GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
防災を意識した集合住宅のコミュニティ形成 [ウェリス稲毛]
事業主体名
NTT都市開発(株)、大和ハウス工業(株)、大成建設(株)、新日本建設(株)、三信住建(株)
分類
地域・コミュニティづくり/社会貢献活動
受賞企業
NTT都市開発株式会社 (東京都)
大和ハウス工業株式会社 (大阪府)
大成建設株式会社 (東京都)
新日本建設株式会社 (千葉県)
三信住建株式会社 (東京都)
受賞番号
15G090916
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

総面積3万7千㎡超、総戸数929戸の大規模マンション。東京都心と南房総の間に位置する稲毛に、人と人の「ゆるやかなつながり」を重視した、多世代交流を実現するコミュニティの創造を目指した。住民同士の偶然の出会い生みだす「セレンディピティ・ライフデザイン」をコンセプトとし、出会いや交流のきっかけが生まれるようなランドスケープと動線計画を基軸に据え、共用施設を配置した。また、防災を意識した様々なプログラムにより交流の「きっかけ」が生まれるような活動を支援。周辺地域とのつながりにも配慮し、万一の災害時には防災拠点となる体制を整えるなど、時代が求める新たなマンションコミュニティの形成に取り組んだ。

プロデューサー

エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社 取締役 住宅事業部長 北村明義

ディレクター

エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社 住宅事業部 統括マネージャー 大塚正/グローバル事業部 チーフマネジャー 木下徹

デザイナー

有限会社デザインショップまちや 代表取締役 来嶋洋介

有限会社デザインショップまちや 来嶋洋介

詳細情報

http://wellith.jp/inage/

利用開始
2015年3月
価格

2,800 ~ 6,500万円

販売地域

日本国内向け

設置場所

千葉県千葉市稲毛区稲毛東四丁目1291番1

仕様

集合住宅

受賞対象の詳細

背景

東日本大震災以降、人と人のつながりやコミュニティの大切さが見直されてきている。また、都市部における小家族化が問題視される中、新たなコミュニティのあり方が問われている。今この時代に大規模マンションを開発するにあたって何を重視するべきかを考えたとき、世代を超えて住民同士がゆるやかにつながり、多世代の交流が実現するコミュニティの創造を支援することが我々の使命だと考えた。

デザインコンセプト

多世代の住民がゆるやかにつながり、地域や自然ともつながる新しい発想のマンションコミュニティ形成支援。

企画・開発の意義

大規模マンションの共用施設があまり活用されず、また、ママ友同士・高齢者同士など限られた交流が主となるなど、理想的なコミュニティの形成は難しいのが実態となっている。ウェリス稲毛では、ハード(ランドスケープや施設)とソフト(コミュニティ活動)の両面から住民同士をつなぐ「きっかけ」づくりを支援することで、多世代が交流できるコミュニティの形成を目指し、きっかけさえあれば多世代交流が可能であることを示した。

創意工夫

きっかけを生みだす工夫を、ハードとソフトの両面から実践した。ハードとしては、敷地内に、収穫や栽培を楽しめるベジタブルガーデンや既存の森を生かしたフルーツガーデン、音楽会やパーティを行うTSUDOIハウス等の共用施設を配置。それらを有機的につなぐ動線計画とした。その動線の中央にピザ窯スペースを配し、あえて建物完成時にはピザ窯を作らず、住民も自らその製作を行うことで、交流のきっかけづくりを支援した。ソフト面ではコミュニティプログラム「はぐむクラブ」を管理組合の活動として導入。住民も製作に携わったピザ窯を利用したピザパーティや大人のための音楽会といった敷地内の活動だけでなく、近郊にある南房総の田んぼを借り上げ、田植えや除草・稲刈り等の農業自然体験を行うなど、多世代交流の様々なきっかけづくりを支援し、住民同士が自主的かつ持続的にコミュニティを運営できる活動母体の育成をサポートした。

デザイナーの想い

集合住宅におけるコミュニティ形成の難しさは、多様な住民が住み、一つに纏まらないことにある。ウェリス稲毛では、大きなコミュニティ形成を目指すのではなく、住民同士が食・ものづくり等の“世代を超えた共感を生み出す”様々な活動や体験・経験をする事で、沢山の小さなコミュニティがいろいろな場所で生まれる事を目指した。そのための施設計画に加え、自主的な活動を支援するための仕組みが大切であり、必要であると考えた。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

千葉県千葉市稲毛区稲毛東四丁目1291番1
公式HP
はぐむくらぶイベント

審査委員の評価

豊かな共用空間が内部空間と外部空間が連動して計画されており、効果的な活用が期待される。また、ハードだけでなく、ソフト面も提案されており、コミュティにおける初動の活動に大きく貢献するだろう。また、防災をコミュニティの契機としている点も的をえた提案をいえる。さらに、ピザ窯の作成やベジタブルガーデンなど、居住者が関わることで完成させていく、関与の余地をあえて残す手法も居住者の場所への愛着を育むうえで有効な手法といえだろう。

担当審査委員| 古谷 誠章   篠原 聡子   中村 拓志   松村 秀一  

ページトップへ