナー

有限会社ランドサット 代表取締役 安田利宏

有限会社ランドサット 代表取締役 安田利宏

詳細情報

http://www.daiwasenpaku.co.jp/

利用開始
2016年4月1日
販売地域

日本国内向け

設置場所

兵庫県神戸市須磨区禅昌寺町

仕様

木造地上2階建 専有面積 TYPE.1:56.4m², TYPE.2:49.6m², TYPE.3:51.9m², TYPE.4:54.3m²

受賞対象の詳細

背景

神戸市須磨区禅昌寺町地区は神戸市の中でも特に高齢化が進んでいる地域である。計画地には長期間空家であった築50年ほどの木造アパートが建っていた。阪神淡路大震災のダメージで長期間使用が困難であったアパートの建替によって賃貸住宅の更新を行い、若い世代の入居を即すとともに、地域に貢献できる賃貸住宅を計画することとなった。

デザインコンセプト

路地空間で地域とつながり、2階の共有テラスで住戸がつながる、2つのつながりを持つ賃貸住宅。

企画・開発の意義

民間事業の賃貸住宅の多くは、容積を満たそうとする経済性を優先して計画され、外部空間や地域に対する提案はほとんど見られない。本計画では、容積・建蔽の最大利用を目指すのではなく、外部空間の広がりとゆとりを生み出し、路地空間や2階レベルの共有テラスという仕掛けを組み入れた、住人と地域コミュニティーの形成に寄与できる、新しい時代の賃貸住宅を提案している。

創意工夫

駐車場、植栽スペースを確保しながら、地域住人による通り抜けが可能な通路を確保するために、住棟の配置計画を考えた。2階のテラスは、2階床レベルから下げて地面と近づけることで、街に対するつながりを意識している。住戸のLDKはすべて2階に配置し、共有のデッキテラスが住人同士のセミパブリックなスペースとなるように計画している。周辺住居の外観の仕上や色彩などを参考に、外壁は2種類のガルバニウム鋼板と杉板張とし、地域にとけ込むデザインとした。外壁の出窓は、外観のアクセントになると同時に、夜間は街に対する行灯として、街の安全に寄与している。インテリアにおいては、高度地区による北側斜線から生み出される形状を利用して、ロフトスペースを作り上げるなど、居住性を最大限まで高める工夫を行った。

デザイナーの想い

本提案は「高齢化が進む地方都市の郊外における古い住宅地の再生」という広い視野を持って時間をかけて取り組んでいるプロジェクトの一つである。インテリアに重点を置いて語られることの多い居住性を、外部や地域への広がりにおいて捉えなおした。時間をかけた小さな開発の積み重ねにより、地域の持つ細やかな要望に丁寧に応えていきたいと考えている。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

大和船舶土地株式会社
大和船舶土地株式会社
有限会社ランドサット

審査委員の評価

本来であれば、なくてもいいかもしれない「共有のデッキテラス」だが、住まい手に委ね、新たな共同のスタイルを模索する挑戦的な姿勢が素晴らしい。

担当審査委員| 手塚 由比   石川 初   長坂 常   日野 雅司   松村 秀一   Gary Chang  

ページトップへ