GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
アーム式フラットドアシステム [モノフラット リンクスヒンジ LIN-X1000型]
事業主体名
スガツネ工業株式会社
分類
住宅設備
受賞企業
スガツネ工業株式会社 (東京都)
受賞番号
16G060483
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

幅1100×高さ2980mm重さ90kgもある大型扉を軽い力で横に平行移動し大開口できるヒンジ。扉を開く時の軌跡が開き戸に比べ小さく扉前面が狭くても使用可能。引戸の様なレールが無く扉を閉じた時は扉と壁面がフラットに。折戸と違い扉は1枚でフラットなまま全開口する。扉閉時はキャッチ&ソフトクローズして静かで安全。施工時の扉調整は左右、上下、平行、前後の4方向で可能。従来品で天板に付いていた金具が無くデザインと施工性が高い。上下ヒンジを連動させるバーは吊元配置でガラス扉でも目立たない。社内基準10万回耐久試験合格で長年ご愛用頂ける。

プロデューサー

スガツネ工業株式会社

ディレクター

スガツネ工業株式会社 開発部 入江隆之

デザイナー

スガツネ工業株式会社 開発部 星久木拓行

詳細情報

http://www.sugatsune.co.jp/products/lp/g-mark.html

発売予定
2016年10月
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

規格外の大型扉を大開口。扉と壁面をフラットに、狭い場所も使用可能。デザインと使い易さを備えたヒンジ

背景

弊社アーム式フラットドアシステムは270mm~850mm、最大35kgまでの取り扱いがあったが、日本でのウォークインクローゼットの広まりや海外の大きな住宅、商業施設では間口広さが足りず、車椅子も通れるワイドフラットドアの要望が数多く寄せられた。市場から得られた従来品の欠点を解決した大型フラットドアシステムを開発し、幅広く商品をラインナップする事で暮らしを豊かにできると考え開発をスタートした。

デザイナーの想い

私たちの住まいのデザインは日々変化しているがドアの開閉システムは開戸、引戸、折戸以外は稀で、変化に乏しい。大扉をフラットなまま大開口、高強度1本アーム、キャッチ&ソフトクローズ、高い施工性、場所を選ばなず多用途等、従来品の欠点を克服し更に様々な新機能を搭載した本製品は、今はニッチプロダクトだとしても次世代のスタンダードモデルになりうる製品と考える。そうなる様、今後もその魅力を発信し続けていきたい。

企画・開発の意義

壁面と段差のない扉がフラットなまま大開口しソフトクローズする機能は、住まいの使いやすさとデザイン性を大きく向上。天板金具の無い構造と4方向の多様な調節は従来に比べ施工時間を1/3~1/5に短縮させた。ダンパーはあおりによる衝撃を吸収し静かで安全な生活を提供、住まいへの負担も減らす。ガラス扉やアルミフレーム取付も想定し設計されており公共施設や商業施設や工作現場等あらゆる場所と用途で活躍が期待できる。

創意工夫

従来品は扉アームと天板金具が別体にも関わらず扉の開閉時には連動して動く為、2部品が少しでもずれて施工されると扉が開閉しない。扉開時には天板金具が露出し外観も悪い。本品はタイミングベルトを採用し従来品の天板金具を排除、1本アームにして施工の大きな問題を解決した。開時にはそのアームが扉の背面にしっかり隠れる。ベルトの緩みは独自のテンショナーを開発(特許出願中)。各部品のバラつきでベルトの緩みが出ても簡単に適正張力を調整できる。使用中の緩みも無く高品質。アームの根元に梁となる大きなRを設ける事で高い剛性を得た。90kgという高荷重を1本のアームだけで支える事が出来る為、支柱となる連動バーをアーム先端ではなく吊元に配置、背面が見えてしまうガラス扉でも使用が可能。

仕様

製品構成は扉を動かすアーム2本とそれを連結する連動バー1本と座金カバー。最大対応扉W1100mm×H2980mm 90kg・扉厚24~40mm。4方向調節範囲 左右調整±7mm、上下調整±7mm、平行調整±3°、前後調節±5mm。扉閉まり際でキャッチが働き自閉。ダンパー内蔵で静かにソフトクローズ。外観は白色塗装仕上げ。ダンパーは5段階調整可能。40mm×160mmのアルミフレームへの取付も可能。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

スガツネ工業株式会社 ショールーム
スガツネ工業株式会社 グッドデザイン賞 受賞製品

審査委員の評価

幅1100×高さ2980mm、重さ90kgもある大型扉を軽い力で横に平行移動し大開口できるヒンジ。扉を開く時の軌跡が開き戸に比べ小さく扉前面が狭くても使用できることや、引戸のようなレールが無く扉を閉じた時は扉と壁面がフラットになる点などが優れている。ガラス扉での使用も可能である点も汎用性が高くてよい。

担当審査委員| 長町 志穂   鈴野 浩一   藤森 泰司   山本 秀夫   Eggarat Wongcharit  

ページトップへ