GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン金賞

受賞対象名
レンズ交換式デジタルカメラ [sd Quattro System]
事業主体名
株式会社シグマ
分類
情報家電/公共用情報機器
受賞企業
株式会社シグマ (神奈川県)
受賞番号
16G050376
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

フィルムライクな層構造ですべての光情報をそのまま取り込める世界唯一のセンサー、Foveonを搭載。垂直色分離方式センサーが生み出す圧倒的に豊かな色の階調は、目で見る質感と同質の表現力を持ち、破綻なく色再現する事が可能である。この「Foveon画質」を中核として、シグマの豊富な高性能レンズラインと、フラッシュやバッテリーグリップなど純正設計されたアクセサリーと共に、撮影システムを構築する唯一無二のカメラがsd Quattroシリーズである。 3900万画素相当APS-Cサイズのsd Quattroと5100万画素相当APS-Hサイズのsd Quattro Hの2モデルをラインアップ。

プロデューサー

株式会社シグマ 代表取締役社長 山木和人

ディレクター

イワサキデザインスタジオ 岩崎一郎

デザイナー

イワサキデザインスタジオ 岩崎一郎

詳細情報

http://www.sigma-global.com/jp/cameras/sd-series/

発売
2016年7月7日
販売地域

国内・海外共通仕様

仕様

sd Quattro : 約147mm (幅) × 95.1mm (高さ) × 90.8mm (奥行) 約625g (電池、カード除く) sd Quattro H : 約147mm (幅) × 95.1mm (高さ) × 90.8mm (奥行) 重さ未定

受賞対象の詳細

背景

2014年シグマは新開発である「Foveon X3 Quattroセンサー」を搭載したコンパクトデジタルカメラdp Quattroシリーズを発表した。「そのとき感じた温度や湿度、匂いまでも再現できる」と評される独特な像質はそのままに、シグマが持つ豊富かつ高品質なレンズラインを束ねる要として、一眼レフカメラシリーズであるsdシリーズ初となるミラーレス一眼カメラの開発に着手した。

デザインコンセプト

「Foveon X3 Quattroセンサー」を基軸とした、新しいレンズ交換式カメラシステムの構築。

企画・開発の意義

sd Quattroは圧倒的な解像感、豊かな階調や色、確かな実体感をもつFoveonセンサーを中核とした「システム」の構築を実現する唯一無二のカメラである。撮り手の表現欲求を最大限に尊重するレンズ交換式カメラとして、シグマの新しい高性能レンズラインを束ねる要であり、写真表現の自由と精度を高める可能性をひらく「アーティストのためのカメラ」を目指した。

創意工夫

”「最高の一枚」を追求できる本質性能を問い続ける”というシグマの製品開発における基本思想のもと、撮り手の表現欲求を最大限に尊重できるレンズ交換式カメラとなるよう、従来の一眼レフカメラの撮影作法を守りつつ、撮る喜びの向上を目指し各要素の最適化を追求している。 例えばどんな大きさの手にもフィットし、レンズとボディを両手でしっかりとホールドできるグリップ形状や、覗いた際ボディと顔の適切なクリアランスが取れ、撮影に没頭することができる電子ビューファインダーなど。また、縦位置での快適なホールド感と共に長時間の撮影をアシストするパワーグリップ、撮影シーンの選択を広げる大光量フラッシュにおいても、同軸のコンセプトを持つことでシステムとしての完成度を高めた。 設計者とデザイナーが相互に提案・改善を行う中で導き出した最適解を積み重ねることで、sd Quattroを特徴づけるフォルムが完成した。

デザイナーの想い

新世代FOVEONセンサーを搭載したレンズ交換式ミラーレス一眼デジタルカメラの再定義。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

国内主要カメラ量販店及び、海外約80カ国の販売店にて展開。
SIGMA Online Shop

審査委員の評価

カメラらしいクラシカルなデザインが主流となっているデジタルカメラの世界において、独自のFoveonセンサとデジタルカメラのデザインを根本から問い直し再定義した斬新なスタイルで新基軸を打ち出し高い評価を得ているSIGMA。本製品も「カメラらしい」ではなく「SIGMAらしい」と感じさせるオリジナリティを継承しつつ、レンズやアクセサリーなどとともに、同社の撮影システムの中核をなすカメラとして、細部にわたる完成度の高さが評価された。

担当審査委員| 林 信行   緒方 壽人   岡本 誠   宮崎 光弘   Do-sung Chung  

ページトップへ