GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
屋根材 [クローザーZ 300・420・550 TYPE-S, TYPE-R, TYPE-K]
事業主体名
株式会社川上板金工業所
分類
住宅設備
受賞企業
株式会社川上板金工業所 (香川県)
受賞番号
15G050559
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

住宅・コンビニ・事務所や小規模工場など、中小建造物用に開発した金属製屋根材。その特徴は、大型台風や大地震などの自然災害に強く、災害時には屋根への軽減及び建物への減災を目標に開発いたしました。一台の成型機から働き幅300・420・550と3種類の屋根材が成型でき、さらに300mm〜550mmまで可変式でランダムに成型できるため、日本に存在するほとんどの縦葺き屋根の改修ではなく“再強化”ができるのが最大の特徴です。オプションのクローザーライトも2種類対応し、昼間の節電により二酸化炭素の削減にも貢献します。新規性と先進性に加え、経済性と環境性にも配慮した他に類のない革新的な屋根材です。

プロデューサー

株式会社川上板金工業所 代表取締役 川上正城

ディレクター

株式会社川上板金工業所 専務取締役 川上真紀夫

デザイナー

株式会社川上板金工業所 技術顧問 川上進

代表取締役 川上正城

詳細情報

http://www.kawakamibankin.co.jp

発売
2015年4月1日
価格

2,200 ~ 6,000円 (屋根材 ㎡当たりの鋼板成型品のみの材料価格です。(厚さ・材質・裏貼り材によって価格は変わります。運賃はご相談ください))

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

クローザールーフの強さとデザインを「継承」し、新たな機能に豊富なアイテムを追加した「革新的」な屋根

背景

地球温暖化のせいかどうかは定かではないが、近年大型で強い台風がしばしば発生し、我が国に多くの被害をもたらしている。さらに東日本大震災のような大地震も増えています。このように環境や気象状況が大きく変動している中、自然災害に強い屋根の研究を始めた。また今後増えていく老朽化した金属製の縦葺き屋根を、1台の成型機で10種類以上のカバー工法により、改修ではなく“再強化”させる事を最重要課題として取り上げた。

デザイナーの想い

当社が創意と技術を尽くし乗り越え進化させた屋根材は、今後発生の恐れのある大地震や大型化している台風災害の減災と低減に加え、建物を再利用する時代の中で、屋根を“再強化”し地域産業の再活性化へと繋げるデザインを、未来に向けて発信します。さらに自然と環境との共生というような、革新的なアイテムを加えたことで、温暖化防止などの環境問題を緩和させ、利用者・生活者あるいは地域社会に貢献いたします。

企画・開発の意義

デザインコンセプトを「継承と革新」として開発。クローザールーフの特徴でもある強さに加え、リブとラインのデザインを再強化。側面と底面のさざ波をより強く見せることで、小さいながらでも強さを強調。ルーフデザインをダイナミックなフォルムデザインへと進化させることで、革新的なデザインとなった。クローザーZは、大地に夢のルーフラインを描き、人々の働きの場と暮らしの空間をシェルターとして、人と社会を守ります。

創意工夫

一般的な折板屋根は、工場や倉庫など飾り気の無い建物に用いられることが多いため、デザイン性よりも機能性に重点を置いて作られる傾向にある。ユーザー需要を喚起するには、機能的な形状が与える印象を強調しつつ、デザイン性を加えてゆくことが求められる。クローザーZの進化による“深化”は、斜面のリブとラインを斜め上方にしなるような“弓状”に構成することで、形状全体を弾性のある印象を与えながら、使用状態において、山部に丸み帯びた印象を与え、屋根として立体的で重厚な印象を与えようとした。その結果、リブから下の下片に太陽光が照りにくく陰影が強調されて、立体的で重厚な印象が創り出され、小さい形状でありながらもダイナミックなルーフデザインを形成させた。3種類のアイテムには、それぞれに特徴を持たせた。300は強度とデザイン性、420は施工性と耐火性、550は経済性、各々個性と共にパフォーマンスも豊かだ。

仕様

ハゼ式嵌合型折板。材質は、ガルバリウム鋼板・塗装溶融55%Al-Zn合金めっき鋼板など。本体の寸法は高さ88mm・働き幅300〜550mm可変式・厚さ0.5〜0.8mm。屋根1mあたりの荷重は、最小2.06〜最大4.94kg。長さは、1m〜50mとして、16mを超えると現場成型となります。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

株式会社川上板金工業所 まんのう工場
クローザーZ

審査委員の評価

台風や突然の突風で屋根が吹き飛ばされる。この国の自然災害に強い屋根、屋根材の研究開発から生まれた優れものである。とくに老朽化した従来の倉庫や工場の金属製屋根を、リニューアル(最強化)するにおいて優れている。すでに過去に評価を受けた屋根材であるが、年々その機能、精度、ダイナミックな意匠など、信頼に向けた進化を続けている。機能を突き詰めれば「美しくなる」という理論を、休まず実践している点を評価したい。

担当審査委員| 五十嵐 久枝   鈴野 浩一   長町 志穂   服部 滋樹   山田 晃三  

ページトップへ