GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
公園墓地 [冨士霊園]
事業主体名
公益財団法人 冨士霊園
分類
公共用の空間・建築・施設
受賞企業
公益財団法人 冨士霊園 (静岡県)
受賞番号
14G110956
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

富士山の麓に計画された冨士霊園は,1962年頃からマスタープランを作成し,1964年から2014年まで約50年に及ぶ期間,詳細設計及び施工が行われ完成した.設計は,緩やかな上り勾配の地形を生かし,南北に軸線を配置し富士山と箱根連山の眺望を確保して,霊園全体を包んでいるような安心感を創出し,木々で覆われた空間は公園そのものである.中央道路,区画道路からは,墓石を見せないという一貫した手法が用いられ,エントランスのマツは,威風堂々とした緊張感を感じさせてくれる. 春のさくらは,「さくら名所100選の地」に選出された他,ツツジなど園内の花は,地域の人々や首都圏の人々に親しまれている.

プロデューサー

公益財団法人 冨士霊園 会長 髙木 茂 、理事長 櫻井 透

ディレクター

公益財団法人 冨士霊園  常務理事・事務局長 中津川 義博

デザイナー

公益財団法人 冨士霊園 常務理事・事務局長 中津川 義博、理事・所長 田代 髙雄、技師長 平野 雅己、管理課長 芹澤 清

詳細情報

https://www.fujireien.or.jp/

開園
1965年7月
価格

2,000,000 ~ 2,300,000円 (総事業費:算定不能(50年に亘るため総事業費の算定は不可能)販売価格:200万円〜230万円(規格墓所1区画当たり墓石付使用料))

販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

静岡県駿東郡小山町大御神888-2

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

現地の地形を活かし、自然に調和し、訪れるたびに季節の花々が楽しめる公園のような墓地を目指す.

背景

1923年欧米の墓地をモデルとした日本初の公園墓地として多磨霊園が開園するが,戦後の急速な東京市の市街地化と人口増加が顕著となり,更なる墓地の必要性が生じた.自動車の普及,高速道路の開通と共に,郊外型の冨士霊園が計画された.本園は,故金井格先生と三星観光㈱が造園設計手法を用いてマスタープランを構築し,50年以上の詳細設計を行い完成した.霊峰冨士の麓の新しい公園墓地として公共性の高い空間を創出した.

デザイナーの想い

時代のニーズに応える新しい墓苑をつくるべく,公園墓地が計画された。自然景勝地であることを意識して,当時は稀有な存在であったランドスケープアーキテクトにマスタープランを依頼した.その設計理念は,基本設計,詳細設計,維持管理という形で52年間にわたり継承され,具現化され続けてきた.優れた知見と関係者の熱意により育まれた風景は,多くの人々に愛され,墓参に限らず遠方からの来訪者を集めている.

企画・開発の意義

限られた敷地に密集して墓所が並ぶ従来の墓地のイメージを刷新し,自然に囲まれ,明るく開放的で,一般の人も自由に出入りして,草花を楽しむことができる公園のような墓地を実現した.また,富士山麓の南面に計画することで,霊峰冨士の麓に永眠するというブランドイメージを高めた.首都圏から遠隔地であることから,墓参だけではなく,周辺の名所旧跡を巡る観光の需要を発生させ,地域経済の活性化にも寄与している.

創意工夫

①山に向かって伸びる直線的な空間軸に対して,開放性の高いエントランスとマツおよび ソメイヨシノの並木が,それを強調して存在感を表現している.②園路の結節点にあたるランダバウトには花壇や刈込による修景が施され,中腹からの見下ろしに対する点景となるように工夫されている.③全体が穏やかな上り斜面であることを活かして,造成法面をおさえる地場材の石積や丁寧な植栽により,墓所が目立たせない工夫がなされている.④植栽計画はサクラ類を基調として,春の花木が多く選定されている.案内所に近いやすらぎの森には,梅,シャクナゲ,多品種のツツジなどが配植され,来訪者を楽しませている.⑤従来の墓地では,墓石の形状が異なるため乱雑な印象となりやすい.園内の区画毎に,墓石の形状,墓誌,花線香立の規格を統一した.⑥造成工事は,地形に合わせた造成とし,園内からの搬出土砂がないように,スケールに合わせて造成地盤を決定している.

仕様

•総 面 積:213万㎡(64万坪)•許可面積(墓埋法):142万㎡(43万坪),墳墓:38万㎡(12万坪)•総区画数:74500区画•分譲区画:64000区画•主要施設:富士見会館,礼拝堂,慰霊堂,双々亭,中央公園(ひょうたん池・四阿・ハス池),やすらぎの森•植栽 サクラ(ソメイヨシノ他:3500本)「さくら名所100選の地」,ツツジ,梅,シャクナゲ,モミジ,ハス,スイレン,マツ並木

どこで購入できるか、
どこで見られるか

静岡県駿東郡小山町大御神888-2 公益財団法人 冨士霊園 管理事務所
公益財団法人 冨士霊園 公式ホームページ

審査委員の評価

1964年から50年間、設計と施工が行われ完成した。中央道路や区画道路からは墓石を見せない手法で、地形を活かした季節の花々が楽しめる公園のような墓地を目指した結果、墓参に限らず遠方からの来訪が多い。時間をかけた完成度の高いランドスケープデザインとして評価された。

担当審査委員| 安田 幸一   高橋 晶子   廣村 正彰   山梨 知彦  

ページトップへ