GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
モジュール型シンセサイザー [Synth Kit]
事業主体名
株式会社コルグ+リトルビッツ・エレクトロニクス
分類
音響・映像機器
受賞企業
株式会社コルグ (東京都)
受賞番号
15G121142
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

アメリカのリトルビッツ社と、日本の電子楽器メーカーのコルグが共同開発した、オリジナルのシンセサイザーを組み立てられるキットです。オシレーター、キーボードなどの機能を持った様々な電子モジュールを、マグネットでつないでいくことで、音を作ってピアノのように演奏したり、ビートを鳴らしたり、自由に組み立てて演奏することができます。 電子回路やシンセサイザーの知識がなくとも、子供から大人まで、音の楽しさにダイレクトに触れることができます。またシンセの仕組みを初めて学習するのにも有効な一方で、自由度が高いゆえに複雑な回路を作り込んで本格的なシンセを作ることもでき、シンプルかつ奥深いキットです。

プロデューサー

リトルビッツ・エレクトロニクス アヤ・ブデール+株式会社コルグ 伊東智子

ディレクター

リトルビッツ・エレクトロニクス ポール・ロスマン+株式会社コルグ 商品企画室 坂巻匡彦

デザイナー

リトルビッツ・エレクトロニクス ジェフ・リップマン+株式会社コルグ 商品開発部 高橋達也

詳細情報

http://jp.littlebits.com/synth/

発売
2013年12月17日
販売地域

国内・海外共通仕様

仕様

縦2cm×横2〜9cmほどのサイズの電子モジュールを12個同梱。電子モジュールの左右にマグネットが配されており、それらをつなげて組み合わせる。電子モジュールはカテゴリーごとに色分けされており、青(パワー)、ピンク(インプット)、オレンジ(ワイヤー)、緑(アウトプット)の4種類に分かれている。電源として9V電池を使用。

受賞対象の詳細

背景

シンセサイザーという楽器を作る上でジレンマがあります。ユーザーに究極な自由と可能性を与えたい半面、全ての機能を開放してしまうと難しい製品になってしまう。littleBitsは一つ一つのモジュールの機能がシンプルで分かりやすいが、組み合わせれば非常に複雑で深い世界にも入り込める。この両立がシンセサイザーのジレンマを解消するはずだと見込み、littleBitsでシンセサイザーを作ることにしました。

デザインコンセプト

可能性と簡潔さの同居。littleBitsのコンセプトをそのままシンセサイザーに適用しました。

企画・開発の意義

楽器というものには本来、基礎や練習の要素が付随し「いい音」という価値観が標準化されている。Synth Kitは子供も大人も「いい音」を意識せずに箱を開けてすぐに「好きな音」を探し始めことができる。表現を発見する為に楽器があるということがプロジェクトのコアにある提案です。

創意工夫

技術的には、一つのモジュールをわずか数センチに収める必要がありましたので、回路の部品数を極限まで減らしながらも、KORGの名機MS-20の回路を入れるなど、本格的な音質に拘りました。 上面には極力部品を乗せなかったり、スイッチやツマミの操作子の強弱を考えシンセサイザーらしさとlittleBitsらしさのバランスをとりました。

デザイナーの想い

電子機器は高機能化するに従い、それ自体がブラックボックスとなり、より不自由なものになってしまいがちです。電子楽器も同様で、かつてはユーザーが手を加える自由がありましたが、今では与えられたものを使うだけになってしまいました。「その自由をもう一度ユーザーの手に戻したい」という想いを粗野(電子回路そのまま)でオープン(回路図、ソースコードを全て公開)なlittleBitsのフォーマットで実現しました。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

コルグオンランショップ、Amazon.co.jp、MoMA STORE、全国の主要楽器販売店
コルグオンラインショップ
Amazon.co.jp
MoMA STORE

審査委員の評価

道具はその進化によって、使い手を制限してしまうこともある。けれども、このSynth Kitは初めてシンセサイザーを触るような人が直感的に使って楽しむこともできるし、つくり込んでいくこともできる。またオープンソースでもあり、使い方が自由に共有拡散されているところからも、制限せずに自由に使ってもらいたい、という設計思想が感じられる。これからも予想もつかないような広がりが期待できるところに面白さを感じた。

担当審査委員| 久保田 晃弘   石戸 奈々子   ナカムラ ケンタ   暦本 純一  

ページトップへ