GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
コンタクトセンター [やまがたワークプレイス]
事業主体名
株式会社KDDIエボルバ
分類
業務用の建築・施設
受賞企業
株式会社KDDIエボルバ (東京都)
鹿島建設株式会社 (東京都)
受賞番号
15G100985
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

KDDIエボルバ初の自社建設コンタクト(コール)センター。社員を大切にする施設を作りたいとの建築主の強い意思のもと、働く人の快適性と、その意思を地域発信することをコンセプトに設計された。 敷地は山形市南部の丘の上にあり、蔵王連峰の大パノラマを望む。 オペレーターの執務するオペレーションルームに隣接して108mの建物全長におよぶコミュニケーションスペースを設けた。このコミュニケーションスペースからは蔵王を一望し、高い天井高さとも相まって、オペレーターにリフレッシュとコミュニケーションの場を提供している。さらに外気に触れられるテラスや、下階の食堂と一体化する吹抜などの多様な空間を用意した。

プロデューサー

鹿島建設株式会社 東北支店建築設計部 藤田 健治

ディレクター

鹿島建設株式会社 東北支店建築設計部 小野 一成

デザイナー

鹿島建設株式会社 東北支店建築設計部 小野 一成

詳細情報

http://www.k-evolva.com/

利用開始
2014年7月1日
設置場所

山形県山形市みはらしの丘2-36

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

心を開放し仲間と交流するコミュニケーションスペースと、働く様子を発信する108mのカーテンウォール

背景

諸企業からアウトソーシングされるオペレーター業務の、専門化、複雑化に伴い、従来のコールセンターモデルからの変革が必要となっている。 企業の顧客窓口の最前線として、より一層の専門的スキルが必要とされている中で、従前とは異なるオペレーターへの待遇、教育が求められている。

デザイナーの想い

セキュリティのため外に閉じることの多い従前のコールセンターとは異なる、社員を大切にした施設を作りたいとの顧客の想いと、敷地の持つポテンシャルを最大限に表現した、外に大きく開く今までにないオフィス空間を実現できたのではと考えている。

企画・開発の意義

業務によるストレスなどから離職率が高い従前の一般的なコールセンターの状況から脱却するため、社員の教育環境の充実と、リフレッシュ空間の快適性向上による、正のスパイラル(離職率の低下とサービスの向上、クライアントの満足度向上)の実現を目指した。

創意工夫

14.4m×10.8mのオペレーションルームを10単位並列にレイアウトし、諸企業からの要望にこたえられるフレキシビリティを確保した。ここで働く500人を超えるオペレーターの執務環境を重視し、外光の取り入れ方や天井高さ、色彩計画、空調設備などに細心の配慮を払っている。 オペレーションルームに隣接して、長さ108mのコミュニケーションスペースを配置。コミュニケーションスペースからは蔵王連峰を望むほか、吹抜やテラスなどの快適性とコミュニケーションを向上する仕掛けが施されている。さらにオペレータの教育の場である研修室や、明るく広々とした食堂など、彼らの快適性や教育環境の充実に配慮した。

仕様

用途:事務所 敷地面積:29,485.85㎡ 延床面積:4,904.89㎡ 鉄骨造 地上2階建て 最高高さ:9.94m

どこで購入できるか、
どこで見られるか

山形県山形市みはらしの丘2-36

審査委員の評価

「やまがたワークプレイス」は、雄大な景色にシンプルに対応したデザインが印象的なオフィスプロジェクトです。外観についてはやや素っ気ない印象はあるものの、コールセンターというストレスの多い業務形態に対して、好立地を存分に生かし、豊かな生活空間をデザインしている点が高く評価できます。地方に立地することで環境の良いオフィススペースを実現した事例として、今後参照されるべきデザインだと思います。

担当審査委員| 千葉 学   五十嵐 太郎   石川 初   日野 雅司   山梨 知彦  

ページトップへ