GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
防災啓蒙の取り組み [「そなえるカルタ」を活用した防災の取り組み]
事業主体名
三菱地所レジデンス(株)
分類
教育・推進・支援手法
受賞企業
三菱地所レジデンス株式会社 (東京都)
受賞番号
15G141235
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

マンション管理組合理事や居住者一人一人の意識の違いをとらえ、マンション全体の防災意識向上につなげるツール「そなえるカルタ」を活用した防災の取り組み。マンション事業者として、居住者の防災意識の差異を認識した上で、「そなえるカルタ」を活用した防災意識向上のためのきっかけの提供に始まり、より実践的な防災訓練の実施を一つのゴールに見据え、啓蒙活動を行う。カード形式と簡潔な表現により、相手の興味を探りながらそなえる必要性を強く認識してもらい、最初から一つの答えを提示しないことで「考える余地」を残し、「我が事化」「住民の主体的な防災活動」へと導く。

プロデューサー

三菱地所レジデンス 商品企画部 榎並秀夫

ディレクター

三菱地所レジデンス 商品企画部 岡崎新太郎

デザイナー

三菱地所レジデンス 商品企画部 岡崎新太郎+DGコミュニケーションズ 和田祐樹+藤原デザイン室 藤原広和+HITOTOWA 荒昌史+復興応援団 佐野哲史

詳細情報

http://www.mecsumai.com/bousai/sonaeru.html

利用開始
2014年6月
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

とっつきやすさと被災地のリアルを兼ねそろえたツールを活用し、様々なシーンを想定した防災啓蒙活動

背景

大震災以降、実効的な防災訓練の実施に至る事例が増えている一方で、アクションを起こせないマンションを目の当たりにしている。二極化する各マンション、そしてマンション内で生じている居住者間の防災意識の差異に対し、まず初めに管理組合理事の意識を高め、次に全居住者の意識を高めて展開する術を社会が求めていると考えた。

デザイナーの想い

ポルトガル語の「手紙carta」から由来する「カルタ」。実地調査やヒアリング、アンケートにより被災地から学んだ教訓を、私達がきちんと居住者へ伝えたいという強い想いと、管理組合が何れか1枚のカードをきっかけに取り組み、最終的には全てのカード(課題)をクリアしていく様から「そなえるカルタ」と名付けた。居住者に伝え、主体的な行動につなげるために、とっつきやすさとシリアスな現実の絶妙なバランスを追求した。

企画・開発の意義

首都直下地震等の発生リスクが叫ばれる中、大震災に対するそなえはまだまだ万全と言えない。マンション住民の意識を高め、実効性のある訓練を行うことで災害時の要救助者を減らし、更にマンション住民が周辺住民を助けるレベルまで引き上げることが、社会全体の防災力向上にもつながると考えた。マンション住民・組織が抱える課題やポイントを踏まえ、マンション事業者が持つ接点を活かしたツールを活用し、社会課題を解決する。

創意工夫

マンションの防災計画策定時には、被災地のリアル(実情)やそなえる必要性を管理組合にきちんと伝える必要があり、リアリティにこだわった「そなえるカルタ」の被災者の生の声を用いる。また、テーマ毎に色分けしたカード形式により、各理事が興味を持った内容から学べる「入りやすさ」を実現。例えば、「安否確認」においては、阪神淡路大震災時に要救助者の約8割がご近所等に助けられた事例を共有するなど、居住者自らが取り組む必要性を実情を踏まえて伝えている。更に、安否確認をバルコニー側の隔て板を蹴破ってまで行うかなど、マンションならではの悩みを「ジレンマカルタ」で問いかけることで、平常時に組合で決めておく必要性を説く。相手の状態に合わせて伝えやすい・伝えるべき「そなえるカルタ」を適宜選択して使いながら、実情を直視すべき時に「写真カルタ」を、被災生活期の活動を伝えるために「ヒーローカルタ」を用いて「我が事化」する。

仕様

A5サイズのカード「そなえるカルタ」を用いた防災啓蒙活動

審査委員の評価

マンションの防災活動は参加者が増えずに困ることが多い。また、自分事として取り組んでくれる人が少ないことも課題である。カルタというツールを使ってマンションの防災意識を高めるというのはうまいやり方である。単にひとりずつが防災について学ぶだけでなく、カルタを通じて相互にコミュニケーションをとることになるため、コミュニティ意識の醸成にも寄与することだろう。

担当審査委員| 横川 正紀   色部 義昭   上田 壮一   南雲 勝志   山崎 亮  

ページトップへ