GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ゴルフスイング改善ツール [プレーン アナライザー プラス PIX-GS100]
事業主体名
株式会社ピクセラ
分類
ソフトウェア・サービス・システム/インターフェイス
受賞企業
株式会社ピクセラ (大阪府)
受賞番号
15G121140
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

映像とセンサーデータを活用してゴルフスイングの改善を導くツールです。センサーをゴルフクラブのグリップエンドに装着してスイングすることで、スマートフォンやタブレットが連動してスイングだけを自動撮影し、センサーが検出したデータを解析して表示します。ユーザーは映像とセンサーデータから現状のスイングを把握し、ティーチングプロのスイング理論に基づいたヒントやガイドと照らし合わせて正しいスイングを学ぶことができます。この「チェック&トライ」のサイクルで時間を有効に使って着実にスイングを改善します。

プロデューサー

株式会社ピクセラ

ディレクター

株式会社ピクセラ 製品開発本部 デザイン部 櫻井裕太

デザイナー

株式会社ピクセラ 製品開発本部 デザイン部 宮島敬右

詳細情報

http://www.pixela.co.jp/products/mobile/pix_gs100/

発売
2015年3月9日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

映像とデータの活用で、個人練習をスイングの改善が実感できる体験にする。

背景

スポーツ分野のセンサー技術の普及に伴い、単なる検出データの提示だけではなく「データをスイングの改善に活用するためにはどうすれば良いか」を追求しました。そこで、映像とティーチングプロのスイング理論を組み合わせることで、ユーザーの練習時間を有効に使って着実にスイングを改善できる、新しい練習サイクルの提供を目指して開発を始めました。

デザイナーの想い

自身もゴルフを嗜むので、自らが欲しいと思える製品になるような価値を追求しました。原因不明のスランプに陥ると時間とお金を浪費するだけだった個人練習が、限られた時間でも集中力を維持して上達を実感できる体験になることで、スイングに悩んでいる多くのゴルファーに、ショットがまっすぐ遠くに飛ぶことの喜びを少しでも早く体感していただき、末永くゴルフを続けてもらいたいと願っています。

企画・開発の意義

個人練習に取り組むユーザーのスマートフォンやタブレットが、スイング改善の「頼れるパートナー」になります。本製品の提供する「チェック&トライ」の練習サイクルが、試行錯誤だけで手応えが感じづらかった個人練習を、着実にスイング改善が実感できる体験に変えます。

創意工夫

競合製品の使用テストを行い抽出された「データを活用してスイングを改善するためには”どうすれば良いか教えてほしい”」というユーザーの要求に応えるために、以下の創意工夫を行いました。(1)自動撮影したスイング映像と、ティーチングプロの理論に基づいたスイングの解説を並べて表示するヒント機能を実装しました。ユーザーは自分のスイングとティーチングプロのスイングを比較しながら、映像上に補助線を引いて問題点を視覚的に確認できるので、改善に向けて効率よく練習に取り組むことができます。(2)ティーチングプロのスイング理論を詳細に解説したガイドブックを、スマートフォンやタブレットでいつでも閲覧できます。また、練習中でも確認しやすいよう冊子でも提供しました。

仕様

直径:23.7mm、高さ:46.8mm、質量:約10g、対応OS:iOS, Android

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ピクセラオンラインショップ
ピクセラオンラインショップ
【アプリ紹介】Plane Analyzer Plus (プレアナ)

審査委員の評価

デジタルをスポーツ分野に活用する良い事例。スマートフォンを使い、高いレッスン料を支払うことなく、まるでプライベートレッスンを常に受けることができるような新しいゴルフの練習環境がデザインされている。センサーをつけて振るだけという簡易さが、手軽に利用でき素晴らしい。スイングの解析、映像を活用した自分のスイングと手本のスイングとの比較、理論に基づいた解説と、きめ細やかに情報がユーザーに提供されており、高い評価を得た。また、上達具合も可視化され、継続的な利用を促す設計とされている点も評良い。他のスポーツ分野への応用も期待したい。

担当審査委員| 久保田 晃弘   石戸 奈々子   ナカムラ ケンタ   暦本 純一  

ページトップへ