GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ものづくりデザイン賞

受賞対象名
レゴ組みかえレシピアプリ [プラスエル]
事業主体名
株式会社ハンゾー
分類
宣伝・広告・メディア・コンテンツ
受賞企業
株式会社ハンゾー (東京都)
受賞番号
15G121121
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

アプリ、+Lは、あなたの家にあるLEGOセットから、全く新しいものが作れる組立図を提供しています。組立図は色々あり、動物や、キャラクター、鳥、魚、ロボットなど、通常のレゴのデザインにはないものばかりです。組立図は、順を追ってわかりやすくまとめてあり、組み立てやすくなっています。全ての組立図は、レゴ®認定ビルダー三井淳平氏によって監修されています。

プロデューサー

株式会社ハンゾー 代表取締役 太田芳徳

ディレクター

三井ブリックスタジオ株式会社 代表取締役 レゴ®認定プロビルダー 三井淳平

株式会社ハンゾー 代表取締役 太田芳徳

詳細情報

http://www.hanzo.jp.net/plusl/

利用開始
2015年3月9日
価格

1 ~ 2USD

販売地域

国内・海外共通仕様

仕様

iOS 7.0以降、iPhone,iPad,iPod touch 対応。iPhone 5 に最適化されています。 Android2.2以降、smart phone, tablet 全てに対応

受賞対象の詳細

背景

レゴのセットは、同梱の組立図に沿って作ってしまうと終わりか、もしくは、何か新しいものを作ろうと思っても、なかなかいいデザインにはならず困ってしまうのが現状。また組立図のみwebや本で掲載されているものもあるが、パーツがそろわなくてできないことばかり。そこで「家にあるパーツだけで」できるモデルに拘り、組立図を販売することにした。レゴ社公認で非公式という形でスタートできている。

デザインコンセプト

世界中のレゴユーザーのため、言葉を極力使わず、触りながらわかる画面遷移にした!

企画・開発の意義

家にあるレゴセットで何かを作ろうと思っても、何をどう作ったらいいか思いつかなかったりする。本やwebに掲載されている組立図は、パーツの数や色が足りず作れないことが多い。そこで「家にあるセットのパーツだけでできるモデル」の組立図を提供し、作る楽しみと、組み方を学べる手段を提供したいと考えた。またレゴマニアの考えた組みかえアイディアを、組立図として販売し、収入を得られるという市場を提供したいと考えた

創意工夫

「家にあるレゴセットでできる」を主コンセプトにし、「作るもの」から選ぶのではなく、「家にあるセット」から選ぶ画面導線にしている。また、全ての画面で言語解説がなくてもわかるようなUIを目指し、どの国の人でも使い方が簡単にわかるようにした。LEGOの既存のセットでできるモデルは、建築物、乗り物、働く車、恐竜が多っかったり、またグローバルに販売するために、USの映画コンテンツを利用した(star warsやcars、ironmanなど)モデルのものが多かったため、レゴセットにはない、ロボット、動物、海の生き物、などの組立図コンテンツを増やした またグローバルなキャラクターではないが、ある地域では人気のあるキャラクターが作れる組立図も版権の契約を当社でし実現できた(サンリオ、小プロなど)

デザイナーの想い

日本人の器用さからか、日本にはレゴマニアが多く存在し、また彼らの「組み替える力」「デザイン力」は本物です。特にロボットのデザインは、US,アジアでもとても好評で、本家のレゴセットのデザインを超えるほどです。こういうすばらしい作品を組立図として世界に広めることがどうしてもやりたかったことです!

どこで購入できるか、
どこで見られるか

iOS: App Store、Android: Google Play
For iPhone
For Android

審査委員の評価

無限の組み合わせができ、自由に創作できることがレゴの魅力。だからこそ、セット販売にし、完成形を1つにしてしまうことを残念に感じていた人も少なくないはず。しかし、詩や音楽のように、制約条件がある方が、創造性を発揮できるということも往々にしてある。このセットからこんなものが生まれるという意外性に驚かされる。セットに含まれている限られたパーツだけで作るという挑戦が、レゴファンの創造性に火をつける。インターフェースもレゴらしくシンプルで初めて触る子どもでも直感的に理解できるようにデザインされている点も素晴らしい。世界中からたくさんのアイデアが共有されるようになるとさらに良い。今後の展開が楽しみだ。

担当審査委員| 久保田 晃弘   石戸 奈々子   ナカムラ ケンタ   暦本 純一  

ページトップへ