GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
椅子 [エノッツ ミニマルチェア]
事業主体名
岩谷マテリアル株式会社
分類
生活家具/家庭用照明器具
受賞企業
岩谷マテリアル株式会社 (東京都)
受賞番号
15G050462
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

コンパクトで日本のあらゆる生活空間にフィットする樹脂製チェアです。小さいながら、安定した座り心地を実現しました。背もたれのカーブが腰の低い位置をしっかりとホールドするので、疲れにくく、小さい座面を感じさせません。座面の高さは座りやすい約40cm。日本人の体型や、くつを脱ぐ日本の習慣にちょうど良い高さです。 重さは2.1kg。片手で持ち運びできる軽さなので移動も取り扱いも楽々。気軽に出したりしまったり、置き場所の移動もラクにできます。また、スタッキングできるので収納場所をとりません。 通常の椅子の使い方のほか、ストック椅子としてパーティーなど来客人数が増えた時にも重宝します。

プロデューサー

岩谷マテリアル株式会社 ホームプロダクツ本部 和久井一郎

ディレクター

アッシュコンセプト株式会社 名児耶秀美

デザイナー

橋田規子

詳細情報

http://www.koncent.jp/?pid=88845966

発売
2015年4月
価格

8,000円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

様々なシーンで活躍する、取り回しのよい樹脂製椅子。コンパクトでも安定した座り心地を実現しました。

背景

樹脂椅子は海外品を皮切りに近年人気となっています。ただ、その多くについて、サイズが大きい、靴を脱ぐと座面が高く座りにくい、という意見がありました。本製品は、日本人が様々な生活シーンで活用できる、コンパクトで扱いやすい樹脂椅子が必要と考え、開発されました。2011年に発売したバスチェアの開発時に追求した「人が安定して座れるミニマムな座面面積と背もたれの高さ」を活かしてデザインされました。

デザイナーの想い

椅子としての佇まいをキープしながら、コンパクト性と着座時の安定性を確保しました。この椅子は生活のちょっとしたところで体と心をサポートしてくれる存在になればと考えました。玄関の靴履きや洗面所のドライヤーかけ、キッチン作業など、身体の負担の軽減などはもちろんですが、窓辺や庭先など、今まで置いていなかった場所に座る場を作ることで、新しい風景をつくったり、眺めたりなど、心を癒すという事もできると思います。

企画・開発の意義

本製品は、日本人の体型に合って、かつ様々な生活シーンで活用できる、コンパクトで扱いやすい樹脂椅子です。玄関や洗面所、キッチンなど狭いけど座りたいという時に重宝します。また、樹脂製なのでガーデンチェアとしても使えます。近年、集会やパーティなどスポット的に椅子が複数必要な機会が多くなっていますが、この椅子は一つのテーブルにより多くの人が座れ、かつ、スタッキングできてコンパクトに収納することができます。

創意工夫

従来の樹脂椅子には無い、コンパクト性を確保するために、座面面積と座面高さ、背もたれについて工夫しています。座面はミニマムでも安心して座れる座面面積で、座骨結節の幅+αの幅寸法があればしっかり座ることができることを割出しました。また、座面高さは靴を脱ぐ日本人に対応して低めに設定し、脚がしっかり床につくようにしました。背もたれはコンパクト性を確保しつつ、より安定した姿勢を保つために、腰背面をホールドする低めの背もたれとしました。背もたれは小さくても存在することで、椅子らしさを感じさせ空間を演出してくれます。また、全体の軽やかなデザインのために脚や座面厚みをスリムにしています。これには樹脂の強度を上げることで対応しました。

仕様

幅36×奥行き33×高さ56cm 座面高さ40.5cm 2.1kg

どこで購入できるか、
どこで見られるか

KONCENT SHOP(蔵前、湘南T-SITE、JR国立駅、WEBショップ)、Rooms大正堂
KONCENT WEB SHOP

審査委員の評価

便利に使えそうなコンパクトチェア。樹脂製の椅子は軽くて魅力的だが、海外製品はシート高が日本の女性に合わず高く足が浮いてしまうことが多い。その問題点を考慮し日本人の体型に合わせたサイズデザイン。そして狭いスペースにも置くことができるコンパクトさは日本の住空間では活用範囲が広がる。軽量でスタッキング性能が高く、予備の椅子としてキープ活用も考えられる。狭い空間が多い日本で重宝されるデザイン。

担当審査委員| 五十嵐 久枝   鈴野 浩一   長町 志穂   服部 滋樹   山田 晃三  

ページトップへ