GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ロールスクリーン [ボックスロール]
事業主体名
株式会社SHY
分類
住宅設備
受賞企業
株式会社SHY (三重県)
受賞番号
15G050476
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

Box Rollは、シンプルでコンパクトな収納型電動ロールスクリーンである。 ロールスクリーンがボックスと一体化。ボックス内にある両端のパイプの支えが上下に可動し、ボックス自体がロールスクリーン本体の下部を常に支えているため、たわみを防ぐ。幅4mの大型でも小さいパイプでコンパクトに設置可能。ボックスの下から施工ができるので、狭い場所でも簡単に取付が可能。生地をボックス内に収納することで、ホコリ等による生地の汚れ、パイプのたわみによるシワ、落下の防止が可能。内装工事の前に取付ができ、大型の搬入にも早期に対応可能である。 従来のロールスクリーンの不可能を可能にした製品である。

プロデューサー

株式会社SHY 林口 典雄

ディレクター

株式会社SHY 林口 典雄

デザイナー

株式会社SHY 北村 吉隆

発売予定
2015年10月
販売地域

国内・海外共通仕様

仕様

カーテンボックスに取り付けることで、ロールスクリーン本体が天井内に隠れる仕様。室内からは、スクリーンが昇降するスリットのみが見える。ホコリ、汚れがつきにくいのが利点。

受賞対象の詳細

背景

機能面、安全面、デザイン面、それぞれの面で従来のロールスクリーンの不可能を可能にすることで、より幅広い市場開拓へ貢献し、お客様のニーズに応えられるようBox Rollの開発を行った。

デザインコンセプト

大型ロールスクリーンをコンパクトに設置。簡単に取付・交換。安全性向上。空間デザインを邪魔しない。

企画・開発の意義

一般的な電動ロールスクリーンは、設置場所を専用に作る必要がある、大型になると自重によるローラーパイプへの負担、施工の難しさ、落下の危険性が生じる、スクリーンの汚れがつきやすい等問題が多くある。Box Rollは、製品自体にボックスがあり、カーテンボックスのような場所にはめ込むだけで設置可能。また、ロールスクリーン本体の下部に支えを設けることで、ローラーパイプへの負担軽減と落下防止の効果を持たせた。

創意工夫

大型の電動ロールスクリーンを製造する際は、ローラーパイプ径を大きくする必要があるが、Box Rollは大型サイズでもローラーパイプ径をコンパクトにできるよう、ローラーパイプの保持部分を改良している。この改良点は落下防止にも繋がり、安全性を高める。また、生地部分の露出が少ないため、ホコリ等による汚れやスクリーンのシワも少ない。そのため、メンテナンス面での手間、労力も少ない。何よりも室内からは天井にスリット穴があるようにしか見えない仕様であるため、空間デザインの邪魔にならず、デザイン性を求める空間で活躍する。

デザイナーの想い

電動ロールスクリーンに対する既成概念により、お客様が導入を躊躇されることが残念で、Box Rollの開発に携わった。機能面、安全面、デザイン面、それぞれの面で従来のロールスクリーンの不可能を可能にする製品をとの思いで本製品をデザインした。

審査委員の評価

従来は天井のノイズであった大型ロールスクリーンを、工夫を凝らした機能的なBOXにおさめることで、大型スクリーンを必要とする様々な空間の美的価値を高めている。静かになった点も評価できる。カーテンBOXを利用することで、窓面全体を美しい映像で満たすことが可能になるので、今後のインテリアデザインに大きく貢献することを期待したい。

担当審査委員| 五十嵐 久枝   鈴野 浩一   長町 志穂   服部 滋樹   山田 晃三  

ページトップへ