GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
クラウド型エネルギーマネジメントシステム [ワークセンス リソースログ / メディアテーク]
事業主体名
株式会社イトーキ
分類
公共用のサービス・システム
受賞企業
株式会社イトーキ (東京都)
受賞番号
14G131127
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

Worksense Resourcelogはマルチデバイス対応のクラウド型エネルギー見える化システム。複数拠点でも一括でエネルギー管理ができ、いつでも、どこからでも各地点の今の状況を確認できる。電力使用量の目標値を超えるとアラートメールが送信され、ピークカットにも役立つ。エネルギーの使用量を請求書等から手入力する場合は無料で利用でき、手軽にエネルギー管理ができる。収集データの分析項目は省エネ法の報告書にも対応している。また、収集したデータは「Worksense Mediatheque」でサイネージとして、電気予報・ニュースなどと共にグラフィカルに見せる化することもできる。

プロデューサー

株式会社イトーキ 平野 啓一郎

ディレクター

株式会社イトーキ 山城 琢郎

デザイナー

株式会社イトーキ 山城 琢郎 / 小澤 真奈美

詳細情報

http://worksen.se/resourcelog/

利用開始
2013年1月10日
価格

1,800 ~ 5,800円/月 (Worksense MediathequeのオプションサービスであるRSSは1再生あたり0.1円の従量料金となります。)

販売地域

日本国内向け

設置場所

東京都中央区京橋3-7-1  相互館110タワー 2F

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

Worksenseではじめる「あたりまえ」のエネルギー管理

背景

エネルギー問題は企業活動に大きな影響を与え続けており、企業はより効率よくエネルギーを活用することが課題になっている。エネルギーの見える化は省エネの第一歩といわれているが、使い勝手はプロ仕様で、高コストなものが多数という現状だった。Worksense Resourcelogは無料から始められて、誰にでも分かりやすいシステムにして、エネルギー管理がしやすいように開発した。

デザイナーの想い

エネルギー問題や環境問題といった喫緊の課題に対して、エネルギーを使用する全ての人が省エネを効果的に実践することが重要。省エネを継続的に実践するためには「手軽に、合理的に」行うことがポイントとなる。Worksense Resourcelogはコストやデザインの面で工夫を凝らしたことで手軽さや合理性を実現しており、より多くの人に受け入れられ、省エネの輪が広がることを期待している。

企画・開発の意義

省エネ化はエネルギーや資源の枯渇といった問題に対して重要なテーマとなっている。まずエネルギーの使用状況を分かりやすく「見える化」し、トレンドを把握することでピークカットを図っていくこともできる。エネルギーデータはサイネージでグラフィカルに表示し、省エネ意識の啓蒙も図ることができる。エネルギーの見える化により、合理的で快適な省エネを提案し、エネルギー問題にも寄与したいと考えている。

創意工夫

Worksense Resourcelogのデザインコンセプトにある「あたりまえ」を実現するために、今までエネルギー管理に携わっていなかった人にでも分かりやすい様にグラフや入力画面などに工夫した。直感的にエネルギーのムラ・ムダがわかるインターフェースでエネルギー使用量を把握することができる。エネルギー使用量を示すトレンドグラフは空調・照明・OAなど用途別に色表示され、「何に、どれだけ使ったのか」知ることができるようになっている。また、Worksense Resourcelogで蓄積したデータはコンテンツ供給サービスと連動しており、webサイトを表示できるポータルやサイネージに表示することができる。このようなサイネージシステムと連動させることで、エネルギー見える化システムで得られた結果を示すためにポスターなどを作製する必要がなく、逐一最新の結果を共有できるようになっている。

仕様

Worksenseは企業活動を効率化、合理化するための管理ツールサービスで、コミュニケーションとエネルギーの見える化を提供している。エネルギー見える化サービス「Worksense Resourcelog」は、クラウド型で複数拠点のエネルギー使用状況をマルチデバイスで一元管理できる。コンテンツ提供サービス「Worksense Mediatheque」によってグラフィカルに表示することもできる。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

http://worksen.se/(Worksense専用サイトからシステムサービス申込可能)
「はたらく」の見える化ソリューション【Worksense】

審査委員の評価

節電情報をサイネージ化することで、オフィスの利用者が自ら節電に対して積極的に関与するようになる。ピーク時間ではない時間にオフィスの電力消費がピークであることが明らかになったなど、視覚化する具体的な効果が現れている。

担当審査委員| 暦本 純一   江渡 浩一郎   中川 淳   日高 一樹   松下 計  

ページトップへ