GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
集合住宅 [イニシア文京根津]
事業主体名
株式会社コスモスイニシア
分類
住宅・住空間
受賞企業
株式会社コスモスイニシア (東京都)
受賞番号
15G090893
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

【地域住民と路地の保存をテーマに協働し、取組を顕在化】根津には従来から、公道私道とは別に民間の土地の一部を生活動線の「路地」として活用し、下町の原風景と地域コミュニティがありました。近年の開発によりその路地が失われ、根津らしい街並み保存・木造密集地の災害時避難経路等の整備が課題としてありました。計画地内に残る路地を整備し、地元の根津宮永町会と協働し、“路地を再生する”をコンセプトとして、ワークショップを開催。課題の抽出と取組の意義を共有し、顕在化するために「路地協定」を締結しています。このエリアの開発において、取組の足跡を残し、一つの布石となることを目指したプロジェクトです。

プロデューサー

株式会社コスモスイニシア

ディレクター

(法)根津宮永町会+株式会社コスモスイニシア 商品企画部 商品企画課<一級建築士事務所>/建築部 二課

デザイナー

株式会社コスモスイニシア一級建築士事務所/コスモスデザイン+株式会社大興ネクスタ+大豊建設株式会社東京支店+パルシップ株式会社+株式会社 いろ葉Design

詳細情報

http://www.cigr.co.jp/pj/contents/

利用開始
2015年3月
販売地域

日本国内向け

設置場所

東京都文京区根津二丁目

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

【根津の街の原風景創造】【生活動線・防災動線としての路地の再生】【新旧住民の融和】

背景

【根津の街の魅力の喪失】【木造密集エリアの防災動線の確保】【新旧住民の交流コモン】根津の街の魅力は生活の場である路地歩きです。反面、木造密集地の防災面の改善の課題も併せ持っています。新旧住民の交流や街づくりにおける事業者・住民・行政との対話の場も少なく路地が喪失する開発も増えています。地域住民と双方協働で関係性づくりと街の価値を更新していく事が重要であると考えました。

デザイナーの想い

街並みや住まい環境をつくるのは「建築」であり、建物の周りには「地域」があります。その建物や使用者が、どう活かされるかはその地域の「人」であると考えます。事業者と地域住民との対話や顔の見える取組により、より良き住まい環境が創造できると考えます。新たな開発に際し地域の課題を解決し、地域資産を共につくる取組が必要です。今後も本プロジェクトの取組が様々な場での開発の一つの指標となることを期待します。

企画・開発の意義

【事業者と住民の協働による共通資産の創造とコミュニティ醸成】計画段階からワークショップ・町会に参加、プロダクツの開発・運営手法構築を連携。住産一体の開発として地域課題解決と永く愛される街の資産、そして新しい住民が地域コミュニティに融和しやすい土壌づくりを実現。【取組の顕在化と今後の展望】取組背景を「路地協定」という形に残し、地域連携の街づくりとして一つの布石になるプロジェクトを目指しました。

創意工夫

【地域住民・事業者との協同により路地の再生プログラムを始動】初期の開発段階から、根津商店街理事を訪ね、取り組みの主旨を説明し根津の建築作法やエリア特性を学ぶためのワークショップへの活動参加や根津宮永町会との路地再生のワークショップや寄合に参加し協議を重ね推進してきました。初期計画段階から共に取り組むことにより、デザインや新たな機能等を建物に反映することができました。【協定書の締結による取組の顕在化】根津宮永町会と当社の間で路地を街の資産として大切に使し、取組の背景を実績として残すために「路地協定」を締結しました。協定には根津らしい風情を次世代に継承するための意匠やメンテナンス性、維持管理を明確にした取り決めを定め、災害時の避難経路や情報発信の場となる機能の整備、住民が愛着を持ち、コミュニティが醸成することを目的とし、路地の愛称を付けるなど住民参加型で街づくりを推進する取組となりました。

仕様

鉄筋コンクリート造/地上8階建 敷地面積/789.88㎡ 延べ床面積/2895.74㎡ 総戸数/34戸

どこで購入できるか、
どこで見られるか

東京都文京区根津二丁目

審査委員の評価

戦前から続くまち景観の中でのマンション開発であるが、従前からのまち空間である路地を、周辺地域とどのように共有・継承していくかに注力した点が評価できる。

担当審査委員| 古谷 誠章   篠原 聡子   中村 拓志   松村 秀一  

ページトップへ