GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
鉄鋼系軸組ブレース構法 [ユニバーサルフレーム・システム]
事業主体名
積水ハウス株式会社
分類
住宅用工法
受賞企業
積水ハウス株式会社 (大阪府)
受賞番号
15G090801
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ユニバーサルフレーム・システムは、C形鋼の軸組とH形鋼の梁で構成された軽量鉄骨軸組ブレース構法です。軸組を構成する構造柱は、様々なサイズのC形鋼を背中合わせに組み合わせ、地震に対する安全性を確保しつつ、大開口(最大5m+5mの計10m)や大空間(最大6m×6m)などの提案が可能です。また、通し柱が不要の梁勝ちシステムなので、各階の間取りを自由に設計できます。このシステムは発売以来、常に技術的な進化を続けており、2007年には特殊高減衰ゴムを使用したオリジナルの制震システム「シーカス」を採用。高い耐震性と設計自由度の両立によって、住まい手の生命と財産を守りながら、豊かで快適な暮らしを提供します。

プロデューサー

積水ハウス株式会社 開発部 鉄骨商品開発室、シャーメゾン商品開発室

ディレクター

積水ハウス株式会社 開発部 鉄骨商品開発室、シャーメゾン商品開発室

デザイナー

積水ハウス株式会社 開発部 鉄骨商品開発室、シャーメゾン商品開発室

詳細情報

http://www.sekisuihouse.co.jp/

発売
1961年7月
価格

58万円/坪〜

販売地域

日本国内向け

設置場所

沖縄を除く全国

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

施工がしやすく、かつ高い耐震性能と設計自由度を備え、最新技術を取り込み進化し続けられる柔軟な構法

背景

戦後の住宅不足を解消するという社会要請の中で、生活水準を底上げしつつ短工期で建てられるという目標を具現化する量産住宅システムとして、ユニバーサルフレーム・システムを開発しました。全県で住戸数が世帯数を上回り、住宅が「量から質へ」と転換する時代となった1973年以降は多様化するライフスタイルに対応すべく、最新技術を導入しながら時代に即した住宅性能を確保し、快適な暮らしを提供する為の開発を行いました。

デザイナーの想い

地震をはじめ様々な災害が発生する日本において、生命、財産を守る為の住まいづくりは欠かせません。そこで我々は、本来一品生産物の性格が強い住宅の構法をシステム化、工業製品化することで、高性能な住宅を量産、普及させ、同時に住生活レベルを向上させたいと考えました。また、変化し続ける生活要求や技術を柔軟に取り込みつつ、日本独自の快適性を継承することで、永く住まわれる社会資本の形成を目指しました。

企画・開発の意義

ユニバーサルフレーム・システムは先端の技術を常に搭載できるキャパシティの広いシステムであり、日々変化する生活にも柔軟に対応しながらも、住まいが本来必要とするいつまでも変わらない快適性という価値を、その耐震性能と耐久性、設計自由度によって提供できます。販売から50年を超え、スケルトンだけを残して再生する住宅の提供など良質なストックとなる事例もあり、持続可能な社会の形成にも寄与します。

創意工夫

ユニバーサルフレーム・システムは、通し柱が不要な梁勝ちのシステムの為、1階の間取りに関係なく、2階を自由に計画することができます。ユニバーサルデザインの観点から、住宅業界で初めてメーターモジュールを採用したシステムであり、手摺を設置しても車いすが通りやすいなど、ライフステージの変化に柔軟に対応することができます。また、耐久性を高める為に鉄骨には3重の防錆塗装を講じ、壁体内にも通気ルートを取る事で、鉄骨躯体の強度を確保しています。地震時には軸組の耐力壁を構成するブレースと制震システム「シーカス」が繰り返し起こる地震のエネルギーを吸収しながら建物の変形を抑えると共に、外壁には高層ビルにも採用されているロッキング構法を採用し、地震時の損傷や、もらい火による二次災害を防ぐ工夫を凝らすなど、永く住み続ける為のメンテナンス手間やコスト軽減にも配慮しています。

仕様

軽量鉄骨軸組ブレース構造、延床面積:20〜1000平米の平家から2階建までの鉄骨建築物、柱寸法:2C-60×40×10×3.2、□-75×75×3.2など計14種類、梁寸法:H-200×100×5.5×8など計5種類、片持ち梁の最大寸法:1.5m、梁の最大スパン:8m、トラスの最大スパン:10m、基礎:立ちあがり幅160mm・ベース幅520mmなどの鉄筋コンクリート造連続布基礎

どこで購入できるか、
どこで見られるか

積水ハウス株式会社 全国の住宅展示場、住まいの夢工場、住まいの参観日での構造現場
積水ハウスH.P内 商品ラインナップ
住宅展示場のご案内
積水ハウスH.P.内 住まいづくり体験ミュージアム 住まいの夢工場

審査委員の評価

地震動を熱に変えて、地震エネルギーを吸収する制振システムを採用し、型鋼の組み合わせにより実現する大開口、大スパンで、なおかつ床段差を生まないフレームシステムの、プランニングの自由度、対地震の安全性の両方を合わせて解決する点が評価された。

担当審査委員| 古谷 誠章   篠原 聡子   中村 拓志   松村 秀一  

ページトップへ