GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
空箱とそのデザインを活かす取り組み [パッケージクラフト]
事業主体名
一般社団法人日本パッケージクラフト協会
分類
個人・公共向けの意識改善
受賞企業
一般社団法人日本パッケージクラフト協会 (東京都)
受賞番号
15G141216
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

パッケージクラフトとは、市販されている商品の空箱を使った紙工作です。様々なデザインや形の箱からロボット、乗り物、動物など様々なものを作り出します。一般的な空箱工作と異なる点は、制作にルールを設けていることです。「1箱1作品」「箱はなるべく使い切る」「文字は読めるように」などです。中身を使い終わると捨ててしまっていた空箱。よく見ると商品への想いが沢山詰まった素敵なものであることに気付きます。このすでにデザインされた箱を用いることで、箱の特徴を活かしながら、新たなかたちを生み出すのがパッケージクラフトです。実際に体験いただけるよう、作り方説明書の作成や公開、ワークショップも行っています。

プロデューサー

一般社団法人日本パッケージクラフト協会

ディレクター

一般社団法人日本パッケージクラフト協会

デザイナー

高橋和真

パッケージクラフトアーティスト/協会理事長 高橋和真

詳細情報

http://packagecraft.org/

一般社団法人日本パッケージクラフト協会設立年月日
2011年10月20日
販売地域

日本国内向け

設置場所

アートギャラリー「空(から)のおもちゃ箱」 新潟県妙高市朝日町

仕様

パッケージクラフト作品を制作するにあたってルールを設け、その制約の中で楽しみながら進める空箱工作です。

受賞対象の詳細

背景

ものが溢れ、与えられることに慣れている子供達が増えている現代、愛着を持つとはどのようなことなのだろうかと考えた時、自分で一生懸命考え作ったものがそれになり得るのではとの想いに至りました。単なる空箱工作ではなく、ルールを設け、秩序とその中で楽しむことを学び、徐々に想像力と創作力が育まれていくように、そして得られたことを様々なことに応用していけるように、心が豊かになる体験をとの思いから開発しました。

デザインコンセプト

空箱工作を通じて得られる想像力、創造力の活性。

企画・開発の意義

パッケージクラフトは、驚きと好奇心を刺激する、実際に作れる本物のトランスフォームです。様々なものを使い捨てることが日常化している昨今、資源の大切さを考えることは難しい課題です。今まで捨ててしまっていた空箱を、アート作品に仕上げることで、空箱に新たな価値観を与えます。作品の中に詰まった”想い”を見つけることで、身近にあるものの再利用の可能性への「気付き」のきっかけになればと考えています。

創意工夫

実際に体験してもらえるよう、制作に用いる商品パッケージは、どこでも入手できるロングセラー商品を中心にしています。作品には作り方説明書を制作し公開している他、工作ワークショップを行い普及活動に努めています。作品は、初めての工作トレーニングから、制作に数日かかる難しいものまで、幅広い難易度の作品を用意し、適したものを選べるように考慮してあります。

デザイナーの想い

商品パッケージは、携わっている方々の想いが沢山詰まった箱です。工作の過程で箱をよく観察することで、今まで見えなかった発見があります。模様の魅力、色の美しさを、新しいかたちへと再構成する楽しさを広め、パッケージクラフトを折り紙のような文化にすることを目指しています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

アートギャラリー「空(から)のおもちゃ箱」(新潟県妙高市朝日町)
一般社団法人日本パッケージクラフト協会
一般社団法人日本パッケージクラフト協会とは?

審査委員の評価

そのデザイン性、クオリティー、そこにいたるまでのプログラムは、どれもとても高く大変素晴らしい。こどもの領域を超え、大人までも魅了するレベルになっていると思う。逆に言うとそのレベルの高さは誰もが出来るといった幅広いアプローチを求めたいところには少しハードルでもあるのだろう。とは言え、素晴らしい作品だと思います。

担当審査委員| 横川 正紀   色部 義昭   上田 壮一   南雲 勝志   山崎 亮  

ページトップへ