GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
タブレット [Surface 3]
事業主体名
日本マイクロソフト株式会社
分類
情報家電/公共用情報機器
受賞企業
日本マイクロソフト株式会社 (東京都)
受賞番号
15G040313
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

2015年6月19日に発売を開始したSurface 3 は世界に先駆けて登場したLTE対応モデルです。家庭ではWi-Fi、外出先ではLTEにつないで、いつでもどこでもインターネットにアクセスできます。タブレット本体の薄さは8.7mm、重量は約641gですので、どこへでも持ち運べ、高い生産性を発揮します。フル機能のOffice Premium 搭載で、ノートPCとしても使える進化系タブレットです。Surface 3 をより快適にお使いいただけるよう、背面には3段階に調整できるキックスタンドを採用し、デスクワーク、ソファでの使用、また手で持ちながらの操作など、使いやすい角度でご利用いただけます。

詳細情報

http://www.microsoft.com/surface/ja-jp

発売
2015年6月19日
価格

78,800 ~ 88,800円 (税抜参考価格)

販売地域

日本国内向け

仕様

[寸法]約187 x 267 x 8.7 mm [重量] 約641g [ディスプレイ] 10.8インチ (アスペクト比3:2)ClearType フルHD + ディスプレイ 解像度:1920 x 1280 ピクセル マルチタッチ対応

受賞対象の詳細

背景

Surface 3 は目的に応じてさまざまな使い方ができます。 ノートを取ったり、画面に直接書き込みをしたり、レポートを作成したりすることの多い学生のニーズや、家計の管理、子供の学習や遊びのサポートなどをより安全に行いたいファミリーのニーズ、モバイル プロフェッショナルが携帯するのに最適なデバイスとして、あらゆるユーザーのニーズを実現するデバイスとして企画・開発されました。

デザインコンセプト

タブレットの最高傑作そして拡張性あるタブレットでノートPCと変わらない生産性を発揮。

企画・開発の意義

”いつでもどこでも、つながる使える”のコンセプトをユーザーに提案。Surface 3 は高速な インテル プロセッサーと着脱式キーボードやOffice Premium 搭載なのでノート PC として使うこともできるタブレットの最高傑作です。4G LTEとWi-Fiに対応したSurface 史上最軽量デザインにより、どこへでも持ち運ぶことができ、ユーザーに高い応答性と生産性を提供することができます。

創意工夫

「より薄く、より軽く」を実現するために筐体にマグネシウム合金を採用し、特殊CNCマシンで本体を形成。専用設計の極薄バッテリー、マザーボードや冷却ファン、ヒートシンクなどのレイアウト、冷却機能で性能を犠牲にする事無く薄さを実現。ペンについては、視差を極限まで減らしてタッチした部分に正確にペン描写できるようにアルゴリズムを再設計。

デザイナーの想い

「Performance(性能)」「Schedule(発売時期)」「Cost effectiveness(製造コスト)」「Manufacturability(技術的に製造可能なサプライヤ)」の4点を重視

どこで購入できるか、
どこで見られるか

日本マイクロソフト Surface

審査委員の評価

持ち運びやすいタブレットとして、またラップトップPCのように使えるため、様々なニーズのユーザーに対応する。薄型の筐体であるが背面にスタンドがスマートに収まっているタブレット、タブレットカバーを兼ねた脱着式のキーボードやフラットになるマウス、非常に描きやすく設計されたペン等、すべてがあらゆるシーンで使いやすいように作り込まれている。PCとタブレットの中間的な存在であるが、どっち付かずではなく、どちらの良いところも取り込んでいる製品である。

担当審査委員| ムラタ・チアキ   林 信行   みやけ かずしげ   宮崎 光弘  

ページトップへ