GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
アプリケーション [Lifelogアプリケーション]
事業主体名
ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社
分類
個人・家庭用のメディア・ソフトウェア・コンテンツ
受賞企業
ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社 (東京都)
受賞番号
14G120978
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

スマートフォン向けアプリケーション『Lifelog』は、歩数、ジョギング、音楽、写真、通話等の様々な日常を記録し、可視化する。またLife bookmarkと呼ばれる「人生のある時点に目印をつける」ことができる。覚えておきたい場所や瞬間、視聴中の音楽や映画をブックマークとして記録できる。腕輪デバイスSmartBand SWR10とあわせて使用することで、スマートフォンを携帯していない場合の行動記録や睡眠時間と深度の取得、UIレスでLife bookmarkの登録が可能。ユーザーの行動パターンの発見や、未来のコミュニケーションや行動のきっかけになる情報を提供する。

プロデューサー

ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社

ディレクター

UXヒューマンインタフェース部

デザイナー

UXヒューマンインタフェース部

詳細情報

http://www.sonymobile.com/gb/apps-services/lifelog/

リリース
2014年5月
価格

0円 (無料です)

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

人生は冒険である。まるでゲームのように横スクロールでリアルタイムに進んでいく人生を表現した。

背景

人生のすべてを記録するライフログという概念は古くからあり、モバイルデバイスでユーザーの行動を分析するエンジンも数年前には開発されていたが、常にバックグラウンドで動作し続けるためなかなか実現せず、昨今ようやくスマートフォンの高性能化、省電力化によりバックグラウンドでもユーザーの行動を分析・記録することが可能になった。記録からさらに一歩進め、ログ自体をエンターテインメントコンテンツにしたいと考えた。

デザイナーの想い

ジョギングや歩数計、移動履歴などの特定の機能に特化したアプリケーションは幾つも存在したが、スマートフォンで取得可能なユーザーのあらゆる行動履歴を記録し、可視化するのは始めての試みである。ただ可視化して過去を閲覧するのではなく、過去の行動から未来の行動を作っていくきっかけを提供したかった。なので過去と未来を左右スクロールに均等に扱っている。

企画・開発の意義

従来の行動記録アプリは特定のスポーツや用途、または移動に特化したものだった。またグラフや数値がメインであり直感的とは言えなかった。特徴的なのは「ジャーニービュー」と呼ばれる横スクロールのビューで、ユーザーの過去の行動やスマートフォンの使用履歴が全て見られることに加え、また少し先の未来も見える(現在は天気予報のみ対応)ことで、過去を振り返り、未来を創っていくという構造になっている。

創意工夫

スマートフォンが取得したユーザーのライフログを可視化するにあたって、ユーザーの頭と体の行動履歴を如何に万人にとって魅力的にビジュアライズするかに最も注力した。個性を排し、想像力の余地を残したシルエットとアイコンを用いて表現したジャーニービューと呼ばれる特徴的な横スクロールのビジュアルは、時間という1次元的な流れに沿っている。まさに人生は旅である。時間の変化を感じられる空のグラデーションは現在地の緯度や季節によって変化する。空に浮かぶバルーンはユーザーのアプリケーション履歴を表し、使用時間によって大きさが変化する。天気によって雨も降れば、自宅や学校、オフィスを登録することもできる。まだまだ発展途上ではあるが、この横スクロールビューにより過去を閲覧することと、未来を想像することをユーザーに喚起する。

仕様

全世界向けAndroid 4.4以上対応スマートフォン向けアプリケーション。Wi-Fiまたはモバイルネットワークでのクラウドアクセス。GPS、Bluetooth、加速度センサーを利用。無料のSony Network EntertainmentサービスまたはGoogle Accountへの登録が必要。SmartBand SWR10を利用するにはSmartConnectのインストールが必要。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

Android 4.4以上の端末にGoogle Play Storeから無料でダウンロード可能
Sony Lifelog

審査委員の評価

あっという間に身近な存在となったライフログ。外部デバイスの有無には好き嫌いがあるかと思うが、このアプリはどちらのユーザーにも対応しており自由度が高い。毎日使用するものだけに、そのインターフェースが重要なことはいうまでもないが、このアプリは他のものより頭ひとつ抜き出ている。今後は継続的なアップデートによって、ユーザーのモチベーションを切らせない工夫が必要不可欠となる。

担当審査委員| 永井 一史   鹿野 護   久保田 晃弘   遠山 正道   中谷 日出  

ページトップへ