GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ツリーハウスの街による森林の保全 [Tree House for Next Millennium ツリーハウスの街]
事業主体名
株式会社拓匠開発
分類
都市づくり、地域づくり、コミュニティづくり
受賞企業
株式会社拓匠開発 (千葉県)
千年の森自然学校 (長野県)
受賞番号
14G141200
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

有数の森林大国である日本では、荒廃した森が問題を抱えている。そんな中、森の手入れの仕組みとしてツリーハウスをつくる「千年の森」が長野県にある。戸建住宅販売に事業している「拓匠開発」は、この森に強く共感し、ツリーハウスが継続して作られ、森の仲間が増えていくよう、企業としてサポートすることを決意。送客と集客を促し、森が管理され続ける状況を作るようモデルケース「Tree House For Next Millennium-ツリーハウスの街-」を考案した。森に関わるひとりひとりが森の次の1000年を作っていくことを意識し、人と森が共存する持続可能な形を目指した森の保全のための取り組みである。

プロデューサー

株式会社拓匠開発+千年の森自然学校

ディレクター

株式会社拓匠開発+千年の森自然学校+株式会社シロアナ

デザイナー

株式会社拓匠開発+千年の森自然学校

利用開始
2014年5月
設置場所

長野県大町市平2115

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

森の手入れのためのツリーハウスを増やし、街をつくることによる、森を人が管理できるようになる仕組み

背景

有数の森林大国である日本だが、資金や人手不足から手入れが行き届かず、問題を抱える森が多くあるといわれている。長野県大町市にツリーハウスをつくることで森の手入れをしている「千年の森」という運営団体がある。そんな「千年の森」に魅せられた戸建開発会社「拓匠開発」。「木」と「家」に関わるこの2者が共に歩み、人と共存する森を継続的に成長させていくべく、ツリーハウスの街の企画をスタートした。

デザイナーの想い

「ツリーハウスの街」には、「千年の森」・「拓匠開発」・拓匠開発の顧客「モリニアル住宅購入者」・千年の森を訪れる「新規顧客」という登場人物がいる。その4者に全員にメリットがあり、森によい循環が生まれる仕組みをつくりたかった。「千年の森」は森の運営の順調化、「拓匠開発」は木と住に関わる企業としての使命達成、「モリニアル住宅購入者」と「新規顧客」は人生を更に豊かにする森での経験と時間を、得ることになる。

企画・開発の意義

「ツリーハウスの街」が継続して成長し続けることは、森に関わる人が増え続けることである。また、森の手入れが行き届く範囲が広がっていくことである。 企業が新規顧客の集客をサポートをすることで、森の運営が持続可能な形に保たれ成長していくこの姿を、荒廃して放置されつつある日本の森の運営者に対して、効果的なモデルケースとして提案したい。

創意工夫

第一に、社員自らが森について学び、「千年の森」に今後の活動の基地となるツリーハウスを完成させた点。第二に、「拓匠開発」の「森にある街=モリニアル」住宅購入者に対し、自然な流れで森との関わりを増やしていくため、細かな段階を重ねていく点。まず、「拓匠開発」のつくる街の近くの森を選定し、「千年の森」で森を学んだ社員の指導の元、日常の中に「ツリーハウスの森」を作るところからスタート。購入者が森について興味を持つきっかけをつくる。その後に「千年の森」で森を体験し、続いて自身でのツリーハウスの制作に取り組んでもらう。丁寧にステップを重ねることで、強い想いや感動体験を含み、より自発的に森への関わっていけるよう促す工夫を取り入れた。最終的には「千年の森のモデル住民」となった「モリニアル住宅購入者」がツリーハウスを作るその姿が、森へ「新規顧客」を獲得していくこととなり、森に関わる人間が増えていくことになる。

仕様

千年の森 森の暮らしの郷 :約300ha、30のツリーハウス、7つの沢、20の滝、標高差700m

どこで購入できるか、
どこで見られるか

長野県大町市 北アルプス森のくらしの郷
千年の森自然学校 in 北アルプス森のくらしの郷
拓匠開発ツリーハウスプロジェクト

審査委員の評価

森林を維持管理する仕組み、そこに一般市民を参加させる取り組みとして、単なる販売促進ツールではなく、購入者を送客することで既にあるツリーハウス利用のプロジェクトと連携した点が評価されました。

担当審査委員| 南雲 勝志   石川 初   林 千晶   横川 正紀  

ページトップへ