GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
ワイヤレス対話支援システム [コミューン シリーズ]
事業主体名
ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社
分類
衛生・美容・健康用品/家庭用医療器具
受賞企業
ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社 (東京都)
受賞番号
16G020091
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

高齢者の多くに高い音域の声が聞きづらくなる難聴が生じることは広く知られていますが、個人差も大きいと言われています。難聴者と健聴者とのコミュニケーションは両者にとって負荷がかかってしまいます。comuoon seriesで初となるワイヤレスタイプ「comuoon connect」が登場。 高音質ワイヤレストランスミッターにより10m離れている距離でも高感度のマイクを通して、話者側の音声を聞き取りやすい周波数帯域にアンプで調整し、音の指向性が高い特殊なスピーカーを通して聞き易い音を作り出し、学校での授業や老人ホームなどでのレクリエーション時に円滑なコミュニケーションを実現します。

プロデューサー

ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社 代表取締役 中石真一路

ディレクター

株式会社日本ディックス 技術ユニット 設計課 シニアマネージャー 菊池英司

デザイナー

KUMAdesign 熊澤孝之

KUMAdesign 熊澤孝之

詳細情報

http://u-s-d.co.jp/products/comuoonconnect.shtml

発売
2015年9月6日
価格

210,600 ~ 255,960円

販売地域

日本国内向け

設置場所

東京都立大塚病院 東京都立立川ろう学校 東京都立大塚ろう学校 鹿児島厚生連病院 岸和田市立大宮小学校

仕様

【利用時】寸法/H:152mm W:138mm D:133mm 【収納時】寸法/H:155mm W:95mm D:95mm 重量:425g 内容積:0.35L 再生周波数帯域:20Hz〜22,000Hz 周波数特性:80Hz〜20,000Hz 無線部遅延時間 100ms 以下 伝送方式 非圧縮ロスレス 48kHz

受賞対象の詳細

背景

2013年12月にcomuoonの登場から1年が経過し利用者の要望として多い機能が「ワイヤレスマイク」タイプのcomuoonでした。学校の授業では先生が板書をする場合や医療機関では固定マイクから離れてしまうことでコミュニケーションが成り立たなくなってしまう部分が課題でした。その課題を解決することを目標として開発されました。またcomuoon SEは操作パネルのUIデザインを見直しました。

デザインコンセプト

スピーカーとしての存在感を打ち消し、ヘルスケア的なイメージを感じさせないやさしいデザインを特徴にした

企画・開発の意義

日本における65歳以上の高齢者人口は、3,190万人(前年3,079万人)となり過去最高となり、高齢者人口の増加に伴い老人性難聴者とのコミュニケーションの課題が浮き彫りになっています。私たちは話者側でもできる聴こえの支援方法として卓上型対話支援システムcomuoonを発案しました。comuoon connectは、ワイヤレスマイクタイプの製品でcomuoonSE はワイヤードタイプの製品です。

創意工夫

comuoon connectは、医療機関や教育機関での利用が多く、様々な高さの机でも利用者に最適なリスニングポイントを調整できるように、comuoonのデザインを崩すことなく角度調整機能を搭載しました。 また、離れた距離での利用も多いことからワイヤレスマイクタイプとし、懸念事項であったワイヤレスマイクの音質を大幅に改善することに成功しました。 comuoonSEは、医療機関や金融機関、行政機関などのカウンターでの利用が多く、様々な高さのカウンターやテーブルにも適合するようcomuoonのデザインを崩すことなく高さ調整機能を搭載しました。 また、持ち運びでの利用も多いことからマイクスタンドデザインを一新し、軽量化と格納性を向上しました。 コントロールドック部分もアイコンサイズとデザインを一新しさらに見やすくしつつ、夜間時のテレビスピーカー利用を考慮しLEDの明るさえ抑えました。

デザイナーの想い

聞こえにくい場合は「大きな声で話せば大丈夫」と思われていませんか?難聴によっては逆に大きな声であると聞こえにくい場合があることをご存知でない方がたくさんおられます。 「聞こえにくい」聞こえているとなかなか理解しにくいその課題を、聞こえにくい人たちだけが努力するのではなく、話す側でも一緒に改善しようという思いで開発したのがコミュニケーションサポートシステムcomuoon connectです。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社 ビックカメラ 大和ハウス工業 東京FM メガネの大宝堂
メガネの大宝堂
ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社

審査委員の評価

第一世代のコミューンは、子供から高齢者までの多くの難聴者に聴こえる体験を提供した、彼らに明るい希望を与えた機器だっただろう。特別な機器だったコミューンを、より人々の生活の中に組み込んでいくためのデザインが、今回の製品では施されている。利用シーンを拡げるワイアレスマイクへの対応、使われない時間の存在感に配慮した収納性の向上など、ユーザーニーズを丁寧に拾い上げた改良に対して審査員の評価が高かった。

担当審査委員| 濱田 芳治   佐々木 千穂   手槌 りか   松山 剛己  

ページトップへ