GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
シフト管理システム [シフオプLite]
事業主体名
株式会社リクルートジョブズ
分類
ソフトウェア・サービス・システム/インターフェイス
受賞企業
株式会社リクルートジョブズ (東京都)
受賞番号
15G131189
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

シフオプLiteは、アルバイト・パートを雇用するお店や企業が行う「シフト管理」をオンラインで行うことのできる無料サービスです。スタッフから希望シフト時間を収集、その希望を鑑みながら勤務シフトを作成し、広報することができます。それにより、店長などの管理者が紙や表計算ソフトによって行っている煩雑なシフト管理業務の効率が改善されます。また、その仕事場で働くスタッフにとっても、「希望シフトの提出や確定されたシフト表の確認のために仕事場にわざわざ行かなくてはいけない」「休みたい時の調整が困難」などの負が解消され、働きやすくなるという価値を提供します。

プロデューサー

仲川 薫、沓水 佑樹、小林 隆文、濱田 美幸、沼口 優未(株式会社リクルートジョブズ)

ディレクター

西木戸 弓佳、井村 優基(株式会社リクルートコミュニケーションズ)

デザイナー

横山 剛、 大倉 太一、宇山 鉄也、富島 陽子、山本 伸自、三好 麻美、佐藤 芽生(株式会社グレイビートレイン)

詳細情報

https://shifoplite.jp/

利用開始
2014年10月14日
価格

0円 (無料)

販売地域

日本国内向け

設置場所

インターネット上で公開

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

次にやるべき操作が、直感的に分かるUI

背景

92%の店長が手作業でシフト管理を平均8時間かけて行っており、効率化が進んでいません。また、労働人口の構造的な減少により社会として女性やシニアの活躍・社会進出が期待される中で、働きたくても働けなかったシニア・主婦層に向けた「1日1〜3時間」という超短時間の勤務形態を実現するために、シフト細分化・シフト管理業務の効率化という課題を解決する必要があると考えています。

デザイナーの想い

これまで、「難しい」「お金がかかる」などの理由で、オンライン上でのシフト管理を断念していた店長がほとんどでした。未だに、約9割の店舗が紙でのシフト管理を続けています。一方、スタッフはオンラインでの希望シフトの提出や他のスタッフとの調整、シフトの確認を望んでいます。シフオプLiteが、店長の負荷を減らすだけなく、みんなが楽しく働くことに貢献できればと思います。

企画・開発の意義

シフト調整にかかる負荷を減らすことができれば、店長はもっとお客さまやスタッフとのコミュニケーションに時間を割くことができるようになります。また、オンライン上で店舗のシフトを共有することで、スタッフ同士はみんなの希望シフトや勤務状況を見れるようになり、店舗全体のコミュニケーションを活発にすることに寄与します。結果、働きやすく離職の少ない職場をつくることができると考えています。

創意工夫

従来のシフト作成システムは、多機能がゆえに操作方法が複雑で、普段あまりPCやスマートフォンを使わないユーザーにとってはハードルの高いものでした。「リッチな機能よりも、簡単に使える方がいい」という多くの意見を元に、「シフトを作ること」だけに特化して作成したのがシフオプLiteです。店長にとって負荷の高い「希望のシフトをスタッフから収集する」「過不足が発生している時間をひと目で把握する」「急な欠勤に対応する」など、シフト調整にまつわる操作を簡単に行うことができます。画面は、カレンダー・スタッフの一覧・設定画面のみ。シフト作成に関係の無い機能をすべて排除し、シンプルなUIとしました。

仕様

対応デバイス:PC,タブレット,スマートフォン 対象ブラウザ: PC/Google Chrome最新版,FireFox最新版 タブレット,スマートフォン:デフォルトブラウザ

どこで購入できるか、
どこで見られるか

https://shifoplite.jp/へアクセスし登録することが可能です

審査委員の評価

現代の店舗サービスは、短時間勤務のアルバイトスタッフを多数運用することによって成り立つが、その勤務時間シフトの編成は容易ではない。スタッフ全員と管理者が状況を共有しつつ双方向のコミュニケーションでシフトを組むこのシステムは、極めて簡潔なインタフェースデザインによって、高校生から高齢者までの多様なスタッフが無理なく使うことができる。必要機能の絞り込みとその解としてのシンプルな視覚表現がコンパクトに結実したデザインである

担当審査委員| 日高 一樹   青山 和浩   櫛 勝彦   林 千晶  

ページトップへ