GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
ボール、ザル [無印良品 ステンレス ボール、 ステンレス メッシュザル]
事業主体名
株式会社良品計画
分類
キッチン用品
受賞企業
株式会社良品計画 (東京都)
受賞番号
15G030226
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

素材に18-8ステンレスを用いた、3つのサイズのボールとザルの、計6つのシリーズです。ボールとザルの各サイズ同士を重ねて使えるよう設計しています。より多くの方に選んでいただき、永くお使いいただけるよう、形状、素材、仕上げ、製造方法などを丁寧に決定しました。

プロデューサー

株式会社良品計画 生活雑貨部 加藤麻子

ディレクター

株式会社良品計画 生活雑貨部 企画デザイン室 矢野直子

デザイナー

Sosuke Nakabo Design Office 中坊壮介

詳細情報

http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4547315124817?rec=09

発売
2013年3月
価格

800 ~ 2,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

仕様

(ステンレス ボール)S:約直径16×高さ6.5cm M:約直径19×高さ8cm L:約直径22×高さ9.5cm (ステンレス メッシュザル)S:約直径16.5×高さ6.5cm M:約直径19.5×高さ7.5cm L:約直径22.5×高さ9cm

受賞対象の詳細

背景

定番となっていた旧型の商品の使い勝手について、改良の余地があり、さらに良い製品を作りたいと考えました。良い部分はそのままに、旧型の愛用者にも、新しい使い手にも受け入れられる改良を目指しました。

デザインコンセプト

実用性、生産性、美観、流通の効率など、道具に求められる様々な要素を、高次元に成立させる事。

企画・開発の意義

応募対象に限らず、無印用品の商品全般を通して貫かれている提案は、妥協ではない「これでいい」と言う、理性的な満足感の提供。

創意工夫

一般家庭での使用のみならず、業務用にも耐えうる堅牢性と機能性、使いやすさを低価格で実現しました。前モデルで好評を得ていた深型の機能やイメージを継承しつつ、スタッキング可能な形状を探りました。スタッキングの機能は流通のコストを抑え、店頭での陳列数も大幅に増やすことができました。またセットで使用されるザルは前モデルのパンチングメタル製からより排水性の高いメッシュ製へと変更し、洗いやすさや手入れのしやすさ、ボウルとの高い勘合性を持たせました。

デザイナーの想い

高い実用性を求められるこういった製品は、ユーザーにとっての扱いやすさに注目が集まりがちですが、道具としての佇まい、生産性や流通の効率など、デザインで考慮されるべき点は数多くあります。ものづくりに妥協をせず、「業務用の調理器具」や「家庭用の台所用品」を超えた、あるべき姿の実現に注力しました。絶妙な深さや角度、見やすい容量表示、保持のしやすさ、安定性、仕上げ等、随所にこだわり、丁寧にデザインしました。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

無印良品 有楽町店
無印良品 ネットストア

審査委員の評価

成熟商品であるステンレスボールを、実用性、生産性、流通、審美性を熟慮し、高い次元でまとめあげた高度なデザインである。新奇なアイデアで店頭の見栄えを競うデザインが多いなかにあって、正面からデザインに向き合う姿勢に評価が集まった。レーザーで書かれたメモリが鍋のものと同じであったり、使用者への配慮も肌理が細かい。丁寧に作りこまれたデザインは美しく、静かで堂々としている。

担当審査委員| 鈴木 元   川島 蓉子   倉本 仁   佐藤 弘喜   Ulrich Schraudolph  

ページトップへ