GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
アンドロイド [マツコロイド]
事業主体名
株式会社電通、株式会社電通テック、株式会社エーラボ、株式会社ナチュラルエイト
分類
宣伝・広告・メディア・コンテンツ
受賞企業
株式会社電通 (東京都)
株式会社エーラボ (東京都)
株式会社ナチュラルエイト (東京都)
株式会社電通テック (東京都)
受賞番号
15G111091
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

マツコロイドは、アンドロイド研究の第一人者である大阪大学の石黒浩教授の監修のもと誕生しました。マツコ・デラックスさんご本人の忠実なアンドロイドを目指して、頭からつま先にいたる全身を型取りし、表情やしぐさ、癖なども研究した上でリアルに再現しており、まさに最新鋭のアンドロイド技術を応用したアンドロイドタレントとなっております。現在は日本初のアンドロイド番組MCを務めております。

プロデューサー

岸英輔

ディレクター

三田武志

デザイナー

島谷直志

利用開始
2014年12月2日
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

マツコデラックスさんの皮膚感・表情・動きなどを忠実に再現しております。

背景

昨今、エンターテインメント業界において、映像や音楽など多様な分野でテクノロジーの活用が進んでいます。ただ、アーティストやタレント自身をコンテンツと見なしテクノロジーを活用しているケースは決して多くはなく、今回はそのような背景を元に制作され、またレギュラー9番組に出演する多忙なマツコデラックスさんの代わりに活動することを目的としております。

デザイナーの想い

アンドロイドは人間の変わりとなりえることを証明し、タレントの新しいプロモーション活動になるよう尽力しました。

企画・開発の意義

マツコロイドはマツコ・デラックスさんを忠実に再現した結果、「不気味の谷」を越えて社会に認められるアンドロイドとなりました。多忙なタレントマツコ・デラックスさんに変わりマツコロイドは独自に活動を実施してます。SNS上では「マツコロイドに会ってみたい」という意見が多く見られ、新しいタレント活動が社会に受け入れられたと思っております。

創意工夫

これまでのアンロドロイドはプログラムを制作する際、一般的な人の動きを作っておりましたが、マツコさんという強いキャラクターを「再現する」ことに注力しました。動作の再現にあたっては、マツコ・デラックスがこれまでにテレビ等に出演した際の膨大な動画情報を収集、分析し、緻密な動作の再現を試みました。特に顔の稼働部分については、通常よりも倍以上の時間と手間をかけて表情表出を実現しました。  

仕様

「マツコロイド」は、アンドロイド研究の第一人者である大阪大学の石黒浩教授の監修のもと誕生しました。マツコ・デラックスさんご本人の忠実なアンドロイドを目指して、頭からつま先にいたる全身を型取りし、表情やしぐさ、癖なども研究した上でリアルに再現しており、まさに最新鋭のアンドロイド技術を応用したアンドロイドタレントとなっております。(マツコロイド本体:高さ1400、幅1200、奥行750、85kg)

どこで購入できるか、
どこで見られるか

毎週土曜23時〜23時30分放送「マツコとマツコ」※全国ネット・2015年上期まで
「マツコとマツコ」番組

審査委員の評価

人気のタレントマツコデラックスさんの人型ロボットアンドロイドを開発することによって、開発者たちが言うアンドロイドロボット開発の課題「不気味の谷」を跳び越え、これまでになかったアンドロイドロボットのイメージを創出した。世界をリードする日本のアンドロイドロボット開発の新たな扉をあけるものとして高く評価した。

担当審査委員| 廣村 正彰   齋藤 精一   中谷 日出   レイ・イナモト  

ページトップへ