GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
市役所 [南あわじ市役所]
事業主体名
南あわじ市役所
分類
公共用の建築・施設
受賞企業
南あわじ市 (兵庫県)
株式会社NTTファシリティーズ (大阪府)
受賞番号
15G101023
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

淡路島の最南端に位置する南あわじ市の新市庁舎の建設。人口約5万人の自治体である南あわじ市は4町合併により2005年に誕生した。これまで旧町役場に分散していた市役所機能を集約し、市民サービスの向上と市政運営の効率化を目的として、新たな庁舎が建設された。近い将来発生するといわれている南海・東南海地震など巨大災害に対し、災害対策・復旧(復興)拠点としての役割も担うため、免震構造による高い耐震性を実現。また、日本3大瓦の1つ「淡路瓦」の産地である南あわじ市の庁舎として、地元資源である瓦を建物内外に積極的に採用した。

プロデューサー

南あわじ市

ディレクター

株式会社NTTファシリティーズ+社家一級建築士事務所+フタバ設計株式会社 設計共同企業体

デザイナー

株式会社NTTファシリティーズ 筧雄平、岡俊徳、柳樂和哉

利用開始
2015年4月6日
販売地域

日本国内向け

設置場所

〒656-0492 兵庫県南あわじ市市善光寺22番地1

仕様

町村合併に伴い市内に分散された市役所機能を統合するため、既存庁舎との一体的な利用を想定した南あわじ市の新庁舎である。RC造4階建・延床面積7,055㎡の免震構造

受賞対象の詳細

背景

既存庁舎や市有地を有効に活用しながら、新庁舎を合理的・経済的に実現することが求められた。市の地理的中心地にある既存市役所中央庁舎群を活かした「新庁舎」建設と同時に、21地区公民館を利用した「市民交流センター」を開設することで、地域コミュニティの支援と共に、市役所窓口サービスを補完した。その結果、新庁舎をコンパクトに実現し、総事業費を抑えながら高いサービスを実現させた。

デザインコンセプト

市民活動の中心となる開かれた庁舎/災害に強い環境共生型庁舎/瓦を利用した南あわじらしい庁舎

企画・開発の意義

敷地内に現存する既存庁舎と新庁舎をつなげ、建築群全体を新たな庁舎として計画した。敷地中央に市民駐車場を配置し瓦の回廊でつなぐことで、最短距離で各建物にアプローチできる。建物群の中央に余白の空間をつくることは市民交流の場(人形浄瑠璃の開催やだんじり祭りの会場など)や、災害時の屋外ヤード(炊き出しスペース、資材置き場など)として建物と連携しながら敷地全体を有効利用できると考えた。

創意工夫

建物全体で36000枚の淡路瓦を使用。瓦は伝統的な素材でありながら極めて合理的かつ経済的な工業製品である。清掃不要であること、破損部のみ取替え可能なことから高いメンテナンス性を有する。地元瓦工場と連携し最も汎用的な「桟瓦」を利用して、日よけや目隠しのための瓦スクリーンとして開発。瓦工場の高い技術と経験を活かし新たな建材利用への可能性を示した。また、瓦の生産過程の中で発生する産業廃棄物となる瓦の端材を環境素材として再利用。瓦の高い保水性(一般砕石骨材の約3倍の吸水率)を活かし外構舗装材の骨材に利用することで、夏季には雨や打ち水による外気冷却効果を得て室内に涼やかな風を取り入れる。これらの環境施策により、兵庫県建築物環境性能評価制度によるCASBEE Sランクを取得した。

デザイナーの想い

市政コンセプトは「協働によるまちづくり」。市民総員がまちづくりに取り組んでいる南あわじ市の庁舎建築には、誰もが納得する合理性が求められている。淡路島の強い日射を遮るバルコニー/採光・通風をとりいれる開放的な窓開口/地元でメンテナンスできる瓦素材。徹底した機能追求を経て装飾を削ぎ落としたデザインにより、時代を超えて市民に親しまれ永く愛され続ける普遍性を建築が獲得すると信じている。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

南あわじ市役所 〒656-0492 兵庫県南あわじ市市善光寺22番地1

審査委員の評価

淡路島をまわると、瓦の使用が印象的だが、地域特有の材料を積極的に組み込むことで、画一化しやすい市役所に個性を与えている。もっとも、傾斜した屋根に「淡路瓦」をのせるのではなく、地元の工場と協同しながら、スクリーンやウォールなど、通常とは異なる垂直面に新しい方法で使うことで、材料の可能性を引き出す。また瓦は環境性能の向上にも寄与している。防災機能と開放的な空間も特徴だが、いわば瓦の使用法のショーケースのような役割も果たす市役所だ。

担当審査委員| 千葉 学   五十嵐 太郎   石川 初   日野 雅司   山梨 知彦  

ページトップへ