GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
教育プログラム [いしのまきカフェ「 」]
事業主体名
NPO法人スマイルスタイル
分類
公共向けの活動・取り組み、社会貢献活動
受賞企業
NPO法人スマイルスタイル (大阪府)
受賞番号
14G141149
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

宮城県石巻市における、高校生を対象としたキャリア教育プログラム。高校生主体によるカフェづくりを通して、地域の魅力発掘・発信や、リアルな社会体験を提供します。2012年6月、様々な学校から高校生が集まり、真っ白な空間以外はメニューも何もない状態からスタートしました。商品開発・空間デザイン・情報発信の3チームでワークショップを繰り返し、専門家やまちの人々とコラボしながら活動を進め、同年11月オープン。その後も就業体験を積むと同時に、高校生にとって、学校やバイトでは体験できない新しい学びの場として、そして石巻を元気にする場所として、カフェづくりは続きます。

プロデューサー

NPO法人スマイルスタイル 塩山諒

ディレクター

NPO法人スマイルスタイル 島田彩+NPO法人Co.to.hana 西川亮

デザイナー

田川香絵、箭野美里、和津田靖野、樫本祐輝、田中悠介、芝田陽介、伊藤智寿、堀田裕介、岩本恭典、神澤祐輔、尾形拓哉

詳細情報

http://doorwaytosmiles.jp

プロジェクト開始日
2012年6月
販売地域

日本国内向け

設置場所

宮城県石巻市

仕様

宮城県石巻市にて実施する、高校生主体によるゼロからのカフェづくりを通した「キャリア教育プログラム」。対象は、これからの復興や地域活性を担う高校生世代。カフェづくりを通した調査・研究・企画・実践などの中で、地域の魅力発掘・発信の機会や、社会体験を創出。カフェは現在オープンしており、店舗の営業にも高校生が携わる。また、売上は高校生の活動資金として活用。地元民による持続可能な運営を目指している。

受賞対象の詳細

背景

宮城県石巻市の高校生は、東日本大震災以前より市外へ進学・就職する者が多く、復興を担う若者たちがまちを離れていく現状がありました。また、高校生が社会体験を通して学ぶ機会が少なく、地元就職率やまちづくりに貢献する若者を増やすには、これからを担う高校生世代が地域とのつながりを持ち、生きがい・働きがいを考え、これから対面する様々な課題を自分ごととして捉え、取り組む力を育むことが重要だと考えました。

デザインコンセプト

「 」(かぎかっこ)には、ゼロの状態からスタートし、どんな言葉でも入りうる可能性を込めました。

企画・開発の意義

私たちが高校生に対して用意するのは、彼らが思い描くキャンパスの枠である「 」と、少し背中を押すことだけ。ワークショップでは全てを教えるのではなく、彼ら自身がゼロから主体的に学ぶ機会をつくります。高校生たちは、商品開発、空間づくり、広報などの実体験を、地域の人々や仲間と創造性豊かに取り組み、「 」の中に、様々なモノ・コトを生み出し、将来まちを担う人材として社会へ巣立っていきます。

創意工夫

スタート時、高校生がカフェづくりに取り組む場所を真っ白な壁のみにし、あえて何もない「ゼロ」の状態にしました。その後、商品開発・空間デザイン・情報発信の3チームに分かれ、地元企業や生産者、専門家とコラボレーションしながら活動。モノゴトの理由と軸を常に意識し、例えば商品開発であれば、実際に生産者の元へ足を運び、ヒアリングや体感したものを元に具現化するプロセスを踏みました。このようなワークショップは高校生主体で進め、そのために必要なファシリテーションを大人や地域が支えるというスタンスです。カフェのオープン後も、まちを元気にする場所として、地産地消や人とのつながりを大切にしながら、現在もカフェづくりを続けています。また、店名は当時「 」の中に入れられるよう空けていましたが、「ゼロからつくる」を守りたい、原点を忘れずどんな言葉でも入る可能性を大切にしたい、という高校生の考えにより「 」のままに。

デザイナーの想い

「世界一 高校生が輝くまち、石巻へ。」これから先、どんな災いが起きても決して揺るぎない復興のカタチ、それは“次世代に向けた教育”だと考えます。また、継続の仕組みを地元へと残していくことこそ重要です。本プロジェクトを通して、ここ東北石巻が「被災地」として以上に「高校生世代の教育に関する先進地」として注目され、若い世代の力をますます全国に発信できるよう、高校生とともにこれからも挑戦し続けていきます。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

宮城県石巻市穀町14-1
高校生がつくる いしのまきカフェ「 」
かぎかっこPROJECT
NPO法人スマイルスタイル

審査委員の評価

宮城県石巻市の高校生が主体となってつくるカフェ。東日本大震災以降、市外へ流出しがちな若い人材を、地域の担い手に育てるための教育プログラムとして、高校生が誇りをもって活躍できる場をつくっている。「 」(かぎかっこ)という名前も、若さの無限の可能性と発展性が感じられる。

担当審査委員| 南雲 勝志   石川 初   林 千晶   横川 正紀  

ページトップへ