GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
仏具 [ポタリン]
事業主体名
瀬尾製作所株式会社
分類
生活・日用品、雑貨
受賞企業
瀬尾製作所株式会社 (富山県)
受賞番号
15G020187
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

故人と向き合う供養の空間を、現代の生活スタイルの中でどのように作っていくのか、 というテーマの下、それを実現できる仏具を作ることに特にこだわりました。そのため、供養のしきたりに沿うような形を残しつつ、普段の生活の場所に違和感なく置けて空間に溶け込める仏具となるように、花たて、火たて、香炉、おりん、りん棒の基本のセットが全てまとまってコンパクトになることを目指しました。普段はシンプルな一輪挿しとして故人に花を手向けながらも、命日などで故人にとって特別な日には、花たてをおりんから降ろして、火たてと香炉を取り出し、ろうそくと線香に火を灯して手をあわせる空間を作ることができます。

デザイナー

フラップデザインスタジオ 岡田 心

フラップデザインスタジオ 岡田 心

詳細情報

http://www.sottoweb.jp/item/potterin.html

発売
2015年3月
価格

16,000円 (税抜)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

「そっと暮らしに寄り添う仏具」というコンセプトの下、現代の暮らしに合わせた仏具を目指しました。

背景

一般的な家庭に仏壇を置く仏間が無くなりつつあり年々、宗教離れが進んでいますが、その中でも亡くなった大切な存在を弔う場所を作りたいと多くの方々が考えています。仏壇を主体とした伝統的な形での供養は、現代の生活スタイルや住環境に合わなくなっており、家族が集う広いリビングスペースに置いても、静かな寝室のわずかなスペースに置いても、違和感なく故人を想う大切な場所を提供できる仏具の開発をしたいと考えました。

デザイナーの想い

一年の中で「仏壇に向かい手を合わせる」、そんな時間って何回あるのだろうか?という疑問から始まりました。日々の生活のなかで、故人を想う場というのが身近ではなくなりつつある現代に、もっと近くに、もっと自然に生活に溶け込むことを考えデザインしました。Potterinを置く方々が、故人に対して以前より少しだけ向き合う機会が増え、少しだけ距離が近くなったら嬉しく思います。

企画・開発の意義

コンセプトは「そっと暮らしに寄り添う仏具」と設定しています。住環境的に大きな仏壇、仏具を置くことができない方々へ、自分の大切な存在を弔う場所を身近に作ることができないかと考え本製品を企画しました。また、普段の生活を過ごす住空間に置いたときにも、雰囲気的に浮かずに周りのインテリアにそっと溶け込めるような仏具になることを目指しました。

創意工夫

仏具の基本的な構成である、火立て、花立て、香炉、おりん、りん棒がシンプルにすっきり全て収まるような形状とし、生活の場に違和感なく溶け込むように工夫しました。普段のときには故人の写真とともに、一輪指しとして花を添えて弔い、命日などの特別な日には火立て、香炉、りん棒を取り出し、線香とロウソクに火を灯し手をあわせることができます。 これまで、りん棒はストレートの棒状のものがほとんどでしたが、リング形状のりん棒にすることによって、香炉、火たてと共におりんの内部に収納できるような形を実現できました。手を合わせるときに必要な仏具がそろったオールインワン仏具として、違和感なくコンパクトにすっきりと普段の生活の場へ置くことができるようになりました。

仕様

寸法: φ68×82mm ※組み立て時 重量: 330g 材 質: 真鍮、ステンレス、磁器、木(メープル) カラー: 金色、銀色、ピンクゴールド

どこで購入できるか、
どこで見られるか

Curun TAKAOKA 富山県高岡市下関町6-1

審査委員の評価

供養のしきたりに沿うような形を残すこと、できるだけ普段の暮らしの場に違和感なく置けること、その2点を考えながら、ポタリンでは、仏具の基本的な組み合わせである三具足、「花たて」「火たて」「香炉」それに「おりん」と「りん棒」を加えたセット全てを、コンパクトな形状の中に納めている。「普段はシンプルな一輪挿しとして故人に花を手向ける」、「故人にとって特別な命日などの日には、花たてをおりんから降ろし、火たてと香炉を取り出し、ろうそくと線香に火を灯して手を合わせる空間をつくれる」という両方のシーンに対応できるところが、道具の機能的なシンプルさを求める現代のユーザーニーズにも合致するだろう。

担当審査委員| 佐々木 千穂   中坊 壮介   濱田 芳治   平林 奈緒美   山田 遊   Boonsanong Ratanasoontragul  

ページトップへ