GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
骨壷 [やさしい骨壷 ゆりかご]
事業主体名
株式会社インブルームス
分類
生活・日用品、雑貨
受賞企業
株式会社インブルームス (静岡県)
受賞番号
15G020185
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

お子供さんを亡くしたご両親のための分骨用骨壷です。子供を失った両親の悲しみは深くその想いは特別です。やさしい骨壷「ゆりかご」は、肌のようなしっとりとした手触り、丸く優しいシルエットと両手で包めるぴったりなサイズ、そして傾けると「ゆりかご」のように優しく揺れる設計となっています。ナチュラルで素朴な可愛らしさ、信楽透土の陶器と天然木の挽物によるオールハンドメイドのミニ骨壷です。

プロデューサー

株式会社インブルームス

ディレクター

株式会社インブルームス

デザイナー

株式会社インブルームス

詳細情報

http://www.inori-orchestra.com/yurikago/

発売
2015年4月
価格

22,000 ~ 25,000円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

やさしく揺れるゆりかごの中、愛おしい寝顔のまま。両手で包み込むように持てる素朴な骨壷。

背景

出生数が減少し少子化対策に取り組む時代。核家族化が進み、小さな家族構成の家庭が増えています。死産流産を含め乳幼児の死亡率は年々低下しているものの、小さな家族で幼子を失い、大きな絶望感に苦しむ事例が増えています。そんな経験をされた方からの「赤ちゃん用の可愛らしい骨壷を」という要望がきっかけでした。母親の愛情のように、深く優しい温かさを求めて「やさしい骨壷ゆりかご」は誕生しました。

デザイナーの想い

命は繋がれ私たちは存在します。しかしそれぞれいつの日か大地に還り、また新たな命が大地から誕生します。そんな命を育む母なる大地のぬくもり「木と土」、そして「人」の手から生まれるやさしい骨壷を。子守唄を口ずさみながら、ゆりかごをそっと揺らしあやす母親の優しさ。繋がれなかった命にたくさん愛情を注ぐことで、心を癒す事ができれば幸いです。

企画・開発の意義

子供を亡くした両親のための分骨用骨壷は、多くはありません。両手で包み抱き、傍らに置いて見守り、安らかに眠る我が子を抱いて共に眠ることができる。慣例にとらわれることなく、単に偲び想う対象なだけでない。手にするたびに、心の内側を癒し安らかにしてくれる、供養具として本質的な在り方と価値観を提案しています。

創意工夫

優しく愛おしい。ただただシンプルで素朴な美しさを目指し、限りなく自然な素材で、肌のような手触り感を、人の手仕事で実現するため素材選択から始まりました。通常、陶器の骨壷はごく一般的であり今回の選択種からは遠い存在でしたが、無釉薬で美しいオフホワイトの陶肌と心地よい手触り、素朴ながら上質な素材感を持つ、信楽透土との出会いにより陶器製を選択しました。また、小さなボディに強度性と安定性を高めるため、そして「ゆりかご」の優しい揺れを再現するため、肉厚でボトムにウエイトを置く設計をしました。しかし、陶土を肉厚にすれば当然土は乾きにくく、焼き上げればそのフォルムのブレは個体によって大きくなります。また少しでも陶土に水分が残っていれば、そこから割れが生じる可能性が高くなります。このような様々な障壁を超え、試行錯誤を繰り返し、熟練陶芸師の轆轤引きの技術と手仕事により、ゆりかごは完成しました。

仕様

・素材:本体-陶器/蓋-ナラ・ウォールナット ・サイズ(約)直径80×高さ75×深さ30mm ・開口部(約)約55mm ・容量(約)65cc

どこで購入できるか、
どこで見られるか

いのりオーケストラ ショールーム
いのりオーケストラ 公式サイト
いのりオーケストラ WEBショップ

審査委員の評価

信楽焼の職人によって、ろくろで1つ1つ丁寧につくり上げられた白い陶製の壷と、ナラ材、ウォールナット材など天然木の挽きものの蓋とがつくる温かな感じ、そして器自体がゆらゆら揺れる、見ていてゆりかごの中に入っているような揺れそうなイメージをつくることにより、従来の骨壺にはないやさしい印象をつくり出している。幼少期に亡くしてしまった子どもの思い出を遺すものとして、それを身近な空間内、手元に置いておくものとして、こうした手の中にぴったり収まるサイズのやさしさのある小さな骨壺は、ユーザーに求められていたものだろう。本体を無塗装、コーディングしていない仕様に仕上げていることも、経年の変化を形として伝えるためにも効果をなすことだろう。

担当審査委員| 佐々木 千穂   中坊 壮介   濱田 芳治   平林 奈緒美   山田 遊   Boonsanong Ratanasoontragul  

ページトップへ