GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
一眼レフカメラ用交換レンズ [EF11-24mm F4L USM]
事業主体名
キヤノン株式会社
分類
情報家電/公共用情報機器
受賞企業
キヤノン株式会社 (東京都)
受賞番号
15G040325
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

世界最広角*11mmの撮影を実現した超広角ズームレンズ。 研削非球面レンズを含む4枚の非球面レンズの効果的な配置により、広角レンズで発生しやすい歪曲収差を抑え、画面の隅々まで歪みを抑えた描写を実現した。直線は直線として真っ直ぐに、奥行きはより深くダイナミックに表現することができる。今までにない広い画角、強い遠近感、被写体に肉薄する表現力で独創的な世界を創造することができる。( *魚眼レンズを除く、一眼レフ/ミラーレスカメラ用交換レンズとして)

プロデューサー

キヤノン株式会社 専務取締役 イメージコミュニケーション事業本部⻑ 眞榮田雅也

ディレクター

キヤノン株式会社 総合デザインセンター 所長 石川慶文

デザイナー

キヤノン株式会社 総合デザインセンター 宮原和彦

詳細情報

http://cweb.canon.jp/ef/lineup/wide-zoom/ef11-24-f4l-usm/index.html

発売
2015年2月
価格

450,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

仕様

最大径×長さ:φ108.0mm×132.0mm 質量:約1,180g

受賞対象の詳細

背景

新たな顧客価値を創造するべく、世界初となる11mmスタートのズームレンズを企画・開発した。 プロフェッショナルユーザーのニーズを満たす高画質を達成するとともに、「世界最広角のレンズでこそ撮れる新しい写真・映像表現」を実現し、EFレンズ及びEOSシステムの表現の可能性を拡げることを狙った。

デザインコンセプト

一目で超広角ズームレンズとわかるデザイン、操作性の重視、高級感のある造形処理

企画・開発の意義

世界最広角となる11mmからの高画質な広角撮影を可能にすることにより、今まで撮影が不可能だった超広角における新しい領域の映像表現を可能にする。プロフォトグラファーの創造意欲を掻き立て、新たな写真文化の発展に貢献する。

創意工夫

一目で超広角ズームレンズとわかるデザインとするため、前方の大口径レンズ部からマウント部に向かって形状を絞り込み、世界最大口径のレンズ(外径Φ87mm)を搭載していることを強調したプロポーションとした。その全体形状と、フォーカスリング・ズームリング・スライドスイッチの各々の操作性が最適なバランスとなるように、各操作部の形状と配置、レンズ自体のホールド感を追及し、快適に撮影できるユーザビリティーの実現を目指した。また、レンズ一体型のフードは、フレアやゴーストを抑制すると共に、落下などの衝撃から大口径レンズを保護する役割も担う。最高水準の性能を追求したプロフォトグラファー向けのレンズに相応しい高級感を表現するため、レンズ全体に黒のレザートーン塗装を施した。

デザイナーの想い

世界最広角となる11mmスタートの超広角ズームレンズであることが一目でわかるデザインを目指しました。多くのプロフォトグラファーに使用していただき「世界最広角のレンズでこそ撮れる新しい写真・映像表現」が生み出されることを楽しみにしています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

キヤノンオンラインショップ キヤノンプラザS(品川)、キヤノンデジタルハウス銀座・名古屋・梅田
キヤノンオンラインショップ
キヤノンプラザS(品川)、キヤノンデジタルハウス銀座・名古屋・梅田
EF11-24mm F4L USM 特長紹介

審査委員の評価

人間の視界のほとんどをワンショットで収める世界最広角11mmズームレンズで、これまで見たことがなかった写真の世界を切り開いた。その特徴を際立たせるレンズ部からマウント部に向かって絞り込まれた形状と黒のレザートーン塗装がただならぬ存在感を際立たせている。ホールドしやすく、リング部の操作などもしやすいが、一眼レフカメラ向けとしては世界最大の非球面レンズを含む11群16枚構成のレンズ群がオートフォーカスでスムーズに動くさまには畏敬の念すら感じさせる。

担当審査委員| ムラタ・チアキ   林 信行   みやけ かずしげ   宮崎 光弘  

ページトップへ