GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|日本商工会議所会頭賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
駅前広場と道路 [姫路駅北駅前広場および大手前通り]
事業主体名
姫路市
分類
街区・地域開発
受賞企業
明治大学 (東京都)
小野寺康都市設計事務所 (東京都)
ナグモデザイン事務所 (東京都)
WAO渡邉篤志建築設計事務所 (東京都)
株式会社復建エンジニヤリング (東京都)
株式会社日建設計シビル (大阪府)
受賞番号
15G101002
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

世界遺産・姫路城を焦点とするヴィスタ「大手前通り」とその起点である駅前広場の総合的な開発事業。駅前広場=交通広場という従来の図式を大きく塗り替え、交通広場を側面に回し、正面には姫路城をアイストップとする都市軸(大手前通り)と一体化した歩行者空間を配置することに成功した。これを日本初のトランジットモールとし、立体広場ともいえるサンクンガーデン(現キャッスルガーデン)、芝生広場、姫路城を望む眺望デッキ(現キャッスルビュー)、そこから伸びるシェルター付きのペデストリアン・ブリッジといった多彩なボキャブラリーを組み合わせ、交通のための場所から人のための駅前広場へと大きく変貌を遂げた

プロデューサー

小林正美

ディレクター

小林正美

デザイナー

小野寺康、南雲勝志、渡邉篤志

左から小林正美、小野寺康、渡邉篤志、南雲勝志

詳細情報

http://www.city.himeji.lg.jp/s70/2212598.html

利用開始
2015年3月
販売地域

日本国内向け

設置場所

兵庫県姫路市駅前町

仕様

サンクンガーデン、中央地下通路、眺望デッキ、連絡デッキ、北駅前広場、大手前通り(約3ha)

受賞対象の詳細

背景

姫路市は、兵庫県西部の人口約53万人の中核市である。日本初の世界文化遺産である姫路城を中心に、豊かな観光資源に恵まれている。戦後、幅員50mの「大手前通り」が都市計画道路として整備され、伝統的な城下町の構造にフランス的なブルヴァールが重合された。近年、市は鉄道高架化事業に取り組み、姫路駅付近連続立体交差事業、土地区画整理事業、関連道路事業などによる姫路駅北駅前広場の総合的開発を開始した。

デザインコンセプト

市民と専門家と行政が協働し創り上げる、地下・地上・空中で有機的に連携された姫路城を焦点とする立体広場

企画・開発の意義

地方中核都市における中心市街地の活性化において、地域らしさを如何にデザインに取り入れ、魅力を増大させるかは切迫した課題だが、姫路市では公共デザインの合意形成に市民参加のプロセスを積極的に取り入れ、市民と専門家と行政が緊密に情報交換しながら設計や工事を進めるという新しい事業展開の手法を実施した。駅から姫路城までダイレクトに視線と動線が貫かれた骨太のこの都市景観は、そのプロセスの成果である。

創意工夫

眺望ゲート「キャッスルビュー」は、大手前通りというヴィスタの起点であり、駅ホームからも姫路城を眺められる視覚拠点である。城門を意識したモダンな鉄と木のゲートとした。夜間は照明によるドラマティックな空間演出を行うと同時に、ライトアップされる姫路城の見やすさも配慮している。 このゲートの幅で石畳が大手前通りを抜け姫路城へ伸びて都市軸を視覚化し、これに接続する芝生広場とサンクンガーデン(キャッスルガーデン)が地上部と駅ビル、地下街を結び合わせる。さらにゲートから伸びるシェルター付きの連絡ブリッジは周辺施設を空中で連絡しつつそれ自体が眺望路となっている。 キャッスルガーデンは駅前広場の中核部であり、ここは姫路城への「予告編」として城郭を思わせる様々な表情の石垣で構成されており、カスケードとせせらぎが周囲の喧騒を消しつつ、溢れる緑の中で姫路市産のボードデッキが市民のアクティヴィティを受けとめている。

デザイナーの想い

この場所は、「和」の造形を基調とすべきと考え、機能的なデザインでありながら美しい線、プロポーション、素材の組み合わせを重視した。石、鉄、木といった城郭を形成する自然素材を基本に各施設は組み立てられ、個々のエレメントが主張するのではなく、互いに調和し一体的な空間を形成するよう意図した。そこには、空間の主役となるべきは姫路城と「人」であり、全ての施設はそれらを引き立てる舞台であるという理念がある。

審査委員の評価

既存の施設や街区をよく読解し、ポテンシャルを引き出して姫路城と駅の関係を作りなおしたデザインとともに、市民や行政を巻き込んだ仕組みの巧みさが評価されました。

担当審査委員| 千葉 学   五十嵐 太郎   石川 初   日野 雅司   山梨 知彦  

ページトップへ