GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
置き畳 [セキスイ MIGUSA フロア畳 "禅" コレクション]
事業主体名
積水成型工業株式会社
分類
店舗内装設計・インテリア・公共空間
受賞企業
積水成型工業株式会社 (大阪府)
受賞番号
16G060474
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

自然の移ろい、生と死のサイクルまでも文化として昇華する和の美学。この日本人独自の美意識「侘び、寂び」を取り入れて生まれた、セキスイ「MIGUSAフロア畳"禅"コレクション」は、フローリングやタイルなど現代のインテリア空間との調和を目指した置き畳。 畳表を「平織」で織り上げ、赤の経糸で意匠を施すことで、外からの光を受けさまざまに表情を変化させるシックで飽きのこない畳に仕上げています。

プロデューサー

積水成型工業株式会社 代表取締役社長 矢野 英伸

ディレクター

積水成型工業株式会社 取締役 延伸事業部長 青木 茂樹

デザイナー

積水成型工業株式会社 延伸事業部 吉田 昌史

詳細情報

http://www.sekisuimigusa.jp/

発売
2016年1月
価格

15,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

仕様

寸法:830mm×830mm×16mm 重量:4.7kg

受賞対象の詳細

背景

日本の住宅から和室が急速に姿を消し、日本の畳文化は危機的状況にあります。畳は、集う・くつろぐなどの癒しに加え、茶の間や寝室などに変化する多様性を持つ、日本人が生み出した「和の感性」の象徴です。い草の弱点を解消し、現代の空間と調和する「モダンデザインの置き畳」を開発することにより、日本の伝統文化の再発見と再認識を促すと共に、日本国内だけではなく、広く海外市場に受け入れられることを目指しています。

デザインコンセプト

現代のインテリアとの調和を目指した、日本の美意識や感性を表現する畳。

企画・開発の意義

禅は、日本人はもちろん海外の人々にとっても集中力を高める有用な手段であると認識されています。「MIGUSAフロア畳"禅"コレクション」は、現代社会で忙しい時間を過ごす人の緊張を解きほぐし、自らを取り戻すことができる落ち着いた空間を提供します。古来の伝統的な製法や織柄にこだわりながらも、畳の付加価値を高めることにより、畳の発展的継承を目指しています。

創意工夫

禅はその時の人の心境や環境などの様々な要因で一つの事実の捉え方が多様に変化することを教えてくれるもの。常にストレスにさらされる現代人の緊張を解きほぐし、自らを取り戻すことができる落ち着いた空間となるよう、シンプルでかつシックなイメージを目指し、日本古来の伝統製法にこだわりながらも、現代空間へ調和する新しい畳の意匠化を試みました。畳表を織る方法は、平行に張られた経糸に対し、稈を交互に交差させながら挟み込んでいきます。通常の織り方では経糸は見えないが、あえて経糸が見える、ござなどで使用される「平織」を採用し、この経糸に特徴的な色を使用して見る角度や光により全く違う表情を見せるよう工夫した。一定間隔で見える経糸が単色の畳にアクセントを創りだし、飽きの来ない豊かな表情を魅せることにつながった。 自らの見る角度によって全く結果が変わるという、まさしく「禅」の象徴ともいうべき製品として仕上げた。

デザイナーの想い

日本古来の伝統製法とこれまでに積み上げてきた成型技術を融合し、現代空間へ調和する畳の新しい意匠に挑戦しました。日本人独自の美意識「侘び、寂び」や「禅の心」をシンプルなデザインで表現することにより、日本の伝統文化の再発見と再認識が促されることを目指しています。この取り組みが、日本独自の文化である「畳」の発展と継承の一助になれば幸いです。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

積水成型工業株式会社 大阪ショールーム/東京ショールーム
積水成型工業株式会社 大阪ショールーム
積水成型工業株式会社 大阪ショールーム

審査委員の評価

防汚性と耐久性に優れた樹脂糸を用いた置き畳である。通常の畳表とは異なる平織りを採用し、経糸に特徴的な色を使用、角度や光によって異なる表情を見せる。歩行や座り立ちなどの視点の移動で見え方が変化するため、空間に彩りを与える。住宅だけでなく商業空間への利用も考えられるため、今後長尺やタイルカーペットなどへの展開も期待したい。

担当審査委員| 長町 志穂   鈴野 浩一   藤森 泰司   山本 秀夫   Eggarat Wongcharit  

ページトップへ