GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
Yahoo!官公庁オークション [Yahoo!官公庁オークション]
事業主体名
ヤフー株式会社
分類
公共用のサービス・システム
受賞企業
ヤフー株式会社 (東京都)
受賞番号
14G131123
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

官公庁オークションとは、行政機関が出品者となり行政手続きの一部をインターネット上で実施するためのオークションです。「インターネット公売」と「公有財産売却」の2つのサービスがあります。インターネット公売は、各行政機関が税金などの滞納者から差し押さえた財産を、国税徴収法などにのっとって売却する手続きの一部です。インターネット公売で落札された物件の買受代金は、滞納者の未納税金などの支払いにあてられます。公有財産売却は、各行政機関が所有している財産を地方自治法などにのっとって売却する手続きの一部です。公有財産売却で落札された物件の売払代金は、実施行政機関の歳入になります。

プロデューサー

ヤフー株式会社 山田 瞳、川畑 徳行、内藤 剛、野中 伸悟、三代 謙仁

ディレクター

ヤフー株式会社 川村 由起子

デザイナー

ヤフー株式会社 川村 由起子、橋本 龍一、柏 理恵、田中 久美、多田 直美

詳細情報

http://koubai.auctions.yahoo.co.jp/

利用開始
2004年7月15日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

誰もがどこでも使えるインターネットを用いた公売・公有財産売却システムの創造。

背景

東京都の徴収部門で税金の滞納整理に携わっていた堀博晴氏が、差し押さえ財産が思うように売れなかったとき「ヤフオク」の言葉にひらめき、ネットオークションでの公売を考案。「ヤフーに電話しろ」の一言から東京都とヤフーによる共同開発がはじまる。2004年7月にインターネット公売開始。その後、和歌山県の提案で保有する財産の売却にもこの仕組みを活用できるよう開発を重ね、2007年1月に公有財産売却を開始した。

デザイナーの想い

官公庁オークションでは、さまざまな財産が売却されています。税金滞納者がサイトを見て「こんな財産まで公売されるのか」と驚き、納期限内に納税する人が増えたという話もあります。滞納者の減少と物件落札を通じた税収入の増加は、親や子、私たちが住む日本の未来を豊かにします。今後も時代に沿ったテクノロジーを用いることで、身近な人たちが幸せになる官公庁オークションの仕組みを創り、デザインしていきたいと思います。

企画・開発の意義

インターネット公売の登場により、思うように売れなかった差し押さえ財産がより高い落札率と落札額で売れるようになりました。税の公平性確保とともに滞納の抑止効果にもなり、税収入増加に大きく寄与しています。また、売れにくかった公有財産の売却により企業誘致や施設・車・物の再利用にもつながっています。地域活性化や自治体の財源確保に貢献できるサービスとして、全国の自治体の課題解決に取り組んでいます。

創意工夫

サイトの配置や操作性を認知の高いヤフオク!に近づけることで、ユーザーが使い慣れた操作感を保つ、ユーザーエクスペリエンスの高いデザインを目指しました。はじめて利用する方が訪れる「はじめてのかたへ」ページでは、官公庁オークション独自の仕組みをピクトグラムを用いて可視化することで、わかりやすさと安心感のある官公庁オークションブランディングを設計しました。

仕様

[対応OS] Windows NT Workstation 4.0 Windows 2000 Professional (SP1以上) Windows XP Home Edition、XP Professional [対応ブラウザー] Internet Explorer 5.0以上

どこで購入できるか、
どこで見られるか

http://koubai.auctions.yahoo.co.jp/
Yahoo!官公庁オークション

審査委員の評価

税金などの滞納者から差し押さえた財産を欲しいと思う人に売却し未納税金の支払いにあてるなど、同時に新規マーケットを生成している点、物の価値を埋没させずに有効に活用している目のつけどころが良い点が評価できる。またユーザー数も多い事も評価できる。

担当審査委員| 暦本 純一   江渡 浩一郎   中川 淳   日高 一樹   松下 計  

ページトップへ