GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
Visual Design [Asia Museum of Modern Art Opening Ceremony gift Visual Design]
事業主体名
Asia Museum of Modern Art
分類
個人・家庭向けの広告、宣伝
受賞企業
Asia Museum Of Modern Art (Taiwan)
受賞番号
14G121032
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

Asia Museum of Modern Art is design by famous architect Tadao Ando. With Asia Museum of Modern Art for main identity subject, we develop monograph for new open, crystal souvenir, and Pop-Up card.

プロデューサー

Asia Museum of Modern Art

ディレクター

Lin Pang-Soong, Wu Hsiao-Ling ,Cheng Su-an

デザイナー

Lin Wei-Ju, Chang Ya-Ting, Lin I-Li

利用開始
2013年10月24日

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

The pop-up card is main for designing. We create simple structure. Not only add the motto from Tadao Ando but also add the QR code for functional.

背景

We hope the consumers get not only for decorative but also for memorable and functional card.It's a unique souvenir for Asia Museum of Modern Art.

デザイナーの想い

Let the pop-up card to become the special and economical souvenir of Asia Museum of Modern Art.

企画・開発の意義

We hope use unique souvenir to let society to know more about Asia Museum of Modern Art.

創意工夫

We simulate window grille, texture of architecture concrete ,and create simple structure. We not only add the motto from Tadao Ando and floor plan to promote feel of visual entirety, but also add the QR code for functional. By QR code, consumers can get information of exhibitions in Asia Museum of Modern Art, etc.

仕様

220 x 220 x 220 (mm)/Pop-Up Card. 200 x 250 (mm), 256 pages /Monograph for new open

審査委員の評価

このビジュアルイメージデザインは、台湾の亜洲大学にある亜洲現代美術館のためにデザインされたグラフィックデザイン作品である。亜洲現代美術館は世界的に有名な日本の建築家安藤忠雄氏の作品だ。亜洲現代美術館の建築主体は、打ち放しコンクリートとカーテンウォールから構成される。安藤忠雄氏のデザインにより、正三角形が設計の基本的要素とされ、正三角形の平面が3層のフロアに分割され、位置をずらしながら、不規則な無数の三角形が積み重ねられている。このビジュアルイメージデザインの最大の特色は、三角形のガイドの説明にある。三角形を基調として用い、ガイド情報をQRコードに格納して、ユーザーが使用できるようになっている。

担当審査委員| 田子 學   鈴木 元   Manfred Wang   Ming-Lung Yu   Tony K. M. Chang  

ページトップへ