GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
社会貢献活動 [フマキッズこども研究所]
事業主体名
フマキラー株式会社
分類
公共向けの活動・取り組み、社会貢献活動
受賞企業
フマキラー株式会社 (東京都)
受賞番号
14G141161
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「フマキッズこども研究所」 は、小学生の自然や地球環境、生命に対する探求心の向上と精神的な成長をサポートするウェブサイトを拠点とした活動。フマキラーでは、「命・暮らし・環境を守り、安心・快適な社会づくりに貢献する」 という企業使命のもと、所有する情報・知識資産を次世代へ継承することによる社会貢献活動の一環として当活動を位置づけ、様々なコンテンツを提供。「虫とのふれあい」「植物を育て、愛する」 をテーマの柱とし、ウェブサイトやイベントを通じ、夏休みの宿題として挙げられることの多い自由研究の進行をサポート。生物とのふれあいを通じて生命の大切さ、自然の尊さを実感していただくことを目標としています。

プロデューサー

フマキラー株式会社 開発本部長 杉山隆史  株式会社ハル・アド プロデューサー 森作栄

ディレクター

株式会社ハル・アド プロデューサー三浦和博 クリエイティブデイレクター船木博史 コピーライター小原美和

デザイナー

株式会社ハルアド オールスタッフ

詳細情報

http://www.fumakilla.co.jp/kids/homeroom/index.html

利用開始
2003年7月
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

虫や植物に興味を持つ小学生を対象にし、専門的な内容も理解し易い伝え方を心がけている。

背景

フマキラーでは、虫を避ける、殺す企業イメージではあるが、研究員は虫研究が大好きな「虫はかせ」の集まりでもある。この知見、知識を子供たちに直接継承することで、なぜ、虫を退治するのか?虫と人間との関係など、生物多様性まで含め、伝えていきたい。

デザイナーの想い

例えば、虫をイラスト化した場合、足の数/体の位置など、デフォルメして誤った知識を伝えないよう、本物に近づけている。

企画・開発の意義

なぜ、虫を殺すのか、なぜ植物を守る農薬がいるのか? 人間として、命、環境を大切にする為に行う、数々の一見矛盾した活動の“なぜ”を伝えたい。

創意工夫

まず、興味を持ち、楽しめ学習できるコンテンツ作り(イベント性、ゲーム性などを設ける)。ウェブだけでなく、数々のアウトドアフィールドでの活動を行っている。

仕様

ホームページによる情報交換、各種イベントの開催など

どこで購入できるか、
どこで見られるか

フマキラーホームページはじめ、各種イベント会場などで。
フマキッズこども研究所

審査委員の評価

殺虫剤を製造販売するメーカーの社内研究員たちが、こどもたちへ知見・知識を継承する取り組み。虫を殺すことは人類を守ることでもあり、そういった命の大切さの矛盾を隠すことなくこどもたちと共有している点に好感が持てる。また10年以上の活動で、参加者も十数万人にのぼるといい、地道に継続されている点も評価された。

担当審査委員| 南雲 勝志   石川 初   林 千晶   横川 正紀  

ページトップへ