GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
森林管理サービス提案営業アプリケーション [提案営業支援アプリケーション SPIRIT OF FORESTER]
事業主体名
株式会社インフォファーム
分類
産業用のメディア・ソフトウェア・コンテンツ
受賞企業
株式会社インフォファーム (岐阜県)
受賞番号
14G121002
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

林業では間伐等の作業を行う際、森林施業プランナー(営業担当)が紙の提案書(作業提案+見積書)を作成し、森林所有者(顧客)に説明をする手法が普及してきている。「森林」は、山奥・急斜面等に位置し、顧客が自身の目で確認しにくい上、日常生活から離れた対象物である。また間伐等の森林管理サービスは、作業の選択肢が無限であると同時に、作業前と作業後の状況を示すことが難しいという特徴がある。この課題にITを活用し、これまでになかった形での解決を図った。ビジュアルな画像を提供するだけでなく、画面タッチにより伐採する木の本数を変更と金額の試算することで無限の提案を顧客とともに商談しながらわかりやすく構築できる。

プロデューサー

小松野達也

ディレクター

岐阜県森林組合連合会 廣田智行

デザイナー

株式会社インフォファーム 公共ソリューション事業部 第一営業部 森下勝典、株式会社インフォファーム 新事業開発室 林 貴康

詳細情報

http://www.infofarm.co.jp/package/spirit_of_forester.html

発売
2013年6月
価格

5,000円 (PCからデータ入力可能なクラウドシステムオプションを含まない、アプリケーション単体のみの価格。クラウドシステムはオプションとして価格設定している。)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

一般市民には難解な森林管理をわかりやすく説明、顧客と相談しながらサービス内容を決めるITツール

背景

林業の提案営業で説明されている内容、見積もり内容はおおざっぱであり、不正確さを含む場合が多い。森林管理サービスは複雑で、森林施業プランナー(営業担当)は意図的に不正確にしているわけではないが、どうすれば、正確且つ信用を得られる営業ができるのかが分かっていないし、業界としてもこの課題解決に対する回答を持たない。そのよう中で本製品は、IT業界の視点から新しいツールにより解決策を提案した。

デザイナーの想い

日本における森林資源の保全・再生産の重要性を認識し、その保全にかかわる林業業界の旧態依然としたビジネス慣習を改革するために、IT業界の視点から開発した本製品により解決策を提案していきたい。ITツールを活用することで、複雑で難しいとされている森林管理サービス提案を標準化することで、森林分野への新しい人材の流入を促したい。また、高齢化する森林所有者に対してわかりやすい森林管理提案をしたい。

企画・開発の意義

一般市民にはなじみが薄い林業ビジネスの流れ、営業したい森林管理サービス内容をわかりやすく説明する具体的な努力の方向性を旧態依然とした林業業界に提案する。  本製品の背景にある、ほかの業界では常識の「一般市民の視点を重視した営業」の考え方を林業業界に普及することにより、林業業界団体・人の知識の向上を図り、林業の採算性の改善、日本の森林資源の保全・再生産を図る。

創意工夫

①一般市民にはなじみが薄い森林管理業務を写真等の動きをつけて表現してみせる ②森林管理業務の流れを紙芝居方式に順を追って説明できるようにレイアウトすることにより、説明の流れを標準化することで誰でも理論立てて提案書を作成できる ③これは同時に、営業担当者が提案・見積書を作成する際の作業の標準化 ④複雑な森林資源の取り扱いをタブレットPCを活用することで、グラフを直接触る等、直感的に操作することで森づくりをシミュレーション、グラフを触ると数値が変化するようにデザイン ⑤サービスの選択肢を写真付きで表示することにより、森林管理作業の描写を簡単に行う ⑥見積もり・提案の前提条件をわかりやすく示す

仕様

APPストアからダウンロード可能なiPad専用アプリケーション。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

株式会社インフォファームのホームページで閲覧 APPストアから購入
株式会社インフォファーム:スピリット・オブ・フォレスター紹介ページ
マイナビニュース:北はりま森林組合が提案資料の作成にiPadを活用(動画付)
Youtube:日本林業、次のステージへ!(動画)

審査委員の評価

森林資源の有効活用が叫ばれて久しいが、その森林の取得に際しては、これまで定量的な分析や説明が為されることはほとんどなかった。その理由には森林資源のタイムスパンが数十年単位と長いこともあるが、こうした旧態依然の世界に、時間軸のビジュアライゼーションで果敢に改革を挑むのが、このアプリである。森林以上のタイムスパンでの持続的な発展を期待したい。

担当審査委員| 永井 一史   鹿野 護   久保田 晃弘   遠山 正道   中谷 日出  

ページトップへ