GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
ネットワークカメラ [Panasonic WV-SFV481]
事業主体名
パナソニック株式会社
分類
業務用情報機器
受賞企業
パナソニック株式会社 (大阪府)
受賞番号
15G040376
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

超広角魚眼レンズで360度全方位を撮影できる監視カメラ。●最大で4Kを超える9メガピクセル(2992×2992)の画像を生成し、画面のすみずみまで鮮明な映像を提供。●店舗や地下駐車場において、少ない設置台数で広範囲をカバーできるほか、従来機より離れた場所にも設置することが可能。●顔認証や通過人数カウントのインテリジェンス機能を拡張して、来客者の属性や行動解析が可能。●耐衝撃性と防水性を備え、屋外の厳しい環境にも対応。

プロデューサー

パナソニック システムネットワークス株式会社 セキュリティシステム事業部 事業部長 島田伊三男

ディレクター

パナソニック株式会社 AVCネットワークス社 デザインセンター 束原崇

デザイナー

パナソニック株式会社 AVCネットワークス社 デザインセンター 鹿取丈人

詳細情報

http://panasonic.biz/security/camera/ipro_hd/sfv481_sfn480/

発売
2015年2月
販売地域

国内・海外共通仕様

仕様

●寸法:最大径154mm/ドーム径70mm/高さ60.5mm●質量:約860g●材質:アルミダイカスト(本体)/ポリカーボネート樹脂(ドームカバー)●カメラ:約1,240 万画素●レンズ画角:水平180°/垂直180°●消費電力:約10.9W

受賞対象の詳細

背景

●2年前に初めて発売した全方位カメラ(3メガピクセル)の運用現場から、より細部を目視確認したいという要望を基に企画・開発。●夜間の画質や紙幣の区別、PC(サーバー)への画像処理負荷を軽減するなど、より幅広い運用シーンに必要な仕様が顕在化。

デザインコンセプト

「スマート&アーキ」安心安全・空間調和セキュリティカメラ

企画・開発の意義

●複数台のカメラが必要だった環境でも、高解像度化によって1台で対応可能にする事で、設置施工や膨大な映像管理の手間と運用コストを削減。●高解像度化は、監視エリアから離れた高い天井などへも設置を可能とし、さらに顔認識による属性調査や動線調査などのインテリジェンス機能の精度向上にもつながり、監視用途以外に店舗の売り場設計にも役立てられる。

創意工夫

環境に調和させる為に設置面からの突出感を抑える浅い円錐フォルムを採用。黑く目立つ光学部を最小化し、本体色を陰影の生じにくいマット仕上げにする事で、設置空間での視覚的ノイズ低減に努めた。

デザイナーの想い

監視カメラの設置目的が、従来の事故記録から安心安全の空間づくりや効率的な経営支援ツールへと用途が拡大。製品の性格と設置空間でのありかたを再考し、威圧感や存在感、また装飾的な色や造形を排したミニマルな外観を提案した。

審査委員の評価

超広角魚眼レンズがカバーする360度の視野と4Kを超える解像度によって、証拠としての認識に値するレベルの有用性を引き出している。魚眼画像を見やすく切り出し4台のモニターに別々に映す、動体認知での人のカウント、画像の引き算による消失物の検知、人のプライバシーを守るシルエット加工など様々な用途に対応できる機能を備えていて、安全な社会づくりに大きく寄与するシステムとなっていることが高く評価された。外装は環境との調和を考えたシンプルでノーブルなデザインとなっていて、壁、天井いずれの空間にも設置可能となっている。

担当審査委員| ムラタ・チアキ   林 信行   みやけ かずしげ   宮崎 光弘  

ページトップへ