GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
空き店舗を活用したまちの縁側づくり [まちなか再生:花園ベース・HANACOYA]
事業主体名
花園商店街振興組合
分類
都市づくり、地域づくり、コミュニティづくり
受賞企業
渋谷達郎+アーキテクチュアランドスケープ一級建築士事務所 (山形県)
受賞番号
14G141193
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

豊橋市花園商店街にある築30年以上の空き店舗(鉄骨2階建延床面積約80㎡)の改修プロジェクト。高齢化が進み縮退する中心市街地において地域の方々や豊橋技術科学大学建築サークルの学生と協働し、誰でも気軽に立ち寄れる「まちの縁側」のような場所へセルフビルドによるリノベーションを行った。開設後は商店街の新たな拠点として様々な地域活動に活用されている。

プロデューサー

花園商店街振興組合、商店街マネージャー、Team Hanahana、渋谷達郎

ディレクター

渋谷達郎

デザイナー

渋谷達郎+豊橋技術科学大学建築サークル

詳細情報

https://www.facebook.com/HANACOYA1484

利用開始
2013年7月27日
仕様

豊橋市花園商店街にある築30年以上の空き店舗(鉄骨2階建延床面積約80㎡)の改修プロジェクト。高齢化が進み縮退する中心市街地において地域の方々や豊橋技術科学大学建築サークルの学生と協働し、誰でも気軽に立ち寄れる「まちの縁側」のような場所へセルフビルドによるリノベーションを行った。開設後は商店街の新たな拠点として様々な地域活動に活用されている。

受賞対象の詳細

背景

中心商店街活性化を声高に主張するのではなく、これまで活用されていなかった商店街にある築30 年以上の空き店舗をリ・デザインし、ゆるやかな人と人との関係性の構築を目的としたパイロットプロジェクトとしてスタートしました。まず、地域の人々との対話からはじめ、人々が気軽に訪れることができるような「場」を創出することで、さまざまな地域活動を誘発する仕掛けづくりに取組んでいます。

デザインコンセプト

まちの縁側のような誰でも気軽に来てくつろげる場。プロセスを公開し、すこしずつ地域との距離を縮めること

企画・開発の意義

豊橋市の中心部に位置する花園商店街は、周辺に寺院が多いことから寺町として市民に親しまれている歴史あるエリアです。店主もお客さんも高齢化していることから、できるだけ自然素材を活用しました。

創意工夫

「HANACOYA」は、寺子屋のイメージと誰でも気軽に来てくつろげる雰囲気を併せ持つ空間です。かつて美容院だった築30年以上の空き店舗を、大学生や地域の人々が約4か月かけてセルフビルドしました。開設後は商店街の休憩や情報発信の拠点としての機能はもとより、店舗改修期間中にも学生が集まって作業をしていると様子を見に来る人などで人通りが多くなる効果があった。

デザイナーの想い

地方の商店街では一過性のイベントだけでは売上を伸ばすのは難しいと思いました。そこでプロセスを公開し、常に大学生などその場に人がいる状況を作り出すことを試みました。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

愛知県豊橋市花園商店街
花園ベース・HANACOYA Facebookページ

審査委員の評価

単なる空き店舗活用に留まらず、地域の活動につながる仕組みやデザインがある点、内容が充実している点が評価されました。

担当審査委員| 南雲 勝志   石川 初   林 千晶   横川 正紀  

ページトップへ