GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン特別賞[未来づくり]

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
バルーン型マルチコプター [バルーンカム]
事業主体名
パナソニック株式会社
分類
一般・公共向けの先端的デザイン
受賞企業
パナソニック株式会社 (大阪府)
受賞番号
16G090763
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

本機は”バルーン”と”ドローン”の利点を組合わせた、全く新しい飛行体であり、空撮やイベント演出においてかつてないユーザ体験を提供する。バルーンの中にプロペラを配置する新構成、ヘリウムの浮力を活かした長時間飛行、飛行時/落下時の安全性向上などにより、観客の真上などドローンを飛ばせられない環境でも使用出来る。また、高画質カメラや映像伝送技術、プロジェクタ、LED照明といった当社の先端技術をバルーンボディと組合わせることで、イベント会場のサイネージと連動して本体を発光させたり、観客の盛り上がる表情を間近で空撮し大型ビジョンに投影するなど、スタジアムやコンサートでのイベント演出の可能性を拡大する。

プロデューサー

パナソニック株式会社 AVCネットワークス社 デザインセンター 阿部 哲治

ディレクター

パナソニック株式会社 AVCネットワークス社 デザインセンター 宮澤 卓行

デザイナー

パナソニック株式会社 AVCネットワークス社 デザインセンター 松本 宏之

展示会デモ
2016年6月29日
販売地域

国内・海外共通仕様

仕様

○外形寸法:直径 約3m × 高さ 約1.5m ○質量:2kg(ヘリウム・総機材込み)

受賞対象の詳細

背景

新たな空撮や演出用のツールとしてドローンの使用が急激に拡大している。ただし、落下時に人や物を傷つける危険性や飛行可能時間の短さ、無機質で威圧的な外観、といった課題のため、利用シーンが限定されており、イベント演出を手掛けるクリエイターからは、ドローンの課題を解消し、これまで実現できなかった空撮やイベント演出を実現できるツールが強く要望されている。

デザインコンセプト

ドローンの機能をバルーンボディで包んだ、安心安全・インタラクティブな「全身エンタメ」演出ツール

企画・開発の意義

ドローンの課題を解決した新たな飛行体を提供することで、クリエイターの創造力を刺激し、スタジアムやイベントでの空間演出の可能性を拡げることを狙った。また、様々な機材やサービスと連動し、観客と双方向に楽しみ盛り上げる演出ツール・プラットフォームとして、2020年東京五輪を頂点とする各種イベントに貢献、スタジアムやイベント運営会社に対しては観客を盛り上げることでの集客率UPに貢献することを目指した。

創意工夫

円盤状のバルーンの中に4つのプロペラを配置した独創的な形状により、飛行体の機動性・安定性・安全性と、演出ツールとしての創造性・インタラクティブ性・デザイン性を両立。搭載する撮影/演出機材に応じてバルーンの外形サイズを調整することで、ドローンでは実現できない長時間飛行(直径3m・ペイロード1kgで最長約1時間の飛行を確認)が可能。また、プロペラの周囲をバルーン生地で覆い隠すことで安全面を飛躍的に向上させ、飛行中でも観客に近づき触ってもらえる、といった新しいエンターテイメントを提案。丸みを帯びた楕円形状、プロペラ周囲の滑らかな吸気孔形状は、飛行中の空気抵抗軽減とプロペラ周囲の気流の整流効果を生み出す機能的な形状であると共に、視覚的な柔らかさや親しみやすさにも繋がる。演出効果としてバルーン生地をスクリーンとして活用、本体内部に搭載したLED照明や内蔵プロジェクタによる映像投影が可能。

デザイナーの想い

既存ドローンに対し「もっとフレンドリーでワクワクする存在、落ちても安全、観客と一体で楽しめるエンタメ性」といった直感キーワードを頼りに、実動プロトによる試行錯誤を重ねてきました。ドローン=危険で長く飛べない、ということが大前提のイベント業界のプロにも「こうゆう手があったか!」と驚かれます。日本発の”全く新しい空撮カテゴリー創出”と、多彩なイベント演出の可能性拡大に貢献できればと願います。

審査委員の評価

ドローンは人の近くにやってくると危険も伴うが、丸くて大きなバルーン飛行体という新しい発想で安全に人に近づき、周囲の誰もが笑顔になるデザインを実現している。デザイナーが主体となり周囲を巻き込み、開発を進めるという企業では難しいボトムアップのプロセスにより、人が笑顔になる感性価値を含めて開発し、「デザインの持つ役割」が機能や見た目のかっこよさだけでなく、心にもフォーカスしているところが素晴らしい。

担当審査委員| 安次富 隆   玉井 美由紀   寺田 尚樹   村上 存   Jung-Ya Hsieh  

ページトップへ