GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
Webサービス [不動産販売価格予測サイト「GEEO(ジーオ)」]
事業主体名
株式会社おたに
分類
ソフトウェア・サービス・システム/インターフェイス
受賞企業
株式会社おたに (神奈川県)
受賞番号
15G121149
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

GEEOは、マップ上にピンを落とすだけで、その地点の不動産の成約価格(時価)を表示します。これまで不動産の時価を調べるには、近所の不動産屋さんに聞いて回ったり、路線価図を何ページもめくったり、あるいは専門家へ鑑定評価の依頼をする必要がありました。これからはGEEOで地点を指定するだけですぐに時価がわかります。また、GEEOはオープンデータを活用し、統計的に時価を推定するため、中立的な評価が可能です。さらに、有料のPro版をご利用の場合、周辺時価の過去推移やマンション名等も取得可能なため、不動産に関連した調査やマーケティンゲの目的でもお使いただけます。

プロデューサー

株式会社おたに 代表取締役 小谷祐一朗

ディレクター

佐々木優

デザイナー

小谷祐一朗

詳細情報

http://geeo.otani.co/

利用開始
2014年10月
販売地域

日本国内向け

設置場所

http://geeo.otani.co/

仕様

Web上の地図をタップ(又はクリック)するか、住所を選択するだけで不動産の予測成約価格を表示するソフトウェアです。 推奨動作環境 Google Chrome又はSafari(Webkit) iPhone又はAndroid等のChrome及びMobile Safari

受賞対象の詳細

背景

現在、政府・民間双方でオープンデータ活用の機運が高まっています。この流れに合わせ、以前より多くの統計データが利用できるようになってきています。一方、これまでの不動産業界は「勘・経験」に頼る世界で事業者が一般消費者に対して優位となる構造でしたが、これらのデータを活用することで市場を透明化し、一般消費者にメリットをもたらすことができると考え、GEEOの研究・開発をスタートしました。

デザインコンセプト

「データサイエンスの知性で地図を再定義する」

企画・開発の意義

これまで不動産の価値評価は、専門家に頼るか時間をかけて調べるかで、いずれにしても一般消費者にとって多大なコストがかかるものでした。GEEOは専門知識不要で、「誰もが」、「簡単に」、「すぐに」関心のある不動産の価値を知ることを可能にしました。不動産の売買や相続時など、人生の様々な場面での意思決定に役立つツールです。

創意工夫

時価算定のアルゴリズムはもちろんのこと、誰にでも使いやすいユーザーインターフェイスを目指して試行錯誤を繰り返しました。

デザイナーの想い

オープンデータやデータサイエンスの威力を多くの人に体感して欲しいと考えていました。しかし、これらは一般にはとっつきにくいものだと思っているため、小難しい理論を感じさせない、直感的な操作感が出るようなデザインを心がけました。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

http://geeo.otani.co/
GEEO

審査委員の評価

不動産の成約価格を、独自に開発したデータサイエンスアルゴリズムによって推定するサービス。これまでのように不動産屋だけではなく一般消費者にも情報が提供され、オープンなサービスとなっている。データサイエンスのチャレンジによって利用者の求めている情報が得られるようになった。今後はこのようにアルゴリズムやAIが利用者のニーズを満たす場面が増えてくるのかもしれない。

担当審査委員| 久保田 晃弘   石戸 奈々子   ナカムラ ケンタ   暦本 純一  

ページトップへ