GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
公共空間の創造的利用の促進 [東京ピクニッククラブ]
事業主体名
東京ピクニッククラブ
分類
公共向けの活動・取り組み、社会貢献活動
受賞企業
東京ピクニッククラブ (東京都)
受賞番号
14G141171
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

2002年にピクニック生誕200年を記念して結成.メンバーは建築家,都市計画家,グラフィックデザイナー,写真家,フードコーディネーター,ランドスケープアーキテクト,イラストレーター,編集者など.ピクニックの原形を歴史に探りつつ,多彩なクリエーターのコラボレーションによって,自由で洗練された現代のピクニックの姿を提案する.都市居住者の基本的権利として「Picnic Right=ピクニック権」を主張し,社交の場としての都市の緑地や共有スペースの利用可能性を追求する.

プロデューサー

太田浩史

ディレクター

伊藤香織

デザイナー

則武弥

詳細情報

http://www.picnicclub.org

随時
2014年10月
仕様

現代都市におけるピクニックの再定義・およびそれを普及させるプログラムの開発

受賞対象の詳細

背景

ピクニックを現代的な「都市の社交」として再定義するために、その道具、環境、内容についての徹底的な再定義が必要だと考えた。

デザインコンセプト

Think Your Own Picnic。誰もが自分自身のピクニックをしたくなるよう心がけました

企画・開発の意義

ピクニッククラブの活動は長いが,特に2008年より,イギリス・ニューカッスルゲーツヘッドを皮切りに「ピクノポリス」を毎年開催.柏,福岡,台北など国内外の多くの都市で,姉妹ピクニッククラブを誕生させている.

創意工夫

公園のデザインからフードレシピの提案まで、可能な限り広いデザインアウトプットを作るように心がけました.

デザイナーの想い

活動が10年を超え,ピクニックがとても一般的になったと感じます

審査委員の評価

ピクニックは軽くて心地いい響きを持っている。都市居住者の多くは自宅に広い庭は期待できない。だからこそ当然の権利として公園などの公共スペースを気持ちよく使いたい。そんなメンバーがピクニックをしながら、社交の場として魅力的な自然の場所を探し、訪ね、交流し、文化を語り時間を共有する活動である。都市に於いてこのような自由に使えるパブリック空間はどれほどあるだろうか?彼らが探し訪れる場所探しの中に実は都市の公共空間の本質があるような気がする。

担当審査委員| 南雲 勝志   石川 初   林 千晶   横川 正紀  

ページトップへ