GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
生物顕微鏡 [X-LABO(クロス・ラボ) 生物顕微鏡 B03]
事業主体名
ミナト光学工業株式会社
分類
教材・教育用品
受賞企業
ミナト光学工業株式会社 (長野県)
受賞番号
15G010084
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

X-LABO B03 は「使いやすさ」と「美しさ」を兼ね備えたコンパクトな顕微鏡です。 対物・接眼レンズには合計14枚のレンズを使用、照明・絞りとのマッチングで、コンパクトながらクリヤな観察を実現します。 各部を構成する金属部品は精密に削り出され、特にメインボディはアルミ削り出しならではの質感とカラーアルマイト処理による鮮やかで美しい色合いに仕上げています。 標準ケースは収納を兼ねながら内部の顕微鏡を鑑賞できる構造になっており、書斎やリビングのインテリアとしても愉しむことができます。 親から子へ、時を経ても所有する喜びを感じることができる All Made in Japan の顕微鏡です。

プロデューサー

ミナト光学工業株式会社 今村文彦

デザイナー

デコデザインスタヂオ 岡谷哲男+ミナト光学工業株式会社 清水純一

詳細情報

http://www.minato-optical.co.jp/skill.html

発売
2015年5月
価格

180,000 ~ 200,000円 (税抜)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

■思わず覗いて見たくなるような外観■身近に置いて所有する喜びを感じられる質感■コンパクトで使い易い

背景

技術力をPRし新たな受注に繋げるため、2012年より機械要素技術展への出展を始めました。出展に当り毎年、「50年以上に亘る教育用の顕微鏡製造で培った技術」と「精密加工技術」の2つの得意技術を組み合わせた「オリジナルの顕微鏡」を考案・試作をして展示会に臨んできました。2014年6月、展示会来場者から販売の要望が多く寄せられた3番目のモデル(B03)をベースにした商品の企画・開発を開始しました。

デザイナーの想い

「世の中にないデザインを生み出そう」ということから始まりました。 身近なものから観察してみてください。どこか懐かしい、小さな宇宙を覗く楽しさに、きっと出会えるはずです。

企画・開発の意義

この商品が、子ども・大人・男女を問わず「科学や身近な小さな世界への興味を持つきっかけ」になってほしい。 また、顕微鏡として使うだけではなくインテリアとしても愉しんでいただき、顕微鏡をもっと身近な存在にしたい。 そんな顕微鏡のある生活を愉しんでいただければと思い商品化しました。

創意工夫

■カラーアルマイト処理による鮮やかで美しい色合いと斬新なデザインが、普段はあまり身近に感じられない顕微鏡をちょっと覗いてみたい気持ちにさせます。 ■金属の塊から精密に削り出された「美しい部品」で構成された顕微鏡本体。そして、黒色艶消しの専用収納ケース。 顕微鏡本体・収納ケース共に、眺めて愉しむインテリアとして、所有する歓びを満たすような高級感溢れる質感に拘りました。 ■コンパクトな光学系と使い易さ: ①コンパクトながら、観察し易い「広視野の接眼レンズ」と色にじみが少ない「クリヤな対物レンズ(アクロマートレンズ)」を採用 ②観察場所を選ばない調光機構付の「LED照明装置」 ③コントラストと解像度を容易に変えて楽しめる「円板回転絞り」 ④(Plusタイプのみ)直観的な操作により、プレパラートの移動ストレスを減らす「水平可動ステージ」

仕様

総合倍率:50x、100x、300x 接眼レンズ:WF10x(FN18) 対物レンズ:5x、10x、S30x 鏡筒形式:単眼45°傾斜鏡筒 焦準装置:ステージ上下動式粗動 ステージ:固定式、水平方向可動式±3mm(Plusのみ) 絞り:円板回転絞り 集光器:簡易集光器 照明装置:白色LED調光式照明(乾電池式) 寸法:W102×D153×H273(mm) 質量:2.2Kg 付属品:標準ケース

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ミナト光学工業㈱ECサイト Amazon 諏訪湖SA下り 東急ハンズ新宿店・長野店 井上百貨店
ミナト光学工業株式会社

審査委員の評価

よい意味で顕微鏡然としていない、細かなディティールまで丁寧に考えられた所有欲を刺激する顕微鏡である。家庭に顕微鏡の居場所をつくる試みとして評価した。ケースの仕様などさらなる魅力の追求に期待したい。

担当審査委員| 松田 朋春   遠山 正道   廣田 尚子   安西 葉子   柳原 照弘   Hrridaysh Deshpande  

ページトップへ