GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
賃貸住宅 [オルバ]
事業主体名
株式会社エムジー企画
分類
住宅・住空間
受賞企業
株式会社エムジー企画 (福岡県)
株式会社プロトハウス事務局 (福岡県)
受賞番号
15G090919
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

郊外の耕作放棄地や荒れ地を森に変え、そこにオーガニックな考え方で賃貸住宅を建てて住人を募り、新しいコミュニティを創ろうというコミュニティデザインのプロジェクトです。魅力的な人が集まって暮らすことで、魅力的な場となり、人を集めることで、地域活性化にも繋がればと願っています。

プロデューサー

プロトハウス事務局 桑原あきら

ディレクター

プロトハウス事務局 桑原あきら

デザイナー

環アソシエイツ・高岸設計室 高岸博之 アトリエ木々 溝口朋子

高岸博之 溝口朋子

利用開始
2015年3月30日
販売地域

日本国内向け

設置場所

福岡県朝倉市大庭

仕様

木造2階建てメゾネットタイプ 72.02〜75.33m2 6戸

受賞対象の詳細

背景

賃貸住宅市場は収益性と効率化優先で画一的です。しかし何の魅力もない〝箱〟は空家率上昇と共に廃墟となるでしょう。そこで、環境保護とコミュニティ育成という視点で別次元の賃貸住宅を開発し、地域再生又は創成の新たな装置としたいと思いました。

デザインコンセプト

環境的には『森を創る町に暮らす』。建築的には『オーガニックライフを楽しむコミュニティ型賃貸住宅』です

企画・開発の意義

コミュニティデザインの視点で、魅力的な人が、もっと気軽に地域移住できたり、コミュニティづくりに参加できるような地域を活性化する装置を創りたいと考えました。その結果、地域再生や創成が推進できることを願っています。

創意工夫

多様な樹種を持つ小さな森と住居群をバランス良く配置した魅力的な全体イメージ。専用庭やパッシブソーラー型の土間玄関、無垢板の床によるエコ住宅デザイン。自然志向に応えていてしかもメンテナンスのない加圧注入木材を使った外壁。挨拶を促す邸内サインや地盤面と同レベルの高さに設けたウッドデッキによるコミュニケーションの誘発。水やり等の森の管理体制の確立。

デザイナーの想い

1Fは土間+LDK、2Fは可動間仕切りで1部屋にも2部屋にもなる広々居室とし、使い方を限定しない新しい間取りを提案。土間から専用庭を介して小さな森と繋がることでコミュニティづくりを推進したいと思います。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

福岡県朝倉市大庭
olva

審査委員の評価

耕作放棄地に人の手を入れるべく、庭を共有する賃貸住宅群を配置した開発。従来の宅地開発とは異なり、新しい住み手の暮らし自体が地域の活性化に寄与するようにという設計のコンセプトが評価できる。

担当審査委員| 古谷 誠章   篠原 聡子   中村 拓志   松村 秀一  

ページトップへ