GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
ハイレゾ対応ミュージックプレーヤー [ウォークマン® NW-ZX2]
事業主体名
ソニー株式会社
分類
音響・映像機器
受賞企業
ソニー株式会社 (東京都)
受賞番号
15G040381
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ウォークマン®NW-ZX2は、CDを超える高精細なハイレゾ音源の魅力を最大限に生かせる、フルデジタルアンプを搭載したポータブルミュージックプレーヤーです。高音質の実現に必要不可欠なアンプブロックの形状をそのまま生かしたフォルムや、やわらかく安定した音質に寄与する丸みを帯びた切削アルミフレーム、堅牢性と音質を高める分厚い真鍮素材のヘッドホンジャック部など、高音質に仕上げるための必然性から生まれるデザインを追求。上質な音を求める人の欲求を満たす、ウォークマンのフラッグシップモデルです。

プロデューサー

ソニー株式会社 V&S事業部

ディレクター

ソニー株式会社 クリエイティブセンター 詫摩智朗

デザイナー

ソニー株式会社 クリエイティブセンター 矢代昇吾

詳細情報

http://www.sony.jp/walkman/products/NW-ZX2/

発売
2015年2月14日
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

高音質を追求することで導き出される必然の形と、プロフェッショナルも期待する信頼感と堅牢感の実現。

背景

MP3やAACなどの圧縮音源によるカジュアルな音楽視聴が一般的な中で、一部のユーザーの音楽鑑賞用途に限られていたCDを超える高精細なハイレゾ音源。大容量な高解像データが配信可能となった今、訴求効果の甲斐もあり認知度が高まってきました。このハイレゾ音源による感動体験を、より多くの人にお届けするために、その価値を最大限に表現する音楽プレーヤーのありかたを追求しました。

デザイナーの想い

音楽専用プレーヤーならではの体験価値をどこまで高められるかということを考え、高音質モバイル機器のあるべき姿を追求しました。スマートフォンなどでも気軽に音楽が聴けるようになり、圧縮音源に慣れてしまいましたが、高音質でなければ得られない感動体験は必ずあります。質の高い音楽を求める純粋な欲求に応えられる商品を提供すべきだと考えました。

企画・開発の意義

圧縮音源による音楽鑑賞は手軽である一方で、コンサートやライブ会場で聴くような原音に近い臨場感までは再現できません。圧縮音源では満たすことのできない、音に対する人々の根源的な欲求に応えるため、ハイレゾ音源の魅力を最大限に引き出すプレーヤーが必要だと考えました。長年のオーディオ技術の蓄積があるソニーだからこそ実現できる音質で、高純度な音楽体験の価値を多くの人に伝えたいと考えています。

創意工夫

必然性と信頼感・堅牢感にこだわりました。背面下部が隆起したフォルムは、高音質のためのパーツを集約・最適化して生まれたアンプブロックの形状をそのまま生かし、高音質の象徴とすると同時に、持ったときの指がかりとしても機能させています。両側面の膨らみは、アルミフレームを肉厚に加工し剛性を高めたもの。アルミフレームと銅板のハイブリッドシャーシは、高剛性と高音質を両立させるため。ヘッドホンジャック部に真鍮を採用したのは、高音質を実現するOFCケーブルにも対応する堅牢性を確保するため。背面の革シボ加工は、デジタル一眼カメラのグリップにも採用されている加工技術を施しホールド感を向上。操作ボタンの筐体との段差は、触っただけで位置がわかるようにする工夫であるとともに、万が一机などにぶつけてもボタンが破損しにくくしています。金色のウォークマンロゴは、高音質に寄与する銅版が内部に使用されていることの表現です。

仕様

W6.51 x H13.1 x D1.85cm、重量0.23kg

どこで購入できるか、
どこで見られるか

Sony Design "Negative Space" デザインが生まれるまでのストーリー

審査委員の評価

圧縮音源の再生に慣れてしまった我々だが、この装置の原音に近いハイレゾ音源の素晴らしさを審査によって体感した。音だけではなく、ずしっとくる重量感は剛性によって、音質を安定させるものだと直感で分かる。ブラインドタッチ化されたスイッチのクールなアイコン、レザーシボ、切削アルミの質感、剛性感のあるジャック、アーティスティックなクレードルすべてが高品位で上質なハイレゾの世界を演出している。日本が牽引するハイレゾコンテンツの普及に期待を馳せたい。

担当審査委員| ムラタ・チアキ   林 信行   みやけ かずしげ   宮崎 光弘  

ページトップへ