GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
商業施設 [la kagu]
事業主体名
株式会社サザビーリーグ+株式会社新潮社
分類
公共用の建築・施設
受賞企業
株式会社新潮社 (東京都)
株式会社サザビーリーグ (東京都)
株式会社隈研吾建築都市設計事務所 (東京都)
清水建設株式会社 (東京都)
株式会社シー.エイティ (東京都)
一級建築士事務所71 (東京都)
受賞番号
15G100944
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

1969年に建てられた本の倉庫を改修し、商業施設「la kagu」としてリノベーションした。神楽坂駅から倉庫までの敷地の高低差をトポロジカルなウッドデッキ大階段でつなげ、長い年月切れていた街と倉庫とをつなげた。倉庫部分は、建設当時の特徴でもある繊細なトラス材で構成される倉庫の構造美、機能美を活かし、大屋根の大空間のなかに、カフェやアパレル、レクチャースペースなどいくつかの機能が共存する空間構成とした。既存倉庫のもつ時間を重ねた雰囲気と、神楽坂特有の傾斜地形など、その場所の持つポテンシャルを最大限に活かしたリノベーションを行った。

プロデューサー

株式会社新潮社+株式会社サザビーリーグ

ディレクター

東京大学 隈研吾

デザイナー

隈研吾建築都市設計事務所 横尾実、斉川拓未+清水建設株式会社 設計本部 古株友徳+株式会社シー.エイティ 吉田博明、安武信頼+一級建築士事務所71 浜田隆弘

詳細情報

http://www.lakagu.com/

利用開始
2014年10月10日
販売地域

日本国内向け

設置場所

東京都新宿区矢来町67番地

仕様

延床面積 962.45㎡、地上2階、鉄骨造

受賞対象の詳細

背景

改修前の倉庫は約45年前に新潮社が建てた本の倉庫であったが、時代とともに流通システムも変わり、倉庫としての役目を終えていた。その有効活用を探っていた中、日本人へ半歩先のライフスタイルを提案し、現在30以上の国内外ブランドを展開するサザビーリーグと協力し、商業施設を計画するに至った。

デザインコンセプト

街とつなげ街にひらく

企画・開発の意義

敷地は飯田橋からつづく神楽坂の街の端部にあたる神楽坂駅前である。駅前から倉庫までをトポロジカルにつなぐウッドデッキの大階段は、神楽坂に多くみられる路地空間に対し、広場的空間を街に創出した。大階段には街ゆく人々が思い思いに留まり、賑わいある人の流れ誘発し、神楽坂の街に新しい活気を与えている。

創意工夫

有機的なウッドデッキ大階段形状は、切土盛土の高さを一定範囲内で制限し、かつ歩道の勾配とすべての段を摺りつかせた、必然の形状として生み出された。建物へとつながる大階段は、2階へも分岐し、あたかも地面から隆起して、大地が空に浮いて建築へとつながっていくデザインとし、大地としての象徴性を獲得した。 倉庫部の改修については、既存の倉庫がもつ雰囲気の良さをそのまま活かすため、各種法的遡及条件を慎重に整理し、改修案を計画した。1階外周部は既存の構造ブレース材を残したまま開口部を設置。また、エレベーター、トイレなど、今回新設するコア部は、大屋根アーチの下にシンプルな箱が独立した建屋内建屋形式とし、構造美を活かしたデザインとしている。既存の屋根トラスは大小9種類の繊細なパイプ材で構成されているが、補強部分も同種の部材を用い、仕口形状も工夫することで、構造美を損なわないよう配慮した。

デザイナーの想い

今回の商業施設のコンセプトは「REVALUE」。流行に流されず、昔からあるもの、これからも大切にしたものに価値観を見出す、大人のライフスタイルを提案する店づくりであった。リノベーションにおいても、古い倉庫がもつ価値を最大限に引き出す計画とした。ウッドデッキ大階段に生える3本の大木は長年で人目に触れなかった樹木である。多くの人々がこの木陰のもとに集うシーンに今回コンセプトの実現を垣間見れた。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

東京都新宿区矢来町67番地
la kagu

ページトップへ