GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
位牌 [やさしい位牌]
事業主体名
株式会社インブルームス
分類
生活・日用品、雑貨
受賞企業
マグ デザインラボ (静岡県)
株式会社インブルームス (静岡県)
受賞番号
15G020184
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

祈りの優しい想い・人の温もりと結びつきを、やさしい佇まいで表現した位牌です。 手で包み込むイメージを連想する球体の台座が特徴です。 これからの供養がより暮らしに近づいていく中で、仏壇の形状やデザインを選ばず、これからもずっと故人と繋がっていけるように、人と暮らしにやさしい位牌を目指しました。

プロデューサー

菊池直人

ディレクター

笹木ひろき

デザイナー

花澤啓太

デザイナー 花澤啓太

詳細情報

http://www.yasashii-ihai.com

発売
2014年8月1日
価格

30,240 ~ 41,040円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

手にとって、そっと包んで。人と暮らしにやさしい位牌。

背景

近年では、位牌を飾る仏壇自体のデザイン・サイズも住環境に合わせて変化してきています。位牌についても同様であり、簡素化されはじめた供養は、より人や暮らしに近づいています。時代・暮らしと共に変化してゆく供養の礼式を捉え、位牌の置き場所の変化に対応する物理的な面と、手を合わせる人の気持ちや故人との結びつきを考慮したソフト面、その両面から課題の解決を模索しました。

デザイナーの想い

多くの人にとって位牌は故人を象徴する大切な存在になると思います。見る度に少しでも心が和らぎ心情を重ねられるような、祈る人の気持ちと重なるような意匠を模索しました。また位牌の品位として、尊敬の念を無くさないように心がけたいと考えました。台座上部の切り立ったエッジより上には尊厳と緊張感が保たれるように配慮をしています。ときにやさしく、ときに厳しい。さまざまな心情と会話が出来るような形を探しました。

企画・開発の意義

従来の役目に加え、祈る人が「もっと自然に想いを重ねられるような」位牌ならではの付加価値を模索し企画開発を行いました。供養の本質は「想いやる気持ち」であるとも言えます。言葉では表現しにくい感情の部分を、優しく包み込んでくれるような空気感として位牌のカタチに投影しました。手を合わせて向かい合う度に、前向きな供養の想いと“人”の温もりを感じる、いつまでも結びつきを感じる、優しい表情を追求しました。

創意工夫

『やさしい形』 360度どこまでも続く滑らかな光と影のグラデーションは、この形状ならではの特徴的な表現となっています。有機的な曲線で表した柔らかさと、終りなく続く唯一の図形である「円」の概念の一端を借り、祈りの想いに重ねています。一方で従来の位牌がもつ伝統的な要素を細部に表現しています。蓮座やニの板を踏襲した上部のエッジ部分や、位牌の足部分(框)の表現として底面の形状を工夫しています。 『どこから見ても美しく』 仏壇の横や背面から位牌を見た際にも、ごく自然に見えることを考慮しました。現代の住環境に合わせて仏壇自体がより小型化し、位牌との距離感が縮まっています。加えて開放的な家具調仏壇や、囲いをなくしたステージ型仏壇の普及により、正面以外から位牌を目にする機会も増えています。裏と表を無くすことで、どこから見ても自然な気品とシルエットを保てる回転体を採用しました。

仕様

バリエーション:3寸/3.5寸 サイズ(3寸):高さ130×直径50mm サイズ(3.5寸):高さ155×直径60mm 素材:ブナ・サクラ・カリン・ウォールナット

どこで購入できるか、
どこで見られるか

いのりオーケストラギャラリー 静岡県静岡市駿河区南八幡町5-3
やさしい位牌 オフィシャルサイト
いのりオーケストラ オフィシャルサイト
いのりオーケストラ オンラインショップ

審査委員の評価

天然木の表情を活かしてつくることで、一般的な漆塗りの位牌にある重苦しいイメージを取り去っている。サイズも適度に小ぶりであり、この位牌の置き場所の自由度を拡げている。このサイズの木の工芸品としては、価格設定は高い印象を受けたが、戒名の代金が含まれていることを合わせ考えると妥当と納得できる。やさしい位牌のような暮らしの中に取り込める形で、故人との距離を身近に感じていたい、古くからのしきたりにこだわることなく、こうした新しいタイプの位牌を求める人には、亡くなった方の戒名をどうするかについて、手配方法を含めて情報のないユーザーも多いだろうから、その点に対してもやさしいシステムが標準化されていると言えるだろう。

担当審査委員| 佐々木 千穂   中坊 壮介   濱田 芳治   平林 奈緒美   山田 遊   Boonsanong Ratanasoontragul  

ページトップへ