GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
保護めがね [3M™ セキュアフィット™ 保護めがね SF400シリーズ]
事業主体名
スリーエム ジャパン株式会社
分類
業務用装身具
受賞企業
スリーエム ジャパン株式会社 (東京都)
受賞番号
15G080752
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

3M™ セキュアフィット™ 保護めがね SF400シリーズは研磨、切削、グラインダー作業、屋外作業等の粉じんが発生する環境下で眼を保護するために着用する業務用めがねです。 めがねの柄の部分に3M独自の圧力分散技術を導入し、顔幅の広い狭いに関わらず快適なフィット感が得られます。 合わせて19グラムという業界トップクラスの軽量性を実現し、重量による不快感を軽減し長時間の着用に適したものになっております。 またスポーティーなデザインは従来の保護めがねとは一線を画したものになっています。

プロデューサー

3M ローラン・フロアサード、ソロモン・マリーニ

デザイナー

3M グレン・スタンレー

2016年3月
販売地域

日本国内向け

仕様

レンズ、柄の素材はポリカーボネート。ノーズパッド、柄のパッドの素材はTPE。重量19グラム。

受賞対象の詳細

背景

開発に先立ち、保護めがね選択においてユーザーが最も重要視するポイントを世界的に調査した結果、特に柄部分の耳上への締め付けの強さが着用感・安全性に大きな影響を及ぼしているという結論に達しました。 顔幅に合わない不快な状態で保護めがねを使用いているユーザーに対して、快適なフィット感と同時に安全性を提供することを目的に製品を開発をスタートしました。

デザインコンセプト

顔幅の広い狭いに関わらず快適なフィット感・安全性が得られ、且つデザイン性の高い保護めがね。

企画・開発の意義

保護めがねは自分にあったサイズの選択や、柄の長さをはじめとしたパーツの調整などに手間をかけてやっと自分に合うものが見つかるという状況でした。調整を伴わず、ただかけただけで感じられる快適性・安全性をより多くのユーザーに提供すべく開発しました。 不快感に伴いめがねを外してしまい事故にあうことがないように、長時間かけても疲れづらい製品設計にして常にかけてもらう習慣づけに寄与することを望んでいます。

創意工夫

3M独自の圧力分散技術を導入し、柄の部分の柔軟性を確保しました。柄の長さ、厚さ、角度を最適化してこめかみが動いたときの曲げねじれにしっかりと追従し、一定範囲内の圧力を維持できるように設計しております。それによって顔幅の広い狭いに左右されない快適性、安全性を同時に実現しました。 長時間かけても疲れづらく、つけていることを忘れるような製品にするべく軽量性にもこだわり、業界トップクラスの19グラムという重量を実現しました。 鼻の高さの違いに対応するために柔らかく角度調整可能なノーズパッドを搭載、また耳上の接触部分に柔らかいパイピングパッドを配して、保護めがねがずれづらく、滑り落ちない作りにしております。 デザイン性にもこだわっており、3本のパイピングラインを柄の外側に入れることで、旧来の保護めがねにないスポーティーなデザインに仕上げています。

デザイナーの想い

往々にして保護めがねの着用は不快感がともなうものであり、未着用、誤った使用方法によって粉じんによる眼の事故が起こるケースが後をたたない状況です。 この製品により着用者の不快感を取り払い、しっかりと着用習慣をつけてもらうことにより眼の事故を減らすことを目的として開発を進めました。 また保護めがねにスポーティーなデザインを付与することで使う喜びを感じてもらいたいという想いもあります。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

3Mオンラインストア他
3Mオンラインストア

審査委員の評価

作業者が持つ保護めがねに対する一般的なイメージは比較的ネガティブなものが多く,装備を嫌がられる場合があるため,保護めがねに対するイメージを一新させるデザイン性により,使用者のユーザエクスペリエンスを向上させることが期待される製品として高く評価できます.野球やゴルフなどのスポーツ界でしばしば用いられている曲面グラスを用いた流線形状のサングラスと同様に,当該製品の形状が持つイメージはそのままスポーツサングラスに用いても違和感がないといえるでしょう.製品として備えるべき安全性,堅牢性,軽量性を確保しながら外見の良さを高めたことで,作業時に喜んで使用していただけると期待されます.

担当審査委員| 橋田 規子   加藤 麻樹   重野 貴   寺田 尚樹   樋口 孝之  

ページトップへ