GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
住宅 [築100年を超える雨屋の改修]
事業主体名
石田公洋
分類
住宅・住空間
受賞企業
STUDIOPOH (栃木県)
石田公洋 (栃木県)
受賞番号
15G090815
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

この地を開拓した祖先が100年以上前に建築した養蚕のための雨屋。その記憶を残したいという建築主の想いを、住宅への転用という形で存続させようとした。そのため、現有の姿を維持しつつ、耐震性や居住性を現代の水準に高めようとした。近郊の村でつくられていた木型瓦は下地を補修し載せ直す。壁として積まれた地場の磯山石にはコンクリートを沿わせ補強。内部に基礎を設け、架構ごとに柱を挿入し、耐力壁受けとすると共に、屋根荷重を地盤に伝え、既存外壁に力がかからないようにし、耐震性を確保。高額な費用と特殊な技術を必要とする解体や移築を行わなくとも、古屋を再生する新しい構法の提案と、地域の記憶の継承を意図した建築である。

デザイナー

STUDIOPOH 星 裕之

写真:中川敦玲

詳細情報

http://www.poh.jp/projects/ish/ish.html

竣工
2012年10月
販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

栃木県真岡市

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

現有の姿を極力維持しながら、耐震性・居住性を確保したうえで、地場の大工・職人が施工可能な構法とする。

背景

地方の風景を形成している築100年を超える小屋。錆びた鉄板、風化した木材、くすんだ漆喰壁、艶が抜けた不揃いな瓦をまとい、時間を経ることでしか得られない特別な魅力をもっている。壁下部には、採掘が終わった地場の磯山石が積まれている。さらに、内部に入ると手鉋によって削られた変形丸太の三段梁が等間隔に並ぶ。現代の流通機構・大工技術では難しいもの。魅力を保持しつつ、住宅に転用し、動的保存を行おうという計画。

デザイナーの想い

古い建築のリノベーションが注目されている。熟練職人の手仕事や有機的な材料の経年変化が評価されていることは嬉しい。だが、装飾的に改修を行うのではなく、建築士として、耐震性・居住性を確保した上で、骨格のある空間を提案したい。近所の大工であっても施工が可能になる構法で、かつ経済的に改修を行いたい。そして、充分な性能をもった住居となることで、安心して長期間使用され、この地方の風景を守れたらと考えている。

企画・開発の意義

地場の材料を使用してつくられた古い小屋。地方では100年以上前のものも多々見られる。それらは現在では手に入りにくい本物の素材でつくられ、郷愁を誘いつつ、時を経て重みを増してきている。しかし、耐震上の不安を抱えたまま、納屋として使われていたり、放置されていたりするが、地方の歴史を刻み、景観を形成する大切な資産である。その資産を、地場の大工が施工可能な構法で住宅に転用する新たな手法を提案している。

創意工夫

経年変化による建物の傾きにとらわれず、架構端部から半間の位置に垂直に新たに柱を建て、新しく設置した内部基礎に屋根荷重を伝達させる。新柱間に耐震要素となる耐力壁を設置し、既存外壁は構造上の耐力を負担させずフリーな状態に。石積の壁には、アンカーを打ちこみ、コンクリート壁と一体化させ固定。外観には極力手を加えず、大工なら誰でも可能な構法で耐震性を確保した。既存外壁の開口部を活かし、出入口と風道に。不足する光量はトップライトで補う。壁・屋根・基礎上部にウレタン系断熱材を設置。ペアガラス仕様の木製建具、木枠網戸を挿入し、断熱・通風を確保。天井面にたまる温かい空気をカウンターアローファンによって床下に送り、簡易床暖房と気流循環も行い、居住性を確保している。内部仕上げは、ラワン合板に自然塗料やペンキ塗と少し荒い仕上げに。下屋・垂木・窓周りなど、腐食の激しい部分は、既存のイメージを守りつつ造り替えている。

仕様

室内床面積79.30㎡ 木造平屋建て

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ISH

審査委員の評価

伝統的な民家の改修にあたって、特別な工法やそれに伴う多額の費用を避けて、構造体を内側に設け、外壁を構造として期待しないという提案はシンプルながら画期的なものといえるだろう。それによって、成立している住居としてのプランニングも元々の雨屋の空間を生かしたものとなっている点も評価できる。築100年を超える建築の細部を生かすものと変えるものを丁寧に取捨選択している点もこうした建築を資源としていく上では重要なスタンスであろう。

担当審査委員| 古谷 誠章   篠原 聡子   中村 拓志   松村 秀一  

ページトップへ