GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン・未来づくりデザイン賞

受賞対象名
クラウドソーシングサービス [クラウドワークス]
事業主体名
株式会社クラウドワークス
分類
ソーシャルプラットフォーム
受賞企業
株式会社クラウドワークス (東京都)
受賞番号
15G121152
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

インターネット上で、世界中の企業と、フリーランスをはじめとした個人で働く人々が、仕事の受発注を行える、ユーザー65万人、9.3万社が利用する日本最大級のクラウドソーシングサービス。育児中の主婦や定年後のシニア、移動が困難な障がい者など、あらゆる境遇の方が、常時流通している約1万件の仕事を、時間や場所に関係なく受注できます。また企業にとっても、必要なスキルを全国から調達できるため、地方企業の人材不足や創業時のリソース不足解消策としても有効です。「クラウドワークス」は、あらゆる社会活動に取り組む方々が最適なパートナーに出会い、個々の夢を実現できる場となることを目指しサービス運営を行っています。

プロデューサー

株式会社クラウドワークス 代表取締役社長 兼 CEO 吉田 浩一郎

ディレクター

株式会社クラウドワークス 開発担当取締役 野村 真一

詳細情報

https://crowdworks.jp

利用開始
2012年3月21日
仕様

PC版動作環境は、Microsoft Internet Explorer9.x、11.0以降、Google Chrome最新版 、Mozilla Firefox最新版、Apple Safari最新版。スマートフォン版動作環境は、各OSで標準搭載されているブラウザ、Google Chrome。

受賞対象の詳細

背景

東日本大震災以後、地域貢献性の高い仕事の再評価や、家族と過ごす時間の尊さを見つめなおす動きなど、日本人の就労意識の変化が生まれました。時を同じくして、正社員比率が2015年には50%を切るという予測も発表されました。こうした動きから、私たちは、社会が必要とする「働くインフラ」の変化を感じ取り、時間や場所にとらわれない「新しい働き方」を実現するためのプラットフォームの開発に着手しました。

デザインコンセプト

「“働く”を通して人々に笑顔を」―個の力を最大限活性化し、社会の発展と個人の幸せに貢献をする―

企画・開発の意義

個人が企業と同等の信用を得られ、個人が子育てや介護、移住などのライフイベントに合わせて働き方を選択できる社会を実現します。「クラウドワークス」は、時間や場所に関係なく「個」のスキルを活かせる「21世紀の新しいワークススタイル」を浸透させ、「クラウドワークス」が個人の仕事実績と評価を蓄積することで、組織に属さなければ持ち得なかった与信を生み出し、新たな「個人の与信インフラ」となることを目指します。

創意工夫

インターネット上で買い物をすることが当たり前になったのと同様に、インターネットを通じて、非対面で仕事をすることが当たり前に受け入れられるよう、サービス企画当初から一貫してUX(ユーザー・エクスペリエンス)を意識したサービス作り、企業文化形成に取り組んでいます。象徴的なもののひとつが「ありがとうボタン」というユーザー同士が感謝の気持ちをワンクリックで送りあえる業界初の機能です。これまでに、累計200万回以上の「ありがとう」が交わされており、互いを思いやりながら仕事がやりとりされています。 このようなアイデアを次々に生み出すために、部署を問わず全社員が参加しユーザーの立場でサービスを体験し改善点について話し合う「UX改善会」を行っており、この会を経て採用された改善案は、サービスに実装されています。

デザイナーの想い

あるユーザーからの「個人が働きやすくなるけれど、個人の立場が弱いのは変わりない」という言葉がきっかけとなり、常に「クラウドワークス」を利用する65万人の個人を支える組織であることを意識したサービスづくりを行っています。現在は、働く方がスキルアップするための教育や正社員と同等の福利厚生を受けられる機会を提供しており、将来的には、個人同士の相互扶助組織のような役割も持たせていきたいと構想しています。

ページトップへ