GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
食の楽しさを伝える取り組み [手前みそのうた]
事業主体名
五味醤油 + 小倉 ヒラク
分類
公共向けの活動・取り組み、社会貢献活動
受賞企業
五味醤油 (山梨県)
小倉 ヒラク (東京都)
受賞番号
14G141173
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

歌って踊って味噌づくり! 一度聞いたら耳から離れないメロディとキュートな踊り、可愛いキャラクターたちといっしょに「手前味噌」をつくれるプログラム。レシピと、弾き語り楽譜、ダンスの振り付けレクチャーDVDがついた絵本を教科書に、だれでも「歌って踊る手前みそワークショップ」を楽しめます。各地に伝わる「手前味噌」の文化が持つ、日本独自の「発酵醸造文化」の奥深さと、自分で調味料が手づくりできる喜びを味わってください。

プロデューサー

五味仁&小倉ヒラク

ディレクター

小倉ヒラク

デザイナー

小倉ヒラク/森ゆに/flep funce!/浅川裕介/橋本亮子 合同会社++(たすたす)

詳細情報

http://www.temaemiso.jp/

YouTubeでの動画公開開始
2011年11月27日
仕様

・Youtube配信のアニメーション動画 ・保育園・小学校等で行われる味噌づくりワークショッププログラム ・味噌づくりレシピ・弾き語り用楽譜・ダンスのレクチャーDVD付絵本

受賞対象の詳細

背景

「買い味噌は恥」。かつてそう言われたほど、家庭での「手前味噌づくり」の文化は日本各地に浸透していました。しかし、近年味噌は「つくるもの」から「買うもの」となり、味や品質の均一化も進んでいます。そこで、商品としての味噌ではなく「手前味噌」という文化の価値を再発見し、日本各地の郷土食の文化の多様性を伝えたるためプロジェクトを立ちあげました。

デザインコンセプト

子どもが喜ぶこと。五感を使って感覚的に体験できること。世代を超えて伝わること。

企画・開発の意義

お味噌という「当たり前の食べ物」を自分で作ってみることによって、日本が独自に発展させてきた「発酵醸造文化」の奥深さや、九州、関西、東北などで大きく異る郷土食の多様性を「身体と舌で知る体験」をデザインしようと思いました。また、これから食習慣を育てていく子どもたちに楽しくその体験をできるように、歌や踊り、アニメ等「直感でわかる」表現を選びました。

創意工夫

身体に直接訴えかけるような仕掛けを工夫しました。一度聞けばすぐに覚えられるようなメロディと歌詞、そして子どもたちが思わず踊りだしてしまう振り付け、さらに、音楽のビートにあわせてコマが動くリズミカルな映像など、「意味が分かる前に楽しくなってしまう」ことにこだわりました。実際のワークショップにおいても、ダンスを踊ることが味噌づくりの手順の説明になり、その後スムーズに味噌づくりに入れるように、「デザインを使ってハードルを低くする」工夫を随所にこらしています。

デザイナーの想い

デザイン表現を使うことで、理屈で理解が難しいものを、身体のレイヤーで受け取る体験をつくりたいと思いました。また、クライアントありきのプロジェクトではなく、デザイナー自身がメーカーと共に主体となって、社会全体の未来に役立つことを提案したいという願いがありました。郷土文化を受け継いでいる全ての人に喜ばれ、地域の子どもたちが元気で朗らかに育つことを期待しています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

YouTube/全国の書店
【アニメ】てまえみそのうた
【特設サイト】絵本&DVD てまえみそのうた

審査委員の評価

食文化の啓蒙を、レシピを歌と踊りに載せることで様々な媒体に取り入れやすい情報に作った点、その音楽やキャラクターのデザインのかわいさや質の高さも評価されました。

担当審査委員| 南雲 勝志   石川 初   林 千晶   横川 正紀  

ページトップへ