GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
登山用ヘルメット [ラヴィーナ フルーク]
事業主体名
株式会社谷沢製作所
分類
スポーツ・アウトドア/レジャー・ホビー・園芸用品
受賞企業
株式会社谷沢製作所 (東京都)
受賞番号
16G010040
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

FLUQUEは、MADE IN JAPANの女性用登山ヘルメットです。アジア人の頭に合わせたサイズ設計なのでフィット感が高く、登山時でも快適に着用できます。また、花をモチーフにしたフォルムと豊富なカラーバリエーションで女性を意識したデザインにしました。フロントシェル5色、バックシェル5色、あご紐2色、バックル2種類から好きな組合せができるので自分だけのオリジナルヘルメットをカスタマイズできます。

プロデューサー

株式会社谷沢製作所 谷澤和彦

ディレクター

株式会社谷沢製作所 竹林悠一郎

デザイナー

株式会社プレーン 渡辺弘明、川﨑孝典、土橋麻以、山本真彦

詳細情報

http://ravina.bz/

発売
2016年4月20日
価格

16,200円

販売地域

国内・海外共通仕様

仕様

[全長]L26.3cm×W20.4cm×H14.7cm、[製品質量]320g(スマートバックル)/330g(マグネットバックル) 、[頭周]52~59cm、[材質]シェル:ABS、 ライナー:発泡ポリスチレン、あご紐テープ:ポリエステル、クッションパッド:ポリエステル/ポリウレタンフォーム

受賞対象の詳細

背景

きっかけとして近年、長野県などで山岳ヘルメット着用推奨山域が指定され、御嶽山の噴火でより保護具が注目されています。弊社は産業用保護帽トップメーカーとして、全ての人の頭を幸せにしたいと考えています。登山用ヘルメットは海外製品が多くアジア人の頭にはフィットしません。また、女性用の種類も少ないため、女性用登山ヘルメットをMADE IN JAPANの高い品質で提供したいと思い開発をしました。

デザインコンセプト

快適なフィット感と女性らしさを両立したヘルメット

企画・開発の意義

登山用ヘルメットは「難易度の高い登山のための物」といった印象がありますが、軽登山での事故も多発、ヘルメットは必需と言えます。ですが頭が大きく見える、男性的等の理由で女性に敬遠されています。また、従来品は欧米人の頭をベースに設計されているためアジア人には合わず、着用中に痛みを感じたりフィット感に乏しい等の不具合があり、女性が魅力に感じアジア人にもフィットする登山用ヘルメットの開発は急務と考えました。

創意工夫

アジア人の頭の形に着目し、より小さく、よりフィットするヘルメットを開発。バイザーの役割を果たす前に出たフロント形状、女性でも簡単に調整しやすいラチェット、ヘアアクセサリーから着想したヘッドバンド形状、束ねた髪を出しやすい機構など、女性向けに細部までこだわりました。花の色とりどりなイメージを実現させ、また、ユーザーにより愛着を持って使ってもらうために、ユーザー自身がWebサイト上でフロントパーツ5色、バックパーツ5色、あご紐2色とバックル2種類の組合せ100パターンからカスタマイズすることが出来ます。オーダーされたヘルメットは、1つ1つ手で組み立てられ、出荷される仕組みを作りました。

デザイナーの想い

登山で女性が積極的にヘルメットを着用しない理由は枚挙にいとまがありませんが、ネガティブな要因を一つずつつぶし、女性用登山ヘルメットの市場を作りたいと考えました。さらには形が良いからかぶりたいという積極的な購入要因になり、ひいては人の命を救う一助になればと思います。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ravinaオンラインショップ(インターネット販売)
ravinaオンラインショップ
ravinaスタッフによる公式ブログ
ravina公式facebook

審査委員の評価

御嶽山の噴火を契機として、その必要性を求める声が高まっている登山用の保護ヘルメット。本製品は登山時やまた普段の生活においても、主に女性をターゲットにしながら、人々がヘルメットを被る行為を促すデザインが随所に散りばめられている。本体の形状はもちろん、ベルトの機構などの設計も良く考えられており、また、パーツの豊富なバリエーションによって、それぞれ自分の好みでカスタマイズできることや、パッケージに至るまで細やかに配慮されている。

担当審査委員| 倉本 仁   安東 陽子   原田 祐馬   山田 遊   Carl Liu  

ページトップへ